ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

カテゴリ:*暮らし( 162 )

雪が舞う

c0289116_21165172.jpg

ついに今年もやってきました。

廊下のお芋が凍てつく、厳しい冬の始まりです。

朝方から終日、松川村はちらちらと粉雪が舞いました。

近くの山も雪雲がかかって寒そうです。


信州に移り住んで今日で1年と7ヶ月。

初めての昨年の冬は、記録的な大雪で難儀しました。

ところが、降雪量の決め手になるといわれるカマキリの卵は、昨冬より更に高い位置に産み付けられているらしい。


あぁ。

どんな冬になるのでしょうか。

まずは、家中の凍結防止のコンセントを入れたから一安心かな。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-12-02 21:51 | *暮らし | Comments(2)

雪も間近?

c0289116_16493328.jpg
c0289116_164933100.jpg
今日の冷え込みは、東京にいた時の真冬日と同じくらい。

昼間、日差しがあっても気温は一けたでした。

数日前に紅葉狩りに行った有明の山々も、うっすら白化粧しています。

明朝は氷点下、ついに初霜でしょうか。

もう少し、じみじみガーデンの晩秋の草花を愛でたかったのですが、霜にやられちゃうかな。


でも、干し柿にとってはこの冷え込みは好都合?

いい頃合いのしわしわ加減。

初めてにしては、上出来の美味しさです。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-11-15 19:57 | *暮らし | Comments(0)

柿、柿、柿?

c0289116_21322570.jpg

昨日たくさんいただいた柿、どうしようかなと迷っていたところ、別のお客様にいいことを教えていただきました。

焼酎にくぐらせて、袋にそのまま入れて、結んで置いておくと、10日くらいしたらとろとろの甘柿に変身するらしい。

ということで、旦那に小さい焼酎(柿の渋抜き用のもの)を買って来てもらって、半分は袋に詰めました。


そして、あとの半分は、ずっとやってみたかった干し柿に。

一つ一つ皮をむいて、ヘタの部分にひもを結びつけて、2階に運んで、ベランダの軒下に吊るして。

30個以上ある柿を吊るし終わるまで、旦那と流れ作業でも、閉店後に始めて1時間以上かかりました。

今朝目が覚めたら真っ先にベランダへ。
c0289116_21375332.jpg

朝日を浴びて輝く干し柿の赤ちゃんたちの姿に感動。

また一つ、やりたかった小さな夢が叶いました。

あとは、虫や鳥や雨やカビの被害に遭わずに、無事に熟していきますように。
c0289116_21371170.jpg


ちなみに、このオレンジ色のカーテンは、ほおずきです。

旦那が、店舗スペースの天井からぶら下げました。

なかなか美味しそうです。


さて、明日あさっては、穂高神社で行われる安曇野さんぽ市に出店します。

10時から3時まで、お天気も良さそうですので、どうぞお参りがてら、お散歩にお出かけください。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-10-17 21:40 | *暮らし | Comments(2)

幻想的風景

c0289116_22163490.jpg

夕方から、久しぶりに雨が降りました。

週末のイベントの頃に台風接近かななんて心配してましたが、少し前倒しで低気圧がやってきたようです。

写真は昨日のものですが、稲刈り前の、最期の輝きを放つ黄金色の稲。

北アルプスに落ちていく夕陽を浴びて、それはそれは幻想的です。

稲刈り後の野焼きの煙が、更に演出効果をアップしてます。

こんな風景の中、田んぼの間を車で走り抜けていると、いつものように、「ここに住んでいる」不思議さを感じます。


さて。

明日明後日と、今週のじみじみ店舗営業は2日だけとなります。

土日は、松本城へ。

昨年に続いて参加の『空と大地の祭典2014』(昨年は『アースデイ信州』)ですが、今年はなんと、お馴染み、キャンドルの『hotori - ya』さんとお隣同士なんです!

