ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

カテゴリ:*自然( 46 )

大雨と虹

c0289116_1826724.jpg

台風の影響と梅雨後半戦突入で、午前中から、強い風が吹き始め、走る車がちょっと揺れるくらい。

午後になって、断続的に雨も降ってきて、帰宅中の子どもたちも、持ってる傘が壊れてたり、ささずにずぶ濡れだったり。

しかも、時折太陽が顔を出す変なお天気。

何となくブルーな気分で、夕方自宅に向かっていたら、池田町の山のほうに大きな虹が。

携帯電話しかなかったので、はっきり撮れなかったのが残念ですが、虹は二重にかかり、しかも判別できるくらいに、七色がくっきり。

ちょっとだけ、明るい気持ちになりました。


さて、明日からは、日曜日までの通常営業に続き、月曜、火曜日は塩尻えんぱーくでのイベントに出展いたします。

皆さまと、どこかでお会いできますように。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2018-07-04 21:11 | *自然 | Comments(0)

鳩も、モラトリアム?

c0289116_18220477.jpg
おとといご紹介した、お隣の木に住むキジ鳩一家。

いっとき巣が空っぽだったので、二人して「ついに巣立ってしまったのね」と、さびしく感じていたのですが、

今朝、フェンスに2羽仲良く並んでいるのを発見。

兄弟だからなのでしょうか、かなり体つきが違います。

まだ羽根が生えそろっていないせいか、単に毛繕いに慣れてないのか、羽根が妙に毛羽だっています。

お昼過ぎても、背の高い草の影に隠れて、フェンスでじっとしていた兄弟。

なかなか飛び立とうとしないので、「やっぱりまだ独り立ちする自信がないのかね」なんて話していたら、夕方の雷雨におびえたのか、いつの間にかいなくなってしまいました。


あの子たち、大丈夫かな。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2018-06-29 18:27 | *自然 | Comments(0)

隣人は、鳩の家族

2ヶ月ほど前、お隣の裏庭の木の幹のくぼみに、旦那がキジ鳩の巣を見つけました。

しばらくすると、母鳩さんが一日中巣の上からほとんど動かなくなりました。

「赤ちゃんが産まれたみたいよ」

猫やカラスから守るために、旦那の観察回数が増えました。

「シャッター音に驚くから、絶対写真は撮らないように」との旦那のお達し。

私の目の高さからは確認できないのですが、どうやら、ちいさな赤ちゃん鳩が2羽、同居しているみたい。

最近になって、思春期くらいに成長した鳩たちが巣の上に出てくるようになりました。

そろそろ親離れするのかな。
c0289116_21221385.jpg
旦那から許可がおりたので、一応写真に撮りましたが、ちょっと見づらいでしょうか。

無事に巣立ちますように。


さて、明日から久しぶりに4日間の通常営業です。

ちょっと新鮮な気分で楽しみです。

午前10時ごろから夕方5時すぎまで、ゆるゆるお待ちしています。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2018-06-27 21:38 | *自然 | Comments(0)

真冬のお楽しみ

c0289116_2212275.jpg
安曇野に移り住んで以来、夜、外出したときは、空を見上げる習慣が身につきました。

星の様子を見て、次の日の天気を自分なりに予測するということもありますが、単に愛でるという楽しみでもあります。

今夜、車から降りて天を見上げると、、そこにはまさに、満天の星が広がっていました。

星座に疎い私でもわかる、オリオン座やカシオペアが埋もれてしまうくらいの、数えきれない星の数々。

最近は、雪雲に遮られている夜が多かったので、この天然のプラネタリウムの存在を忘れていました。

自分の暮らしているところが、抜群に星がきれいだったことが思い出せて、よかった。


、、、残念ながら、私の撮る携帯写真では、夜空の星まではうつせなかったので、写真は夕方の北アルプス。

平地の雪は、かなり解けてきました。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-01-24 22:24 | *自然 | Comments(0)

