人気ブログランキング |
ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

カテゴリ:☆たべる( 152 )

ぶどうは、やっぱり

ぶどうの一大産地、生坂村。

用事があって生坂村を通ったのですが、この季節、ついつい寄らずにはいられない、ぶどう園の方へ。

連休中は毎日、直売所を開設してらっしゃる、はるうた農園を訪ねました。

今の時期、種類も一番そろっているとのこと。
ぶどうは、やっぱり_c0289116_19332532.jpg
今日は先日購入した品種とは違う、希少ぶどうたちも購入しました。

毎年、ぶどう愛にあふれるはるうたさんが、ぶどうについていろいろ教えてくださるのですが、これもその一つ。

房から外れた、一見して、ちょっとフニャッとなりかけの半生の粒。
ぶどうは、やっぱり_c0289116_19344584.jpg
実は、干しぶどうに変身する生長過程なので、甘みも風味も凝縮してて、とっても美味しいのです。

今年は、例年のような試食コーナーや、草を食べるのが仕事のヤギさんがいないので、少しさびしいのですが、多種多様なぶどうと生産者さんとの直接交流という醍醐味は、やはり、直売所ならでは。

発送も可能ですが、お近くにお住まいの方は、どうぞ、お出かけください。


kuniko


by terukuni88w195 | 2020-09-21 19:40 | ☆たべる | Comments(0)

はるうたさんの極上ぶどう

毎年、この季節を心待ちにしているファンが、全国各地にいらっしゃるはず。

かく言うじみじみも、もちろん、首を長くして待っておりました。

生坂村で、愛情と工夫と手間をかけて、ぶどうを育てていらっしゃる、はるうた農園ファミリー。

先週から、直売所が開設され、昨日、直接仕入れに行ってきました。

品種によって、今年ならではの育ち具合が、それぞれあるようですが、まずは第一弾。
はるうたさんの極上ぶどう_c0289116_19301894.jpg
今がまさしく食べ頃だというナガノパープルと、まだまだ旬が続く巨峰、安芸クイーンをゲットしてきました。

ナガノパープルは、はるうたさんも出来を自賛されていたように、思わず眼を見開いてしまうほどの美味しさ!

皮ごとかじると、ぷちっと小気味よくはじけ、抜群の甘さとワインのような風味があとから口中を駆けめぐります。

ビスケットに混ぜ込んだり、シロップ煮にしたり。
はるうたさんの極上ぶどう_c0289116_19304543.jpg
これからしばらく、おおいに味わって、楽しみたいと思います。


kuniko


by terukuni88w195 | 2020-09-12 19:37 | ☆たべる | Comments(0)

写真って難しい

先日、摘んできたブルーベリー。

ちいさな一粒の中に、びっくりするほど甘味と旨味が濃縮されていて、ついつい、手がのびてしまいます。

もちろん、火を入れたって、美味しい。

あまり煮詰めずに、粒つぶをある程度残して、実の食感もワインのようなシロップも、両方楽しめるように。

でも、でも、その深い紫色の美しさやトロトロ感をお伝えするだけの、撮影の技術がないのが、誠に残念であります。
写真って難しい_c0289116_19315727.jpg

さて、今週の営業は本日で終わりです。

じみじみに触れてくださった皆さま、ありがとうございました。


kuniko


by terukuni88w195 | 2020-09-06 19:35 | ☆たべる | Comments(0)

食用ホオズキ

お客様から、食べられるホオズキをいただきました。
食用ホオズキ_c0289116_16315749.jpg
見た目は観賞用と似ていますが、枯れ草のような色味で、かなり小さめ。

袋を開けると、小指の先ほどのつやつやした丸い実が一粒入っています。

かじってみたら、パイナップルのような、ちょっとトロピカルな風味で、何とも言えない美味しさ。

時々、直売所で『食用ホオズキ』とか『フルーツホオズキ』といった名前で並んでいるのを見かけますが、まだまだ珍しいかも。

お客様のお庭では、たくさん収穫できる、とのうらやましいお話でした。

ちょっと調べてみると、栄養価が極めつけ高く、今、注目の食材みたい。

ジャムなど加工にも適しているらしいので、いずれ、試してみたいなと思っています。


kuniko


by terukuni88w195 | 2020-08-29 16:59 | ☆たべる | Comments(0)

暑中見舞いのタルト

昨日今日と、自宅店舗は夏休みをいただいております。

お客様用に焼いたタルト素材が残ったので、自分たち用に飾りつけてみました。
暑中見舞いのタルト_c0289116_16105838.jpg
ざくざくタルトに、玄米コーヒーの豆乳カスタードを敷いて、ネクタリンのシロップ煮をたっぷりかけて。

題して、『暑中見舞いのタルト』。

たまには、自分たちのために焼くのも、ちょっとばかりウキウキ。

そして、お味もなかなかどうして。


kuniko


by terukuni88w195 | 2020-08-02 16:12 | ☆たべる | Comments(0)

