人気ブログランキング |
ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

カテゴリ:☆つかう( 46 )

じみじみカルトン

毎年、帰省したときに必ず顔を合わせる旧友のひとりは、革細工の腕がプロ級。

先日、一緒に買い物をしたパン屋さんで、おしゃれな皮のカルトン(キャッシュトレイ)を発見。

「いいなぁ」と羨望の眼差しで見ていたら、「つくれるよ」と友人。

ホントに?

「だったら、こんな感じで、こんな色だったら嬉しいがよー」

と、わがままなリクエスト。

自宅に戻ってしばらくして、想像していた以上に素敵なカルトンが郵送で届きました。
c0289116_20511977.jpg
外側は艶やかな黄土色の皮で覆われ、中側は深い緑色で、同じ色の糸で縫い合わせてあります。

中が毛羽だったスエードなので、お札や硬貨が滑りません。

見事に、私の手になじんでいます。

「たいしたことないよ」と笑う彼女を思い浮かべながら、毎日、お守りのように使い続けたいと思います。


kuniko


by terukuni88w195 | 2019-07-11 20:57 | ☆つかう | Comments(0)

無農薬の野菜たち

c0289116_18263540.jpg
八幡農園さんの無農薬野菜が届きました。

「今年は、さつまいもが出来がいいんですよ」と、顔をほころばせながら話してくださった八幡さん。

おやつ向きの金美にんじんも、いっぱい入れていただきました。

今日は別のお店でも、なかなか手に入らない無農薬のレモンやみかん、質のよいゆず、立派なしょうがたちを購入できました。

これで、すでにリクエストいただいている、しょうがとレモンのシロップ煮が仕込めます!

冬ならではのじみじみ、ひとつずつ準備いたしますので、しばしお待ちくださいね。


さて、明日からの店舗営業は、通常モードでの4日間です。

来週22(土)23(日)は、『パンとお菓子のマルシェ』に出店いたしますので、土日の自宅店舗営業は、今週が今年最後になります。

その代わりに、普段休みの24(月)25(火)はお店を開ける予定ですが、確定しましたらまたお知らせいたしますね。


kuniko
by terukuni88w195 | 2018-12-12 18:29 | ☆つかう | Comments(0)

しっかり量ってね

突然、文字盤の数字が欠けて見えなくなってしまった、工房の「はかり」。

イベントの準備に精出す、このタイミングで、、困った。

自宅用のはかりで間に合わせようかと思ったのですが、仕事用としては使いづらい。

パソコンの画面とにらめっこして、急きょ、通販で取り寄せました。
c0289116_20372461.jpg
じみじみを始めて、3台目、でしょうか。

少しずつ機能的で、高価なものにレベルアップ?して、見た目もスタイリッシュになったかな。

早速使ってみましたが、なかなかいい感じ。


1日に何十回も点けたり消したり。

無理させてしまうけれど、しばらくの間、よろしくね。


kuniko

by terukuni88w195 | 2018-10-18 20:43 | ☆つかう | Comments(0)

solo soloさんの『草木の染めもよう』展

c0289116_19405080.jpg
ひつじ屋さんで開催されている、solo soloさんの『草木の染めもよう』展に伺いました。

今回も、草木で染められたお洋服や、暮らしを彩る布、紙製品など、solo soloさんらしい魅力的な作品が並んでいます。

solo soloさんの作品は、優しさと強さの両方を兼ね備えていて、不思議な「魔力」があります。

まえに購入した生成りのパンツも、足を通すと、それだけでふわっと守られている感じがするのです。

今日も、どうしても、「包まれたい」という衝動に駆られてしまった、夏草で染められた数種類のストール。

ひつじ屋さんでお茶しながら、何度も何度も立ち上がって、鏡で合わせて悩むこと約2時間。

ようやく決心して連れて帰ったのは、こちらの「美麻藍」という冠のついた一枚。

c0289116_19412861.jpg
これほど透き通るような水色なのに、藍なのですよ!


今回のひつじ屋さんでの展示会、3日(水)までです。

solosoloさんの秋色の世界を、心ゆくまでお楽しみください。


kuniko
by terukuni88w195 | 2018-10-01 19:52 | ☆つかう | Comments(0)

はるうた農園さんのぶどう園

c0289116_20545038.jpg
今季一回目、はるうた農園さんの直売所におじゃましました。

生坂村の丘の上まで車でのぼっていくと、辺り一帯、ぶどう、ぶどう、ぶどう畑が広がっています。

そのちょうど中央付近に位置する、はるうた農園さんの畑と直売所。

頭上からぶらぶらと、ぶどうの房が重そうです。

直売コーナーのテーブルの上には、7、8種類の試食用のぶどうたちが並び、ぜいたくにも、全て味見させていただけます。

これがもう、濃厚で甘いの何のって。

はるうたさんは「食べ頃までは、まだまだですよ」とおっしゃるのですけれど、ね。

迷った末、今の時点でのおすすめぶどうたちをたくさん、連れて帰りました。

何に変身させましょうか、私自身も楽しみです。


kuniko
by terukuni88w195 | 2018-09-18 21:10 | ☆つかう | Comments(0)