銀世界

c0289116_2145327.jpg
今朝は、5時50分ごろに雪かき要請の村内無線が流れました。

覚悟していた旦那は、黒砂糖を口にほおりこんで、決められた場所へ。

うちの地区は、小学校の通学路の雪かきの場所が細かく指定されています。

我が家の所属する組の担当は、自宅の周りではなく、5分以上歩いたところに指定されているので、早朝の暗い時間帯だと、そこに着くまでが一苦労だそう。

だそう、というのは、旦那に任せっきりで、私自身は早朝に出かけたことはないのです。

小学生たちが、けがなく毎日安心して通学できますように。

旦那の雪かき通勤も、しばらく続きそうです。


写真は、松川村から安曇野市にかけての高瀬川沿い。

手前の川岸と中央を流れる高瀬川、奥に見える明科側の峰々と雲と、そして水色の空。

それぞれの雪化粧のコントラストが美しく、車中から見とれてしまいました。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-01-17 21:56 | *自然 | Comments(0)

妖精の羽?天女の衣?

c0289116_20193468.jpg

空気はキンっと冷えているけれど、お日さまの光が惜しみなく照りつける昼間。

ウッドデッキ下に、きらきらふわふわ、動いているものを見つけました。

近づいてみると、たんぽぽの綿毛のような、猫の毛玉のような、細い絹糸のような。

それが、ほんの少し風が吹いただけで、そろりそろりと横滑りして、ふわふわの部分がほどけていくのです。

まるで、不思議な生き物みたい。

びっくりして旦那に尋ねると、「いちじくのような実が割れて、中から出てきた」とのこと。

どこかで安住の地を見つけて芽を出し、根を下ろすのでしょうか。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-01-06 20:33 | *自然 | Comments(0)

初冬の北アルプス

c0289116_18502545.jpg

今週は、天気予報に雪だるまがいくつか出現していたので、今日の快晴は貴重かも。

ということで、白馬まで車を走らせました。

最近、白馬に行くと必ずおじゃまする、おばんざいのお店『ごま』さんで、近くで散策にいい場所を、とお聞きしたら、松川という川沿いがいいかも、と教えていただきました。

松川!

名前に親近感を覚えます。

車を降りたら、川沿いのすすきがさわさわと音を立てて出迎えてくれました。

松川村とは、全く違う趣の北アルプスが眼の前に迫ってきます。

山頂の辺りを覆う、白くたなびく雲が、青い空と北アルプスをつなげているみたい。

気持ちまで澄みわたるようでした。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-12-05 18:53 | *自然 | Comments(0)

雲の行方

c0289116_2051085.jpg

おひさまが西の北アルプスに沈む時間が、早くなりました。

夕方4時ごろ、大町市から松川村に向かう山麓線を車で走っていると、窓の向こうに、雲がぷかぷかと浮かんで見えました。

昼間の日射しの暖かさが徐々に消えていき、冷たい空気が辺りをさまよう時間帯。

薄いあかね色に染まった雲が、冬の空に映えて、まるではかない芸術作品のようでした。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-11-29 21:34 | *自然 | Comments(0)

晩秋

c0289116_2110364.jpg

続いていた週末のイベントが一段落。

車で出かけた道すがら、車窓の紅葉を楽しみました。

ちょっとだけ遠回りして山道を登っていくと、色とりどりの木々が重なりあい、まるで絵画のような世界が眼下に広がっていました。

携帯電話で撮った写真では、その美しさがお伝えできないのが残念です。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-11-14 21:44 | *自然 | Comments(0)

夏の雲

c0289116_20385510.jpg

安曇野も猛暑に近い、今年一番の暑さ。

肌だけではなく、目にも強烈な紫外線が降り注ぐので、サングラスが手離せません。

広く青い空には、さえぎるものが少ない分、迫ってくるかのような大きな大きな雲が縦に横に広がっています。

湿度が低く、さわやかというイメージのある安曇野ですが、意外と湿度も高く、知り合いにも熱中症になった方が多くいらっしゃるので、油断は禁物。

お盆を過ぎると、風がふっと軽くなってくるので、あと少しの辛抱です。


今日も、5時ごろから夕立が始まり、ぐっと気温が下がってきました。

昼間の目をつぶりたくなるまぶしさと、張りつめた暑い空気はどこへやら。

生き返った気分です。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-08-01 20:55 | *自然 | Comments(0)