昨年は離れた場所での出店だったので、念願が叶いました。

今から、わくわくしています。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-09-24 22:29 | *暮らし | Comments(0)

重そうな頭

c0289116_21441573.jpg
c0289116_21441538.jpg
昨夜から今朝にかけて、かなり冷え込み、ついに夜中に毛布まで引っ張り出し、今夜は毛糸の靴下を重ねて履きました。

安曇野も、見渡せば緑から黄金色に変化した田んぼが目に鮮やかです。

稲穂も、重そうな頭をもたげ、今にも下に付きそう。

松川村も、3分の1くらいはすでに稲刈りも終わり、袈裟懸けの稲が並んでいます。


右の写真の稲の奥には、白いそばの花畑が。

そば、稲、野菜、そしてカラフルな花、本当に豊かな土壌です。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-09-18 22:00 | *暮らし | Comments(0)

雲の共演

c0289116_20301053.jpg
c0289116_20301093.jpg
明日は、はるばる千曲市まで出かけ、イベントに出店します。

場所は更埴文化会館体育館前の公園です。

他にも、飲食ブースや地場産品の出店、チアリーディングの演技など、地元のお祭りとフリーマーケットが同時に行われます。

10時から3時まで、もしもお近くの方がいらしたら、お出かけください。


今日は、ひたすら焼いて、詰めて。

雲のクッキーを並べながら、工房の窓からも雲を眺めました。

きっと明日もこんなお天気。



kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-09-14 20:40 | *暮らし | Comments(2)

コーヒー殻

c0289116_18594936.jpg

茶房結庵さんに譲っていただいた手動のコーヒーミルを、まえにブログでご紹介しましたが、

それを見て下さったお客様からコーヒー豆をいただき、おかげさまでほぼ毎朝、コーヒータイムを楽しんでいます。

始めは私が担当だったのですが、今は、旦那がミルでがらがら挽いて、ぽとぽとお湯を注いで淹れてくれます。

見よう見まねなので、まだ日によって味が変わるのもご愛嬌です。

何より、挽きたて淹れたては、やっぱりおいしい!

コーヒーの香りが漂うだけで、朝の仕事前にふうっと肩の力が抜けます。

更に、最近では、コーヒーの出し殻を乾燥させるのも、朝の儀式の一つになりました。

ひたすら乾燥させて、脱臭剤や堆肥などに再利用しています。

「出し殻」だけど、しっかり最後まで使えるコーヒーって、えらい!

kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-08-29 21:06 | *暮らし | Comments(0)

まめまめぷりんも、、。

c0289116_21223393.jpg

なんだか涼しい日が続いています。

お日さまが出ないので、昼間も網戸にしなくていいくらい。

寒がりの私は、寝るときすでに羽毛と肌がけ布団の2枚、プラス腹巻き布団と首巻きをしています。

パジャマも少し厚手の長袖。

食事だって、冷たいものより温かいものが食べたくなります。

明日からじみじみ店舗営業ですが、今週でまめまめぷりんも終わりにしようかなと思っているところ。

ちなみに、写真のぷりんは、下の豆乳ぷりんのみが映っていますが、本来は上に白あんと黒蜜がかかっています。


地元の直売所には、急にりんごがたくさん並び始めたので、『りんごのビスケットパイ』復活も近いかも?

自宅店舗は木曜日から日曜日まで、朝は10時ごろから夕方5時ごろまで開いています。

全盛期を迎えた朝顔や、最後の一花を咲かせるひまわりと共にお待ちしております。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-08-27 22:11 | *暮らし | Comments(2)

滝、出現

c0289116_2138447.jpg

このところ、安曇野は1日中からっと晴れることがほとんどありません。

今日も午前中、集中的に強い雨が降りました。

納品に出ていた旦那が撮影してきた一枚は、こちら。

道の駅の建物の軒下に、滝ができてます。

短時間での雨足の強さに、皆さん、駐車場までも行くのをためらっていたようです。

7月後半からは雨が降らずに、からからで猛暑だったのに、逆にこれだけ雨が続くと、農作物も被害が広がるのではないかと心配です。

本当にお天道様は気まぐれです。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-08-16 21:43 | *暮らし | Comments(2)

コンポストその後

c0289116_19283395.jpg

4月13日、庭の片隅にじみじみ旦那がコンポストを作りました。

コンポストといっても、穴を掘って周りを板で囲んだ簡易なものですが、約1メートル20センチ×1メートルの、かなりの大きさです。

中に入れているのは、生ゴミと庭の草や枯れ葉、そしてミミズ。

さらに、知り合いからいただいた、木工の工房で出たおがくず。

このおがくずが、なかなかいい仕事をしているようです。

おかげで、昨年、ただ巨大な穴を掘ってゴミを埋めただけのときのような臭いはありません。

今のところ順調に熟成しているのか、中身があふれることなく、徐々に沈んでいきます。

その上に、毎日毎日、新たに栄養分(草や生ゴミ)を重ねていってます。

でも、無事に堆肥ができるかは、ミミズ次第?


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-08-11 19:28 | *暮らし | Comments(0)