ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

カテゴリ:*つかう( 41 )

新しい相棒

c0289116_1723031.jpg

約2年使っていたフードプロセッサーですが、最近容器のすき間から粉が飛び散るようになってきました。

いつもながら、家庭用のものを毎日毎日、何回も酷使してきたので、引退も早いようです。

今回はいよいよ業務用を買おうかなと考えましたが、まだ使いこなせる自信がありません。

実は二代同じ型のフードプロセッサーを買っていたのですが、もう少し容量が大きい方がいいなと思い、迷った末に、新人さんを採用しました。

オーブンと同じ、ワイン色。

ちょっとおしゃれな感じです。

先代の重いガラス容器に比べ、ステンレスなので軽くて生地がはがれやすいのが嬉しい。

これからよろしくお願いしますね、新人さん。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-03-25 17:24 | *つかう | Comments(0)

桃色、デビュー

c0289116_212189.jpg

じみじみクッキーの袋の上部に付けているタグ。

最近は、エコの観点からも普段使いの商品にはなるべく付けずに、主に企画展やプレゼント、委託用に付けています。

これまでは、黄色系と紫紺、焦げ茶色の3色でしたが、昨日から桃色系も登場しました。

桃色と言っても、じみじみらしい少しくすんだ、落ち着いた色です。

デビュー作は、ひつじ屋さんへ。

ちょうど、イチゴのビスケット(&松川村産黒豆きな粉)を入れたので、春らしさが増した感じです。

中身に合わせて、また変えていくかもしれません。

私自身が楽しんじゃってますが、もしお好きなかたがいらしたら、ご一緒にお楽しみくださいませ。


さあ、明日からの4日間は通常の店舗営業です。

少しずつ緑色が広がっているじみじみガーデンへ、遊びにいらしてくださいね。

kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-03-23 21:19 | *つかう | Comments(0)

ソルンテさんのプレート

c0289116_22214277.jpg

今日まで開かれていた、『家具屋solnteの木のある日々の暮らし展VOL3』。

じみじみも3日間、ソルンテさんの暮らしにちょこっと溶け込めることができて、光栄でした。

そして、実際にはご一緒に立つことはなかったけれど、「美味しいもの」のメンバーとしての新たな出会いもありました。

改めてひととひととのつながりの大切さと、手づくりの魅力を感じた、貴重な出店となりました。

ソルンテさん、会場の『R』さん、各出店者の皆さま、いらしてくださったお客様、ありがとうございました。


最後にじっくり選んだソルンテさんのティープレート。

ブラックウォルナットの木目が美しい一品です。

これからの日々の暮らしに彩りを添えてくれるのが楽しみです。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-03-22 22:29 | *つかう | Comments(0)

やちむん

c0289116_2252661.jpg

知人に沖縄のお土産をいただきました。

おそらく、そのお店オリジナルのマスキングテープ。

お店の名前は『ヤッチとムーン』、、沖縄の焼物『やちむん』をもじっている?のでしょうね。

ヤッチとムーンというキャラクターくんが存在しているようです。

かわいいです。

もったいなくて使えない。

実は私はマスキングテープが大好きで、文房具やさんや雑貨店で見かけると、必ず足が止まってしまいます。

旦那が「まずい」(←私が時間をかけて見るので、旦那が待たされる時間が長くなりそうなときの心の叫びらしい)と感じる対象物のひとつです。


ありがとうございます。

嬉しいお土産でした。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-03-12 22:56 | *つかう | Comments(2)

鉛筆の思い出

c0289116_2118143.jpg

小学生の頃の筆記用具といえば、やはり鉛筆。

当時、まだ電動の鉛筆削り機はなくて、左手で押さえて右手で回すタイプの削り機が主流でした。

でも、我が家では、削り機があるにも関わらず、妹弟と三人分、父がナイフで鉛筆を一本一本削っていました。

仕事から帰ってきて、毎晩のように削ってくれたのですが、なぜ我が家の鉛筆は同級生と違うのか、子ども心にはちょっぴり複雑な感覚がありました。

今回久しぶりに見つけた、名前入りの短い鉛筆。

今は母が絵の下書きに使っているようです。


今日、父に当時の理由を聞いてみました。

ひとつには、機械で削るとちょうど良い頃合いで止めるのが難しい、ということ。

もうひとつには、やはり自分の手で削ってあげたいな、という父としての想いがあったようです。

そうだったのか。

さらに、続きの話。

父に聞いたところによると、今、妹は三人息子の鉛筆を削ってあげているみたいです。


父の想いが娘から孫にも伝わりますように。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-03-05 21:34 | *つかう | Comments(0)

追熟かぼちゃのペースト

c0289116_18363027.jpg
c0289116_18363011.jpg
昨年、我が家にしては初めて豊作だった、じみじみガーデン産の変わりかぼちゃ。

最終的に20近く採れたのですが、秋に収穫(11月5日のブログ)してから玄関で追熟させていて、時折弱りそうなものから使っていました。

今日切ったものは、こんな感じ。

左は、ピーナッツ形の真ん中を輪切りにしたところ。

上半分には、種はありません。

下半分は熟れごろらしく、綿を手でかき出すと、手が鮮やかな蛍光オレンジ色に染まりました。

皮の部分は夕ごはんに使い、実の部分を蒸し煮にしたところ、ほくほくかぼちゃの甘さとは違う、さっぱりした甘味がじゃがいもみたいで、ちょっとおもしろいペーストになりました。