梅シロップたち

梅シロップたち_c0289116_21201623.jpg
我が家に欠かせない、自家製の梅シロップ。

年によって、手に入る梅の大きさや種類が違い、調味料の配合も少しずつ変えています。

夏は、冷水やジュースで割ったり、炭酸で割って、しゅわしゅわにしたり。

冬は、お湯割りにして、ほかほかと。

あ、旦那が焼酎に入れたことも。

シロップだけではなく、漬けた実も美味しくいただきます。

左は先月漬けたもの。

味見してみましたが、まだ、梅の青々した感じが残っています。

右は、二年もの。

角がとれ、まろやかで熟成された、お酒のような味わい。

あとから、黒酢の深い酸味がふわっと残ります。

時々味見をしたり、色や形が変化する過程を眺めたり。

自分で手がけるからこその、ささやかな楽しみ。


kuniko


by terukuni88w195 | 2020-07-14 21:26 | ☆たべる | Comments(0)

本日のヨーグルト

毎朝、ごはんの後に必ず食べている、自家製のヨーグルト。
本日のヨーグルト_c0289116_17260352.jpg
いつからの習慣だか、、かれこれ20年以上続けています。

そのときある果物やシロップ煮、シリアル、粉類などを気まぐれで混ぜているのですが、今朝は、特別に豪華な仕上がりだったので、つい写真におさめてしまいました。

主役はやはり、昨日収穫したブルーベリーでしょう。

先日仕込んだ、赤い「ユスラウメ」のシロップも、ヨーグルトに混ぜるにはもったいなかったかしら。

あと、健康のために欠かせない(と信じている)のは「米ヌカ」。

それからドライフルーツにナッツに穀物フレークに、、

ちょっと奮発しすぎかな。

でも、この、パフェみたいなヨーグルトを食べながら、旦那が淹れてくれたカフェオレを飲むひとときが、移住して一番の変化であり、至福の時間なのかも。


kuniko


by terukuni88w195 | 2020-07-06 18:03 | ☆たべる | Comments(0)

本日のまかないおやつ

おやつ屋を名乗る以上、じみじみ営業中の「まかないおやつ」も手抜きはできません。

今日も、さっきからちょっと小腹がすいてきたので、ささっと、こんなおやつを。

『あづみのるベーカリー』さんのカンパーニュに、今週の、店主おすすめ「玄米コーヒーの豆乳クリーム」をひと塗り。

こっそり、自家製キャラメリゼナッツものせちゃおうっと。
本日のまかないおやつ_c0289116_16242348.jpg
写真ではわかりにくいのですが、上からパラッとシナモンを振りかけまして。

豪快にがぶっと、いただきまーす。

あー、美味しいカフェオレが飲みたくなってきた。

あと一仕事、もうひとがんばり!

kuniko


by terukuni88w195 | 2020-05-16 16:28 | ☆たべる | Comments(0)

ルバーブをとことん味わう

昨日から販売している『ルバーブといちごのじみマフィン』の主役、美枝さんの無農薬ルバーブ。

他にも、多方面で活躍中です。

シロップ煮はこれまでもつくっていましたが、初めて試してみたのが、リピーターさんの多い、カカオペースト(写真左)。
ルバーブをとことん味わう_c0289116_13575646.jpg
これまでのカカオペーストは、甘味の強い果物と合わせて、ビターチョコ感を出していたのですが、ルバーブの酸味を活かすために、カカオマスの量を減らしてみたら、これがなかなかどうして。

逆に、まろやかで優しい風味のカカオペーストになりました。

そして、「美人さんなので、それを活かしてほしいな」と、選り分けて託されたルビー色に輝く赤ルバーブ。

昨年、味見してくださったお客様から、「ルバーブってこんな一面もあったのですね」と、感激の声をいただいた、シロップ漬けも再登場。
ルバーブをとことん味わう_c0289116_13564196.jpg
最後に入れた黒酢がアクセントになって、身ごとシャクシャク食べながら炭酸割りにするのが最高です。

もちろん、ビスケットも焼きましたよ。

初夏のような今の季節にこそ、是非、ルバーブの甘酸っぱい魅力にはまってくださいね。

kuniko


by terukuni88w195 | 2020-05-08 14:06 | ☆たべる | Comments(0)

食べて浄化

大町市の八幡農園さんから届いた、若々しい緑の山。
食べて浄化_c0289116_21043965.jpg
上が、野沢菜と山東菜の菜花。

下が、キャベツの菜花。

もちろん、無農薬です。

「一口だけでも、生で食べてみてください」との言葉に押されて試してみたら、さっぱりしていて、生のとげとげしさが全くない!

結局、夜の食卓で、お皿にいっぱい、モリモリ生野菜サラダになりました。

残りの半分は、さっと蒸し煮にして、あとの半分は、そのまま冷凍庫へ。

旬の野菜は、からだも心も浄化してくれますが、何より美味しくて、栄養たっぷり。

たくさん食して、気持ちも元気に。


kuniko


by terukuni88w195 | 2020-04-28 21:10 | ☆たべる | Comments(0)