ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

カテゴリ:*新作じみじみ( 77 )

落ち葉のクッキー

c0289116_22505271.jpg
今年は、柿が豊作のようです。

移住してから過去5年間、手に入りにくい年もあったので、柿好きとしては、嬉しい限り。

ありがたいことに、今年は各方面からたくさんいただいて、しかも、甘くて美味しい。

酷暑がよかったのかな。

じみじみでも、これからの季節、活躍間違いなしですが、第一弾はクッキーから。

甘くて濃厚な熟柿に負けないのは、インパクトのあるスパイス。

3種類の有機スパイスが、濃い柿の味をほどよく引き締めてくれました。

オレンジ色に紅葉した葉っぱをイメージして、見た目も晩秋を思わせるこんな姿で。

ソフトなピリっと感、まずはお試しくださいね。



さて、今週の営業は本日まででした。

次週は、15日(木)と16日(金)に塩尻市えんぱーくで開催される『petit pas 2nd』に出店いたします。


kuniko

[PR]
by terukuni88w195 | 2018-11-11 23:09 | *新作じみじみ | Comments(0)

トマトとローズマリーのクラッカー

c0289116_21293831.jpg
じみじみガーデンで育てている、というより、自然に育ってくれているローズマリー。

東京に住んでいた頃、マンションのベランダで細々と世話をしていたローズマリーを、一緒に連れてきました。

なので、かわいさもひとしお。

いつか、おやつに入れてみたいなとの野望も持っていました。

今回突然、やる気スイッチが入り、トマトと合わせてクラッカーにしたらおもしろいのでは、と思いたちました。

三郷の星農家(ほしのや)さんの、無農薬完熟トマトピューレをぜいたくにもたっぷり使い、生のローズマリーを刻んでアクセントに。

ちょっと塩のきいた、さくっと軽い、おつまみにぴったりのクラッカーの出来上がり。

トマトとローズマリーの魅惑のハーモニーを楽しんでくださいね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2018-10-04 21:32 | *新作じみじみ | Comments(0)

『小福寄せ』できました

c0289116_10483151.jpg
ずっとやってみたいなと、空想の中で思いを巡らしていた、ビスケット缶。

子どもの頃、わくわくしながら缶のふたを開けて、妹弟と3人、じゃんけんで食べる順番を決めていました。

今回初めて手がけてみたのは、あれほど立派で美しいビスケット缶ではありません。

もっとお手軽に、日々の暮らしのなかで、ぽいっと口にいれて、ちょっとだけ心がほぐれる、ちびちびビスケットを詰め合わせた、片手にのるほどの大きさの缶入りじみじみです。

工房で毎日焼いていると、必ず生まれてくる、ビスケットのはじっこたち。

でも、味も愛情も、商品となるビスケットと変わりはありません。

そんなちいさな福を寄せ集めた『小福寄せ』ーkofuku yoseーです。

自分へのちょっとしたごほうびに、大切な方への贈り物に、いかがですか。


今日は、今週最後の営業日、夕方5時ごろまで開けています。

雨もしとしと静かですので、のんびり気分でお立ち寄りください。

kuniko

[PR]
by terukuni88w195 | 2018-09-30 11:10 | *新作じみじみ | Comments(0)

ぶどうのじみマフィン、と。

c0289116_21221736.jpg
昨日に続き、はるうた農園さんのぶどうのおやつ、第二弾。

バナナ生地のじみマフィンの中に、昨日仕込んだシロップ煮をちりばめました。

最後にぶどうをまるごと一粒、ぎゅっと押し込んでオーブンへ。



ぶどうのシロップは、とにかく濃い濃い紫色なので、お洋服にこぼしたら大変。

でも、それだけ味も濃厚で旨味凝縮、ワインのようです。

明日、ひつじ屋さんにお届け予定のセットにも、ぶどうのビスケット、入ってますよー。


kuniko

[PR]
by terukuni88w195 | 2018-09-20 21:35 | *新作じみじみ | Comments(0)

ティラミスのような。

c0289116_09492224.jpg
昨日ご紹介した『安曇ピースファーム』さんと同じく、松川村にて自然農法で頑張っていらっしゃる『お結び自然農縁』さん。

お米やお豆だけではなく、『亀の尾』という幻のお米を長時間焙煎してできる『黒焼き玄米コーヒー』を、最近、商品化されました。

こちらの玄米コーヒーを、飲むだけではなく、もっと気軽にお試しいただけるといいなと、じみじみで、いろいろ試作中です。

先日は、クッキーをご紹介しましたが、今は生菓子レシピを試しています。

普通のコーヒーの代わりに、ティラミスができないかと思ったのですが、ティラミスって工程が多くて想像以上に手間がかかるのですね。

各層の味つけも難しく、見た目も、ティラミスというより、崩れてしまったパフェ、みたいになってしまいました。

『お結び自然農縁』さんの玄米コーヒー、自然界のエネルギーがぎゅぎゅっと封じ込められていて、パワフルで、つくり手としては、生半可な気持ちでは対峙できません。

試作途中の、なんちゃってティラミス、もしもご興味ありましたら、味見もできますので、声をかけてくださいね。

素直なご感想、ご意見を、よろしくお願いいたします。


kuniko

[PR]
by terukuni88w195 | 2018-09-08 11:07 | *新作じみじみ | Comments(0)

