人気ブログランキング |
ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

カテゴリ:☆おでかけ( 186 )

YOKOYAさんのブローチ展

豊科のダイニングカフェYOKOYAさんで開催されている『胸ときめく秋のブローチ展』におじゃましました。
YOKOYAさんのブローチ展_c0289116_20214677.jpg
今日は、ビスケットセット納品の仕事はお休み。

ブローチ大好きな私、もちろん、行かずにはいられません。

陶器、ガラス、布、編み物、ワイヤーワークスなどなど。

これだけの様々な素材や技のブローチが勢ぞろいすることは、なかなかありません。

じみじみギャラリーでもおなじみ、まめちどりさんのガラス工芸の作品も、力作ばかり。
YOKOYAさんのブローチ展_c0289116_20210601.jpg
眺めているだけで、時間がどんどん過ぎていきます。

お気に入りの一品を決めるまで、鏡の前を行ったり来たり。

心踊る、とても楽しいひとときでした。

ブローチ展は、22日(火・祝)までです。


kuniko


by terukuni88w195 | 2020-09-14 21:10 | ☆おでかけ | Comments(0)

楽しい収穫祭

「ユスラウメと桑の実が急に熟してきたので、よかったら採りに来てください」

先日、ハーブや山菜摘みでお世話になったお客様から、今朝、お誘いのメールが。

喜び勇んで、夫婦でおじゃましました。

どちらも、生っているところを見るのは初めてです。

こちらは、ユスラウメ。
楽しい収穫祭_c0289116_20261601.jpg
背丈は大人くらいてすが、横幅は2メートルはありました。

そしてこちらが、桑の実。
楽しい収穫祭_c0289116_20280596.jpg
脚立に乗っても、てっぺんまでは届きません。

生でも大丈夫、とのこと、つまんでみたら、どちらもちょっぴり野性味のある甘酸っぱさがたまりません。

ちいさな苗から立派な樹木に生長し、たわわに実るまでに育てあげられたのは、こちらのお宅ならでは。

とても珍しいことのようです。

この宝石たちをどのように美味しく変身させるか、ドキドキとわくわくでいっぱいです。


さて、明日から日曜日まで、今週も自宅店舗営業いたします。

10時ごろから夕方5時ごろまで、いつものように、ゆるーくお待ちしています。


kuniko


by terukuni88w195 | 2020-06-24 21:01 | ☆おでかけ | Comments(0)

一万歩、じゃなく

日頃、運動不足を自覚していますが、なかなか実行できません。

こんなときだからこそ、車で外出せずに、ウォーキングしよう。

ナップザックを背負って、いざ、出発。

心意気はしっかり持って歩き始めたけれど、道端の草花や、水が入った田んぼ、遠くの北アルプスが気になって、「ウォーキング」とは程遠い、のろのろ歩き。

約45分かけて、ようやく、目標のちひろ公園に到着。
一万歩、じゃなく_c0289116_15340032.jpg
少し風が冷たかったけれど、桜吹雪の中、持っていったパンをかじっていると、昔の遠足を思い出して、ちょっと楽しくなりました。

帰りも同じくらい時間がかかりましたが、無事に帰宅。

携帯の歩数計を見ると、あと少しで一万歩だった、、、残念。

でも、いい気分転換になりました。


kuniko


by terukuni88w195 | 2020-04-27 18:01 | ☆おでかけ | Comments(0)

微妙?

年に何回か、季節の移ろいを感じたくて足を延ばす、穂高の満願寺。

湧き水やつつじの名所として知られています。

今日は初めて、満願寺の下の駐車場で車を降り、急斜面を流れる川にかかる橋に近づいてみました。
微妙?_c0289116_18304355.jpg
橋の名前を見ると、『微妙橋』。

え?びみょう?

満願寺は、お寺全体が極楽浄土をイメージして造られているらしく、「三途の川」にかかる橋の名前にしては、何ともビミョー。

下界は桜やレンギョウが満開で、明るかったのですが、この橋の周囲は空気がひんやりとして、しかも人の気配は全くなし。

早々に山を下り、下界に戻ってきました。

次回はやっぱり、つつじが満開のときに訪れたいな。


kuniko


by terukuni88w195 | 2020-04-06 19:12 | ☆おでかけ | Comments(0)

春色の『ふくろ展』

春色の『ふくろ展』_c0289116_17425802.jpg
ひつじ屋さんで開催されている、『十色や』 菊地みゆきさんの『ふくろ展』(写真は作品の一部です)。

最終日の今日、何とか滑り込みでおじゃましました。

今年も壁いっぱいに、色とりどりのふくろ、かばん、ショルダーバッグたちが出迎えてくれました。

『十色や』の名のごとく、色も形も素材もいろいろ。

第一印象で、まずは、自分の好みのふくろに目がいくのだけれど、普段は選ばないような色のふくろにも、つい手に取って愛でてしまうような魔力、いえ、魅力があるのが、みゆきさんの作品の「お主、やりますな」というところ。

このワクワクしたちいさな高揚感は、待ち遠しかった春の訪れを感じた時のときめきと似ています。

だからこそ、ほぼお嫁入り先が決まった最終日にも関わらず、毎春欠かさず足を運んでしまうのです。


kuniko


by terukuni88w195 | 2020-03-24 17:56 | ☆おでかけ | Comments(0)

