人気ブログランキング |
ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

カテゴリ:☆暮らし( 186 )

実家で出合った松川村

c0289116_22393671.jpg
月に2回、日本画を習っている母。

6年前から、若い男性の先生の教室に通い始め、ちょっと趣味で描くくらいの心持ちなのかと思いきや、かなりの熱の入れようで。

普段私も、母の絵の題材になるのでは、と、ブログ用とは別に、絵になりそうな被写体を求めて撮影をしています。

今の母の描きかけの作品は、松川村の水田と北アルプス。

横のミニトマトは、昨年の我が家の庭のもの。

私も絵の出来不出来はよくわからないのですが、80代でそれだけ情熱を注げるものがあるということを、うらやましく思うのです。


kuniko




by terukuni88w195 | 2019-06-14 22:54 | ☆暮らし | Comments(0)

今だけの安曇野

安曇野では、季節に順番はつけられない、と私は思います。

どの季節も、それぞれの美しさ、厳しさがありますから。

それでも、敢えて一番をつけるとしたら、きっと多くの住人が、今、この季節をあげるのではないかなぁ。

昼間、じっくり撮影をする時間がなかったので、走っている車の助手席から撮った一枚。
c0289116_20252174.jpg
青空と白い冠雪、連なる北アルプス、若葉、民家、そして水の入った田んぼ。

「安曇野」らしい、いつもの風景です。


さて、明日から4日間は、じみじみ営業日。

11日(土)は、長野市善光寺で開催される『びんずる市』に出店いたします。

約一年ぶり、楽しみです。


kuniko

by terukuni88w195 | 2019-05-08 20:27 | ☆暮らし | Comments(0)

最後の雪山?

c0289116_09474409.jpg
今朝、ベランダに出たら、あまりに空と山が美しいので、思わず声をあげました。

今週降り積もった春の雪は、おそらく今季最後でしょう(と、願いたい)。

ぱっきりした、雲ひとつない青空と、薄く雪化粧をほどこされた北アルプス。

住宅地の中のちいさいおうちの狭いベランダからは、絶景とはいかないけれど、、、

それでも安曇野住人だけが味わえる、特別な風景の贈り物です。


今日も、夕方5時過ぎまで、のんびりじみじみ時間でお待ちしています。

お散歩しながら、ひと息つきに、お立ち寄りくださいね。


kuniko

by terukuni88w195 | 2019-04-13 09:52 | ☆暮らし | Comments(0)

かまくら発見

大町市総合病院の売店に、じみじみを納品した帰り、ちょっと温泉郷まで足を延ばしました。

と言っても、温泉に入るわけではないのですが、松川村とあまりにも違う真っ白の風景を味わいたくなりました。

北上するごとに、少しずつ白い部分の厚みが増していきます。

暖冬と言われますが、北信(信州の北部)はこれほど積雪量が多いのだということを裏づけるものを発見。
c0289116_19011478.jpg
観光協会の横の駐車場に、巨大なかまくらが3つ。

中には入れませんでしたが、久しぶりに間近で見たかまくら、ちょっとテンションが上がりました。


kuniko
by terukuni88w195 | 2019-02-04 19:03 | ☆暮らし | Comments(0)

ようやく雪かき

c0289116_18340549.jpg
1月も後半に入ってから、やっとこれだけの雪が積もりました。

でも、まだ通学路の一斉雪かきの出動にはならず。

営業日でもないので、朝食後に旦那がゆっくり、自宅の庭から雪かきスタート。

車道の方まで2時間ほど、汗を流していました。

まるで晩秋の頃にいきなり訪れる新雪のように、さらさらで軽い雪。

今季は、どれだけの根雪になるのでしょうか。



kuniko

by terukuni88w195 | 2019-01-22 18:35 | ☆暮らし | Comments(0)

大みそかの霜の華

2018年最後の日となりました。

終わりの見えない大掃除で、からだも気持ちも緊迫感でいっぱいだった午前中。

ちょっとのぞいた車の窓に、霜の華が咲いていました。
c0289116_18175659.jpg
見た瞬間、ふっと力みがゆるんだのを感じました。

じみじみも、こんなひとときを贈ることができたらいいな。


今年も、たくさんの方々と出会って、たくさんの幸せな気持ちをいただきました。

心より、感謝いたします。

2019年が、皆さまにとって喜びの多い年になりますように。


kuniko

by terukuni88w195 | 2018-12-31 18:22 | ☆暮らし | Comments(0)

