ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

カテゴリ:*暮らし( 164 )

とんぼ、休憩中

c0289116_19531962.jpg

外出時、前を歩く旦那の後頭部を見たら、なんと、帽子の上にとんぼが。

居心地がいいのか、しばらく動きませんでした。

彼が虫と触れあうのが好きなこと、わかってるのかな。


さて、明日から日曜日まで、今週のじみじみ自宅店舗、開店です。

4日(土)は、島内の『こーさんのうちの朝市』に出店のため、終日お休みいたします(朝市は9:30から12:30まで)。

ちょうど明日2日から5日までは、安曇野付近にて、『安曇野スタイル』期間中。

スタイルを巡りながら、よろしければ、松川村のじみじみにもお立ち寄りくださいね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-11-01 21:12 | *暮らし | Comments(0)

晴れが、いい

c0289116_2056139.jpg

ずっと雨や曇りが続いていて、朝からすっきり晴れわたるのは、本当に久しぶりのこと。

少し前から、北アルプスの峰々が雪をまとっていたのですが、雨雲や霧で隠れていて、しばらくそのことに気づきませんでした。

今日は青空のもと、白い稜線がくっきりと浮かび上がっていました。

やっぱり安曇野は、晴れがいい。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-10-31 21:04 | *暮らし | Comments(0)

えごまは、シソ科です

c0289116_220237.jpg
c0289116_2202334.jpg

c0289116_220239.jpg
午前中、松川村の安曇ピースファームさんのえごま仕事のお手伝いに行きました。

まずは、脱穀。

まだ茎がついたままのえごまを、束にして箱の中でバサバサして、穂の部分を外します。

それを、ざるでふるって、枝葉と実に分けます。

作業をしていると、辺りにえごまの甘くてこうばしい香りが漂って、天然のアロマテラピーみたい。


えごまの実は粒が小さく、しかも、収穫したあと商品として販売できる状態にするまで、手間と根気のかかるいくつもの作業を経なくてはいけないとのこと。

脱穀と選別を、ほんの小一時間体験しただけですが、改めて、農家の方々のご苦労がしのばれました。

ちなみに、写真は安曇ピースファームさんの貴重な貴重なえごま油。

さわやかでフルーティというのでしょうか、サラダや卵ごはん、トーストなどにかけると、味に深みが出て、くせになります。

えごまは近年、様々な効能があることから脚光を浴びているようですが、安曇ピースファームさんのえごまは、実としても油にしてもとにかく美味しいので、おすすめです。

この先、滞りなく作業が進んで、無事にお客様の食卓まで届きますように。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-10-24 22:11 | *暮らし | Comments(0)

この冬の積雪量は

c0289116_2212085.jpg

ウッドデッキ前のグリーンカーテンにくっついている、カマキリの卵。

地上1メートル以上の位置にあります。

ということは、今年の冬は、かなり雪深いのでしょうか。


さて、明日からの自宅店舗営業は、久しぶりに4日間続きます。

週末のイベント出店は、今週はいったんお休み。

地元のお客様も、店内でゆっくりお楽しみくださいね。

kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-10-18 22:05 | *暮らし | Comments(0)

夏日は今日まで

c0289116_20462325.jpg

先週は、朝方気温一けたの日もありましたが、ここ数日は、夏に逆戻り。

昨日今日、昼間は27度ほど。

半袖の腕に、じりじりと太陽の光が照りつけました。

からだも、ついていくのが大変です。

でも、週間予報では、明朝から雨が降ったりやんだり。

また一段と秋が深まりそう。

今日出かけた先でも、すでに、色とりどりに紅葉した木が。

早いなぁ。


今週の営業は、明日あさっては自宅店舗、土曜日、日曜日は、穂高神社の参道で開催される『安曇野さんぽ市』に出店します。

どうか、雨の週末になりませんように。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-10-11 20:49 | *暮らし | Comments(0)

収穫の秋の始まり

c0289116_21532255.jpg

安曇野が一番にぎやかな季節がやってきました。

ふさふさ頭を垂れた稲穂が、秋の日差しを受けて、金色に光っています。

「あぁ、無事に収穫の季節を迎えることができて良かった。」

車で走っていると、黄金色の波間からさわさわと、そんな声が聞こえてくるようです。


農家の方々は、とにかく休まるときがありません。

雨風が強い日も、熱中症で倒れそうな真夏日も、霜予報の前の晩も。

どうか、日々のご苦労が報われますように、と心から願っています。

私たちにできるのは、ただ大切に、おいしくいただくのみ。


さて、今週の店舗営業は、明日から土曜日まで。

日曜日と月曜日は、小淵沢ウェルネスガーデンで開催される『秋のわとわまつり』に出店いたします。

農家さんのためにも、わとわまつり関係者のためにも、てるてる坊主さん、がんばって!