テンペ入りのクッキー

c0289116_21250126.jpg
松川村で、お米や大豆などを自然農法で育てていらっしゃる「安曇ピースファーム」さん。

お米や大豆、エゴマなど、無農薬で安心というだけではなく、美味しさも抜群です。

今回は、その大豆を発酵させてつくった貴重なテンペが手に入りました。

こちらのテンペ、特有の発酵臭さが全くなく、生でそのままかじっても、大豆の風味が香ばしくて美味しい!

こうなると、じみじみに登場させてみたい気持ちがふつふつと湧いてきます。

テンペらしさを残しつつ、テンペ初心者さんにも食べやすくするには、やっぱりクッキーかな。

ということで、オートミールと合わせて、焼きかためてみました。

外側はかりっと、かむとざくっと。

中にしのばせた黒砂糖とテンペの相性も、なかなかよろしいかと。

でも、テンペの美味しさを引き出すには、まだまだ試作が必要かな。



kuniko

[PR]
by terukuni88w195 | 2018-09-07 21:42 | *新作じみじみ | Comments(0)

モモタリンのシロップ煮

c0289116_20461590.jpg
ここ松川村で誕生した『モモタリン』。

桃とネクタリンを掛け合わせた果物です。

両方のいいとこ取りなので、桃の豊潤な甘さと、ネクタリンのさくっとした食感が楽しめます。


モモタリンの産みの親御さんである農家さんから仕入れたモモタリンで、シロップ煮を仕込みました。

一緒に合わせたのは、同じく松川村で採れた生のプルーン。

長く煮込むととけてしまうので、さっと煮るのが大切。

それでも、スプーンで舌にのせると、濃厚なシロップと共に、とろっと実がとけていきます。

色合いも美しい、レアな真夏のシロップ煮、是非お試しくださいね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2018-07-27 20:57 | *新作じみじみ | Comments(0)

とろとろくずぷりん

c0289116_12510280.jpg
今日は、安曇野でハーフマラソンが開催されています。

お昼頃には終了していると思いますが、この暑さのなか、皆さん無事に完走されてるといいな。


そんなことを思いながら、気まぐれで、冷たいじみじみをご用意しました。

本くず粉をたっぷり使った、豆乳ぷりん。

濃い豆乳の甘味と、くずのとろとろ感が、からだに優しくしみてきます。

自家製の黒みつと、風味豊かな黒豆きな粉をかけて、とろとろと召し上がれ。


今週の店舗営業は、本日5時ごろまでです。

来週の土日は、白馬で『クラフトビアマルシェ』に出店します。

前売り券も好評発売中のようですよ。


kuniko

[PR]
by terukuni88w195 | 2018-06-03 12:52 | *新作じみじみ | Comments(2)

そば粉のがりがりぼーろ

c0289116_20440595.jpg
随分前に、短い間だけ焼いていた『そば粉のがりがりぼーろ』。

気に入ってくださっていたお客様から、「あのそば粉の、もう焼かないんですか」とリクエストをいただいて早2年?

ちょうどそば粉が手に入ったので、久しぶりに焼いてみました。

がりがり、ごりごり。

この堅さ、懐かしいな。

そば粉の持つ優しい甘みが、頑固な堅さのあとにふんわり残ります。

歯とあごに自信がある方、おそばが好きな方、めずらしいものに目がない方、どうぞお試しください。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2018-04-28 20:45 | *新作じみじみ | Comments(0)

早咲きの桜?

c0289116_20290406.jpg
東京の桜の開花宣言は、靖国神社の桜で決まるらしく。

昨日でしたか、あと少しで宣言できる状態だとテレビで話していました。

もちろん、安曇野では桜を愛でるにはまだしばらくかかります。

そこで、じみじみのクッキーでちょっと季節を先取り。

このピンクの正体(写真では茶色に見えますが)は、実は紫さつまいも。

紫に少しだけ、普通のベニアズマの黄色を加えたら、ちょうど桜のような桃色に焼きあがりました。

でも、食感は花びらのように柔らかくなくて、定番商品『さつまいものかりかり』と同じように、かりっかりで香ばしいのです。

見た目とのギャップも楽しんでくださいね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2018-03-17 20:43 | *新作じみじみ | Comments(0)