近々、何か生菓子に変身させたいと思います。


明日から4日間、いつものじみじみ営業です。

引き続き、店内をほんの少しずつ改装中です。

「間違い探し」くらいの、日々の目立たない変身過程をお楽しみいただければ嬉しいです。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-01-13 18:48 | *つかう | Comments(0)

黒豆きな粉のファンです

c0289116_2132518.jpg

じみじみおやつに欠かせない食材の代表格、黒豆きな粉。

地元松川村で収穫されたエコファーマー認定の黒豆「玉大黒」100%のきな粉です。

移住前から、このきな粉の香ばしさと滋味深さにすっかりファンになり、とにかくじみじみでも、登場回数が多い食材です。

今日は、黒豆生産加工組合さんに直接伺って購入してきました。

黒豆のラインナップは他にもあって、我が家のお気に入りは『しぼり納豆』や『黒豆茶』。

地元の特産品として、これからもひそかに応援していきたいと思います。


さてさて、今週の店舗営業は、明日木曜日から日曜日までと、3日火曜日となります。

ちょうど『安曇野スタイル』の期間と重なります(スタイルは30日から3日まで)。

今年はじみじみは参加していませんが、スタイルを楽しみに周遊される途中に、じみじみ店舗にもお立ち寄りくださいね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2015-10-28 21:46 | *つかう | Comments(0)

眼鏡でイメチェン?

c0289116_21502197.jpg

眼鏡がないと私の顔も判別できない、じみじみ旦那。

その大事な相棒のフレームに、先日ひびが入りました。

毎日いつ壊れるか、びくびくしていたようですが、今日、ようやく新しい眼鏡を手に入れました。

常時眼鏡をかけている人にとっては、眼鏡はまさに身体の一部。

本人は、、なかなか気に入ったようです。

実は、試着の段階で、派手な紫色のフレームの眼鏡に妙に肩入れしていました。

相当、自分自身のイメージチェンジをねらっていたようですが、いつもの旦那の路線?からあまり外れなかったので、ほっとしました。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2015-10-13 21:54 | *つかう | Comments(0)

オーブンも2代目です

c0289116_2224270.jpg

春頃から、初代のじみじみオーブンの調子が、急に悪くなってきました。

ボタンを押しても反応しなかったり、余熱の途中で止まったり。

移住して以来、ほぼ休みなく、働き詰めだった家庭用の小さな電気オーブン。

まだ2年強しか経っていませんが、先日2代目を投入したコピー機と同様、本来は一般家庭で時々使うという想定のもとで作られているので、業務用として働かせすぎてしまったようです。

突然動かなくなったらどうしよう、とかなり焦って、次のオーブンを探すべく、近辺の電気屋さんを何軒も廻りました。

ちょっとバージョンアップして、今どきの多機能オーブンにしようかと思ってましたが、悩んだ末に、結局これまでと同じ型の、シンプルなオーブンを購入。

今では、仲良く上下に並べて、まだなんとか動いている初代と使い分けています。

プロ用の大きなオーブンを使う日は果たして訪れるのか。


でも今のところは、色が赤くなっただけで、ちょっと嬉しいのです。

こき使ってしまうけれど、しばらくは2台ともよろしくね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2015-07-17 22:44 | *つかう | Comments(0)

ゆりこさんのブルーベリー

c0289116_20171249.jpg
c0289116_20171220.jpg
昨日のじみじみ開店前、長靴を履いて容器を持って、旦那と一緒に歩くこと数分。

出かけたのは、ゆりこさんのブルーベリー畑です。

昨秋に、旦那がたくさんの柿を採らせていただいたお宅に、今度はブルーベリー摘みに寄らせていただきました。

ゆりこさんが大切に育て上げたブルーベリーたちは、摘む段階では、まだ新鮮な証拠のブルームがたっぷり付いていて、少し青みがかった紫色。

味見しながらどうぞ、との嬉しいお言葉をいただいたので、ちょっと一つまみすると、ぷちっと口の中で甘酸っぱい果汁がはじけます。

自宅から数分で、こんなぜいたくな経験ができるなんて、幸せです。


早速、昨日からいくつかのブルーベリーじみじみが誕生しました。

果汁がたっぷりなので、ジャムというよりシロップ煮になった『ブルーベリーとカシス』と、『ブルーベリーとカカオのスプレッド』(左のプリン容器)。

カカオやスパイス入りの濃厚スプレッドは、最後に風味付けにラム酒を垂らしてみました(お酒成分は飛ばしてあります)。

例えばアイスクリームと一緒に食べたり、くせのあるチーズと重ねて、クラッカーに乗せて、ワインのおつまみにしたり、大人のデザートとしてもいけます。

私は、スライスアーモンドを混ぜて、スプーンで二口、三口。


奥にあるのは、黒酢漬け。

よく「ブルーベリー黒酢」って見かけるので、見よう見まねで黒酢と黒砂糖入りのシロップを仕込んでみました。


これから約1ヶ月は、ゆりこさんのブルーベリーを使ったメニューがいくつか登場予定。

つくり手としても楽しみです。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2015-07-04 20:42 | *つかう | Comments(0)