ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

カテゴリ:*花とみどり( 76 )

『宇宙朝顔』

c0289116_21445632.jpg
朝顔にもいろんな種類がありますが、こちらの朝顔は、『宇宙朝顔』。

知人から分けていただきました。

私は初めて知ったのですが、宇宙を旅した朝顔の子孫らしいです。

詳しいことは分からないのですが、日本人の宇宙飛行士が毎回、研究のために朝顔の種を持って行っているそうです。

突然変異で新種が生まれることもあるらしいのですが、確かに、ちょっと珍しい色をしています。

はかなげで、透けるような水色。

神秘的です。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2018-08-16 21:46 | *花とみどり | Comments(0)

にんじん育ってます

c0289116_21171314.jpg
八幡農園さんの無農薬のにんじん、いつも皮まで美味しくいただいています。

4月に入って今季最後の貴重な一本、暖かくなってきたせいか、ちょっとだけ葉っぱが顔を出していました。

なんだか名残惜しくて、そのまま上の部分だけ残して、お皿に浮かべて数週間。

今では、こんなに立派な株に育ちました。

みずみずしい萌木色の若葉を愛でていると、前向きで清々しい気持ちになります。

しばらくは、このまま楽しみたいな。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2018-04-19 21:24 | *花とみどり | Comments(0)

縁起のいい花

c0289116_20112798.jpg

見た目が華やかとか、かぐわしい香りだとか、お祝い時にふさわしい花はいろいろあるかと思います。

でも、おめでたくて縁起のいい名前を持つ花といえば、きっと一番は、福寿草なのではないでしょうか。


実は、東京にいた頃は、あまり気に留めていなかったお花でした。

というのも、冬の間も、椿やさざんか、パンジーやビオラなど、花壇や道ばたでも途切れずにカラフルな花が咲いていたから。

安曇野に移り住んでから、秋に地植えしたビオラやプリムラなどが、たった一回の霜で見るも無残な状態になってしまうことを知りました。

なので、我が家の庭では、冬は花を愛でることがほぼできないのです。

福寿草の黄色は、まさに、待ちに待った信州の春の訪れのお印。

蛍光色のような鮮やかな黄色が、実にまぶしく、輝いて見えるのです。


kuniko

[PR]
by terukuni88w195 | 2018-03-12 20:16 | *花とみどり | Comments(0)

こんにちは

c0289116_20332915.jpg

出かけた先で、車に乗り込もうとしたら、足元に、一輪のたんぽぽ。

雪の降る季節になり、自然に咲く野の花には、なかなか出合えません。

何か咲いていないかなと、見上げて枝の先に目をこらしたり、足元の草むらや茂みを探したり。

そのせいで?枝にぶつかったり、段差につまずいたりすることも。

買ってきた鉢植えの花も、もちろんきれいなのですけれど、色のあせた落ち葉のすき間から、けなげに顔を出す草花を見つけると、嬉しくなってしまいます。

冬本番は、これから。

がんばれ、たんぽぽ。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-12-11 21:12 | *花とみどり | Comments(0)

栗も待ってます

c0289116_21273791.jpg

昨夜からの雨は、まさしく秋雨。

昼間でも、長袖じゃないと寒いくらいです。

田んぼやそば畑、果実の畑など、それぞれのペースで確実に実りの季節に向かっていました。

ふと空を見上げると、栗のいがいがが、こちらを見おろしていました。

濃い緑色の葉っぱに包まれた栗は、収穫期を迎えるまでまだ少しかかりそうです。


さて、明日から4日間、店舗での通常営業です。

店舗スペースでも、もう扇風機はいらないかな。

ぶらっと立ち寄って、ゆったりご覧くださいね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-09-06 21:39 | *花とみどり | Comments(0)

バラ園

c0289116_20333772.jpg
c0289116_20333833.jpg

c0289116_20333853.jpg

c0289116_20333819.jpg

豊科の図書館に出かけると、ちょうど隣のバラ園がにぎわっていました。

そういえば、1年前もバラ祭りが開かれていたっけ。

バラの魅力は、近づかなくても、薫りだけで存在を体感できるところ。

今年も、その薫りに誘われて、約500種類のバラが出迎えてくれました。

少し旬の時季は過ぎていたようですが、これだけのバラに囲まれると、ちょっとぜいたくな気分になります。

ここはすべてのバラに名札がついているので、名前から想像力を働かせつつ花を愛でることができます。

青い空と白い雲、さまざまな色合いのバラとのコラボレーション、皆さんも間近で感じてみてはいかが?


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-06-13 20:39 | *花とみどり | Comments(0)

たった一輪のポーチュラカ

c0289116_19305322.jpg

今朝、遠くから庭を眺めていたら、赤い色がぽちっと目に入りました。

近づいてみると、濃いピンク色のポーチュラカの花が一輪、咲いていました。

どこにでも気軽に、比較的簡単に挿し芽で増えるポーチュラカ。

実はこちら、鹿児島の実家のベランダから連れて帰ってきた、貴重な一本です。

以前住んでいた一軒家の庭でも、母は、ポーチュラカを挿し芽でたくさん殖やしていました。

今は狭いマンションのベランダだけれど、相変わらず母は、ひとつ、またひとつと、ポーチュラカの命を増やしていました。

新幹線を乗り継いで信州の地に移ってきたポーチュラカ、見ての通り、根も葉もほとんどない、頭でっかちの一本だったのに、4、5日で開花するなんて。

ほんとに強い生命力です。

我が家でも、仲間が増えるといいな。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-06-10 19:44 | *花とみどり | Comments(0)

南国らしさ

c0289116_2294582.jpg

ただいま、故郷鹿児島へ帰省中。

実家の近所へ買い物に行く道すがら、南国らしい植物たちに出合いました。

植え込みの中で異彩を放っていたのは、なんと、サボテン。

こんなビッグサイズの、しかも見事に開花したサボテンには、なかなか出合えません。

身長は1メートルほど。

こわくてさわれませんが、生きのいいトゲがたくさんついていました。

c0289116_22111485.jpg

一方、台所に転がっていそうなブラシがたわわにぶら下がっていたのは、通称ブラシの木。

こんな鮮やかなブラシだと、台所仕事もはかどりそうですね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-05-31 22:16 | *花とみどり | Comments(0)

黄色の風景

c0289116_20191414.jpg

池田町のカフェ『風のいろ』さんからの帰り道に、黄色の花畑を発見。

そういえば、確か以前も同じ場所でこの黄色の群集を見たような。

群集の正体は、レンギョウ。

今にも雨が降りだしそうなくもり空から吹き荒れる強風に合わせて、ゆらゆらと黄色い枝がまぶしく揺れています。

桜の花吹雪は時折見かけますが、黄色の花びらが舞い散る様は、ちょっと特別。

かなりの見ごたえです。

奥に控える北アルプスが、さらにスペシャル感をあげていました。

今夜の雨で、だいぶ花が散ってしまうかな。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-04-17 20:36 | *花とみどり | Comments(0)

カタクリの花

c0289116_22555150.jpg

夕方、東京から来てくれた友人夫婦と、あるお店へ出かけました。

お庭がとても趣があって素敵だったのですが、なんと、カタクリの花が。

よく、群生地の写真やニュースは見るのですが、お庭の片隅に、ひそやかに咲くカタクリは初めて。

透けるような淡紫色の花びらが、下向きに、うつむき加減に咲いている様に、思わず見いってしまいました。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-04-12 23:08 | *花とみどり | Comments(0)