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-09-13 21:57 | *暮らし | Comments(0)

朝の風景

朝目覚めると、ひんやりとした空気に包まれることが多くなってきました。

夜の布団は羽毛と薄掛けの2枚重ね、首とお腹も1枚ずつガード。

だんだん、寝床から抜け出すまでの時間が長くなってきます。

朝日の恵みがまぶしいと、それだけで得した気分に。

c0289116_14264122.jpg

ベランダの窓を開けて、まず目に入るのは2階までうようよ伸びてきた、グリーンカーテン。

今夏のグリーンカーテンは、例年通りの西洋朝顔と、新人のカナムグラ、いまだに名前のわからないもう1人の、三つ巴。

c0289116_14323260.jpg
行き場のないツルが、ベランダの天井でひしめき合っています。

ようやくつぼみが顔を出し始めたカナムグラ、どんな花が咲くのか、楽しみのような、ちょっとこわいような。

朝顔の花が少しずつちいさくなってくると、安曇野も本格的な秋の訪れです。



kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-09-09 14:39 | *暮らし | Comments(0)

初めての避難訓練

c0289116_1438201.jpg

普段は、ほぼ旦那にお任せの自治会の行事。

お天気も良く、営業の準備も早く済んだので、初めて避難訓練に参加しました。

避難訓練、と言っても大がかりなことはなく、8時の村内放送に合わせて、避難場所の自治会の会館に集まり、避難事項の確認と点呼をとって終わりです。

説明を聞きながらふと視線を移すと、会館の前にひろがるのは、晩夏ののどかな田園風景。

どこまでも続く高くて青い空、正面には雄大な北アルプスの山々、手前には首を垂れる、少し色づき始めた稲穂。

この風景がずっと永遠に続きますように。


今週の営業は、今日の5時すぎまでです。

お散歩の途中にでも、ぶらりとお立ち寄りくださいね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-08-27 14:41 | *暮らし | Comments(0)

立秋すぎの稲穂

c0289116_2174370.jpg

台風の影響が心配されましたが、雨風共に、それほどではなくて良かった。

それでも、りんごや桃など落ちてしまった畑もあったようです。

この季節、お天気は本当に大事。

我が家でさえ、一日に何度も天気予報をチェックしてしまいます。

よく見ると、田んぼも少しずつ様子が変わってきています。

雨露したたる稲穂は、ちょっと頭が重そう。

萌木色の穂に、ほんの少し黄みがかってきています。

気分だけでも、ちょっぴり秋の気配。



kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-08-08 21:20 | *暮らし | Comments(0)

人間ドックのあとで

c0289116_21163692.jpg

移住前は、毎年受けていた人間ドック。

今も、村の検診は毎年定期的に受けているのですが、最近の老化現象が気になってきたこともあり、本日、約4年ぶりに受けてきました。

もともと、胃にポリープがいくつかあるので(悪さはしないポリープらしい)、バリウム検査ではなく、胃カメラを勧められています。

が、実は胃カメラが大の苦手。

麻酔薬も、口からカメラを入れる時も、終わってから麻酔が切れるまでも、すべてがストレスでした。

今は鼻から入れる方法が割と一般的になってきたので、そのストレスが3分の1程度に減りました。

今回も、迷うことなく鼻からの胃カメラを選択。

多少、いえ、かなり、緊張しましたが、約1時間余りの諸検査を無事に終えました。

楽になったとはいえ、前の晩から飲食を制限したり、朝からトイレにこもったり、当日も次から次へと様々な検査を渡り歩いたり。

やはり相当な負荷がかかります。

夫婦二人とも、終わるとぐったり。

美味しいモーニングを食べようと楽しみにしていたのですが、すぐはそんな気にならず。

ちょうど車で近くを通りかかったので、久しぶりに大王わさび農場へ寄ることにしました。

こちらも、記憶をたどると移住前に訪れて以来、いやいや、まさかの17、8年ぶりくらい?

北アルプスからの雪解け水のおかげなのか、わさび田の周囲を散策していると、涼やかで凝り固まったからだがほぐされていきます。

人間ドックのおかげで、思わぬ贈り物をもらいました。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-07-24 21:33 | *暮らし | Comments(0)