気分を変えたくて

人混みには出たくないのだけど、せっかくの仕事休みだからと、初めての場所へドライブに出かけました。

長野市の方へ、軽自動車でもすれ違うのが難しいような山道をのぼっていくと、こんな絶景が。
気分を変えたくて_c0289116_18451384.jpg
大町や白馬から望む北アルプスとは違い、手を伸ばせば届くような目の高さに、爺ヶ岳や鹿島槍が鎮座しています。

帰りは、また違うルートでくねくね道を美麻の方へ。

途中、まだ雪が残っている場所もありましたが、福寿草の黄色がきらきらと光っている畦道も。

ちょっとした、よい気分転換になりました。


kuniko


by terukuni88w195 | 2020-03-03 18:53 | ☆おでかけ | Comments(0)

『まめちどり』×『すぐり』

『まめちどり』×『すぐり』_c0289116_21214881.jpg
松本市中町通りの路地の奥にあるギャラリーショップ『すぐり』さん。

現在開催中の『SPRING FESTA』におじゃましました。

じみじみギャラリーでもお世話になっているガラス工芸作家、まめちどりさんや、穂高のフリーランスのお花屋、hanaizumiさんなどなど。

何人かの作家さんの、春の花をテーマにした作品が展示販売されています。

出迎えてくれるのは、大輪の派手なお花ではなく、畦道にそっと咲く草花のような、そんなかれんで楚々した作品たち。

手にとると、静かだけど確実に近づいている春の足音を感じることができます。

3月3日まで、日によっては『優』さんのパンやワークショップも楽しめますので、日程を確認されてからお出かけくださいね。


kuniko


by terukuni88w195 | 2020-02-18 21:53 | ☆おでかけ | Comments(0)

白馬駅のオアシス?

白馬駅のオアシス?_c0289116_19280271.jpg

雪に覆われると、なかなかじみじみ号では行くのが不安な場所、白馬。

松川村と同じ北安曇郡ですが、片道約一時間北上すると、気温や降雪量がまるで違います。

今日も、晴れて日差しは暖かく、ドライブ日和でしたが、山側の日陰には先週末に降った雪が少し残っていました。

白馬駅前に車を止めて、周囲を歩いていたら、ロータリー奥に足湯を発見。

今まであまり意識していなかったのですが、ドアを開けた室内に足湯のコーナーが設けられていました。

利用はしませんでしたが、手を入れるとややぬるめのほっとする湯加減。

本も置いてあったので、読書しながら、ゆっくり長湯できそうですよ。


kuniko


by terukuni88w195 | 2019-12-03 19:37 | ☆おでかけ | Comments(0)

Hidamariさんからの帰り道

久しぶりに、大町市のレストランカフェ『Hidamari』さんへ。

ミニパフェに使っていただいている『玄米コーヒーのじみフレーク』をお届けしてから、ゆっくりお茶の時間を楽しみました。

帰り道、ちょっと遠回りして、大町の山沿いをドライブ。
Hidamariさんからの帰り道_c0289116_17553887.jpg
すでに紅葉は終盤を迎え、かなり散っていました。

南下して、松川村の山側は、まだ燃えるような錦色の木々で埋め尽くされていました。
Hidamariさんからの帰り道_c0289116_17545718.jpg

なお、Hidamariさんでは、今年もクリスマス向け、年末向けのオードブルの予約が始まっています。
Hidamariさんからの帰り道_c0289116_17551655.jpg
お一人様用のセットやアレルギー対応などのご希望にも対応してくださいます。

豪華でしかも、からだに優しく美味しいお料理の数々、是非、お早めにHidamariさんへご予約くださいね。


kuniko


by terukuni88w195 | 2019-11-18 18:50 | ☆おでかけ | Comments(0)

村民オペラ

松川村すずの音ホール10周年記念として、2日間、上演された村民オペラ『ヘンゼルとグレーテル』。

午後の営業をお休みにして、観賞してきました。

出演は、村の合唱団、バレエ教室、劇団など音楽関係の団体と、松川村に縁のあるプロの声楽家、演奏家たち。

松川村の、いえ、信州の音楽界の第一人者、中村雅夫先生の指揮のもと、ひとつの空間で、楽器演奏と声楽と演劇と合唱とバレエを同時に楽しめる、ぜいたくなひととき。

旦那がコーラスで出ていたこともありますが、最後に出演者全員が壇上で演じたクライマックスシーンでは、出演者とスタッフさんと観客をつなぐ「何か」が見えた気がして、不思議な一体感が。

まさに、松川村のすずの音ホール10周年の記念イベントにふさわしい、あたたかで楽しい舞台でした。

観られて良かったな。


さて、今週の営業は本日まで。

来週は、土曜日は『松川村としょかんカフェ』、日曜日は『暮らしを楽しむ~クラ・ラク~』(会場は穂高交流学習センターみらい)に出店いたします。

村民オペラ_c0289116_21412727.jpeg
kuniko


by terukuni88w195 | 2019-11-17 21:46 | ☆おでかけ | Comments(0)