郵貯のMACHIOMOIカレンダー

c0289116_18350831.jpg
以前、松本市にお住まいで、現在は東京にお引っ越しされた、『旅スル紙』デザイナーの本城さん。

彼女の「松本城の桜」という作品が、なんと、来年の郵貯カレンダーに採用されています。

カレンダーの花形とも言える4月のページをめくると、『旅スル紙』さんの、やわらかな色調の北アルプスと迫力のある桜並木が目に飛び込んできます。

今から来年の4月が待ち遠しい!

こちらの『MACHIOMOIカレンダー』、全国の郵便局で無料配布されているそうですが、手に入りやすいのは、北海道から信越にかけてだそう。

ちなみに、私は大町市の郵便局の窓口でお願いしたら、快く分けてくださいました。

皆さまも良かったら、お近くの郵便局で尋ねてみてくださいね。


kuniko
by terukuni88w195 | 2018-12-13 19:11 | ☆暮らし | Comments(0)

ふとうたい、つけました

霜や凍結の便りが届く季節になると、忘れてはいけないことがいくつかあります。

まずは、スタッドレスタイヤに換える→今週末の予定。

庭の水道の元栓を締める→まだ、でした。

そしてもう一つ、「ふとうたいをつける」。

移住当初、「ふとうたい」ってなんだかわかりませんでした。

漢字で書くと「不凍帯」、凍結防止帯とも言われています。

水道菅が凍結しないよう、保温の状態にしておくために電源を入れるのです。

実際には、庭に10箇所以上あるコンセントを冬の間入れておき、暖かくなると抜きます。

初めて装置を見たときは、抜かれたスイッチ部分の穴に雨が入ったりしないのか、不安になったものです。

どうやら、大丈夫のようですが。

ということで、昨日、無事に旦那が全てのコンセントを入れてくれました。
c0289116_19452790.jpg
これで、水道管が凍結して、水が出なくなってしまうことは絶対ない!…という訳ではないようなのですよね、残念ながら。

信州の寒さは、半端ないのです。


kuniko

by terukuni88w195 | 2018-11-26 19:54 | ☆暮らし | Comments(0)

続、干し柿

c0289116_19472249.jpg
友人宅に、柿の収穫に行きました。

広い田畑の中の立派な柿の木、すでに何回かの収穫を終えたらしいのですが、まだこんなに鈴なり。

高枝切りはさみを借りたら、あっという間に箱いっぱいになりました。

柿の木の隣にあった、こちらの黒い実。
c0289116_19481034.jpg
写真ではわかりにくいのですが、大きさは親指くらい。

何の実だろうと気になっていたのですが、友人によると「小柿」。

信濃柿や豆柿とも呼ばれ、渋柿の一種で、もともと柿渋を採るために育てられたようです。

でも、食べてみるとまるで干し柿!

熟成された甘みがおいしかった。


柿以外にも多種多様な木や植物、野菜などが植わっていた友人宅。

帰り際、目の前で抜いてくれた無農薬にんじんを、夕食で生かじり。

あまりの味の濃さと甘さと、ほどよいぽりぽり感に感動しました。

同じ松川村に移り住んでいるご夫婦ですが、こんなに違う環境で、私たちとはまた違った豊かさと厳しさを日々体感しているのだなぁ。

そんなことを話しながら、帰宅後、旦那と干し柿づくりに精出しました。


kuniko

by terukuni88w195 | 2018-11-20 09:34 | ☆暮らし | Comments(0)

虫も冬支度

今日は、冬に突入したかのように、底冷えする一日でした。

すでに寝袋で寝ているし、ヒーターもつけているし、下半身はたいてい15枚前後身につけているし、、、

それでもまだ、真冬の準備、足りてないなぁ。

c0289116_21093174.jpg
こちらは、先週見かけたカマキリさん。

今ごろ落ち着ける場所を探してるなんて、随分遅いような。

ちなみに、たたずんでいた場所は、ひざくらいの高さ。

この冬の積雪量は、平年並み、かな。


kuniko

by terukuni88w195 | 2018-11-17 21:29 | ☆暮らし | Comments(0)