お手紙入れてね

c0289116_2049642.jpg

まだ完成ではないのですが、こちらも装い新たにデビューしております。

このポストさん、移住した年に、ホームセンターで購入しました。

手づくり風で、なかなか気に入っていたのですが、風雪にさらされ、すき間から虫が入ったりして、この一年ほど、なんとかしなくちゃね、と夫婦で話していました。

買い替える、とか、一から作り直す、といった話も出たのですが、ここは旦那の最近の大工仕事の鉄則「再利用」。

土台の部分はちょっと補強しただけで、そのまま使い、屋根だけ、別に出た廃材を再利用して付け替えました。

さらに、違うペンキで塗り替えると、新しくつくったみたいに別物に生まれ変わりました。

あとは、私が表札を書いて、打ちつけてもられば完成。

まぁ、目を凝らすと、ペンキの塗り残しや、屋根が少しずれているのがわかったりするのですが、でも、ちょっと気分も変わって、庭が少し晴れやかになった気がします。

これでまた数年は、しっかり手紙を受け取ってくれるかな。


kuniko

by terukuni88w195 | 2018-03-16 21:08 | ☆つかう | Comments(0)

みかんは皮も大事です

c0289116_21575113.jpg
みかんの皮をからからに干すと、漢方薬にも使われる「陳皮」に変身します。

砕いて『じみトリュフ』に混ぜこんだり、粗くちぎってヨーグルトに振りかけたり。

さらには、袋詰めして、お風呂に浮かべたり。

とにかく、効能高い「陳皮」。

無農薬のみかんが手に入ると、ついつい、実と同じくらい、皮を大事にむいてしまいます。

お風呂に浮かべたあとは、最後、お風呂掃除にも使えるのが陳皮のすごいところです。


kuniko
by terukuni88w195 | 2018-02-06 21:58 | ☆つかう | Comments(0)

冬の愛用品

c0289116_20372511.jpg

部屋の入り口に、時間差で脱いだままの室内履き。

確か移住する前、帰省した折に、実家の母が色違いで買ってくれたもの。

東京郊外のマンションに住んでいたときも、履いていた記憶があるので、少なくとも5年以上は、夫婦で愛用しています。

探せば、もっと保温性の高い、今どきの室内ブーツもあると思うのですけれど、いまだに手放せません。

2足とも、かかとが踏まれて使い込んでいる様子がわかります。

冬の間の我が家の暮らしにとけこみ、すっかり見慣れた必需品。

なのに、今朝、何気なく前後に並んだのを目にして、なぜだか、急にいとおしく感じてしまいました。


どうしてでしょう。


案外、愛用品って、そういうものなのかもしれません。


kuniko
by terukuni88w195 | 2018-02-05 21:49 | ☆つかう | Comments(0)

大巨人のくつした

c0289116_21053155.jpg
こちらに横たわる巨大な物体、実は、私の寝るとき用のくつしたです。

移住前から冬場の愛用品だった、睡眠中にはくくつしたが、さすがにぼろぼろになってきたので、似たものをカタログで見て購入しました。

届いたくつしたをひろげてみて、びっくり。

これまで使用していたものよりさらに大きく、もこもこ度もアップ。

さすが、「毛布のようなくつした」というだけあります。

一晩着用したところ、確かに温かさも増した感じが。


一方、難点としては、歩きにくいことと、足がふくれてしまってスリッパが入らないこと。

それでも、窮屈なくつしたは血行が悪くなってしまい、ある程度ゆるいことが必須なので、致し方ありません。

ほんと、寒すぎる土地での防寒対策には苦労します。



kuniko

by terukuni88w195 | 2017-12-14 21:13 | ☆つかう | Comments(0)

栗の仕込み

いただきものの栗。

朝からお鍋ふたつ分ゆでて、少し冷まして。

c0289116_18421968.jpg

おおきい栗は、旦那が栗むき器と包丁でていねいに栗むきし、一口大に分けて、豆乳でミルク煮に。

c0289116_18425341.jpg
ちいさめの栗は、私がスプーンでほじほじして、甘めに煮込んでペーストに。

栗の仕込みは手間がかかるけれど、ほかでは代わりのいない、秋の主役のひとりです。


kuniko
by terukuni88w195 | 2017-10-03 18:45 | ☆つかう | Comments(0)