ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

カテゴリ:*たべる( 106 )

シロップいろいろ

c0289116_20023464.jpg

昨日ご紹介したマフィンの上に、ちょこんとのせた、かぼす一切れ。

こちらの右のビンから取り出したものです。

年末に、大分県産の無農薬のかぼすを黒酢に漬けました。

甘味料も入れましたが、かぼすの酸味が特別きいているので、お湯割りにすると、気分がしゃきっとします。


左のビンは、かりんのシロップ。

年末に、はちみつとてんさい糖で漬けたものです。

だいぶ水分があがってきたので、こして保存することに。

濃厚なエキスは、風邪をひきそうなときに活躍してくれそうです。


いずれも、店内でお試しいただけますので、声をかけてくださいね。


kuniko

[PR]
by terukuni88w195 | 2018-01-13 20:06 | *たべる | Comments(0)

「はるか」なる、りんご

c0289116_21592711.jpg
三郷のりんご農家「まるちゃん農園」さんには、希少なりんごがいくつもあります。

「じみじみおやつ」に欠かせない「こうたろう」や「アルプス乙女」は、秋が旬のりんごです。

こちらは、11月後半から12月にかけて、旬が短い「はるか」。

まるちゃん農園でも袋で覆われ、愛情たっぷり育てられた、貴重な品種です。

手に取ると、まずは芳醇な香りが鼻をくすぐります。

黄色の皮の中央に包丁を入れると、中から蜜の輪が出現。

じわじわと、メープルシロップを思わせる甘い果汁がしみてきます。

かむとしゃくしゃくとした食感、リズミカルに響く音まで、なんだか美味しそう。

あー、ぜいたくなひととき。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-12-26 22:16 | *たべる | Comments(0)

八幡農園さんの冬野菜

c0289116_20373434.jpg
久しぶりに、八幡農園さんの冬野菜がやって来ました。

まずは昨年来、じみじみでもおなじみになりました、カラフルにんじん。

おととい、レストランカフェHidamariさんでいただいた、絶品にんじんポタージュの主役でもあります。

さらに、八幡さんイチオシの山ごぼう。

山ごぼうは、一般的なごぼうより育てるのが難しく、しかもやや粘土質の土なので、途中で折れないように掘り上げるのが大変だとのこと。

とても貴重なのです。

是非、生で食べてみてとのアドバイス、お味噌をつけてかじるのが楽しみです。

ほかにも、立派な紫花豆や彩り豊かな大根などなど。

明日からしばらく、豊かな食卓になりそうで、わくわくします。


さて、明日から、今年最後の営業となります。

木曜日、金曜日は自宅にて、土曜日、日曜日は、『パンとお菓子のマルシェ』出店となります。

今週もよろしくお願いいたします。


kuniko

[PR]
by terukuni88w195 | 2017-12-20 20:39 | *たべる | Comments(0)

にんじんのポタージュ

c0289116_2016130.jpg

冬の間しかお目にかかれない、鮮やかな黄色のポタージュ。

大町市のレストランカフェ「Hidamari」さんの人気メニューです。

一年前、あまりに気に入ってしまい、Hidamariさんに聞いて、にんじんの仕入れ先である八幡農園さんに直接押しかけてしまいました。

今では、無農薬無科学肥料で手がけていらっしゃる、にんじん以外のお野菜も含め、すっかり八幡農園さんのファンです。

ご縁をつなげてくれた、こちらのポタージュ、見た目はトウモロコシかカボチャのようですが、スプーンで口に含むと、にんじんの新しい魅力がひろがります。

にんじんの土くささ(それも魅力のひとつですが)が全くなく、まろやかで深くて、ほんのり甘くて、まさに衝撃の美味しさです。

Hidamariさんと八幡農園さんの魔法で、絶品に仕上がったにんじんのポタージュ、ともかく一度、お試しください。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-12-18 20:21 | *たべる | Comments(0)

今季最後のぶどう

c0289116_21211627.jpg
今年もたびたびお世話になった、生坂村のはるうた農園さん。

農園のぶどう畑の直売所訪問も、おそらく今季最後。

仰ぎ見ると、ぶどうの葉っぱも、ほぼ黄色に色づいていました。

いっぱいおまけもしていただいた中に、スペシャルなものが。

はるうた農園さんいわく、「このくらいが一番甘くて美味しいんですよ」。

枝についたまま、徐々に熟成して、まさに天然のドライフルーツ。

ちょうど半生の状態で、かじると、ぷちっむにっとして、じょわーっとワインのように発酵した甘味が広がります。

ここまで大切に育てられたぶどう、本当に貴重です。


今年もはるうた農園さんのいろいろな品種のぶどう、思いきり堪能いたしました。

淋しいけれど、来年までの、しばしのお別れ。


さて、明日あさっては、じみじみ通常営業ですが、土曜、日曜日はお休みをいただきます。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-11-08 21:34 | *たべる | Comments(0)

ヤーコン

c0289116_18354133.jpg

安曇野に移り住んで、東京ではあまり目にすることがなかった野菜や果物に、時折出合います。

昨日いただいたヤーコン。

見た目はさつまいも。

でも、皮をむくと、中身は透き通った大根や梨のように、みずみずしく、切るとしゃくしゃく音がします。

堀りたてはアクがないので、生でいけるとのこと。

昨夜は、細切りにしてサラダにし、今朝は、一晩甘酢につけておいたものをいただきました。

日にちが経ったものは、炒めると美味しいらしいので、後日試してみたいと思います。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-11-07 20:23 | *たべる | Comments(0)

落花生も安曇野産

c0289116_22544435.jpg

ふらっと立ち寄った直売所で、私の目をくぎ付けにしたもの。

先日の、信州産のくるみ(のちに、池田町の農家さんがつくっていらっしゃるのだと教えていただきました)に続き、穂高産のピーナッツ。

生の落花生ではなく、どうやらゆでてあるように見えます。

つまり、殻をむけばそのまま食べられるということ。

喜び勇んで持ち帰り、以前から試したかったピーナッツバターづくりに挑戦。


先日、別の直売所で買った生の落花生に比べると、かなりの小ぶりで、殻をむくのに時間がかかりました。

炒って、味つけをして、フードプロセッサーにかけて。

ペースト状になったピーナッツのクリームをトーストに塗って、いざ試食。

市販のピーナッツバターとは別物ですが、ピーナッツの香ばしさと、ちょっと青くさい、フレッシュな風味が鼻を抜けて、なかなかいけます。

まだ改良の余地はありますが、いずれお披露目できるといいな。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-10-30 23:00 | *たべる | Comments(0)

落花生の兄弟

c0289116_20115794.jpg
直売所で出合った、巨大落花生。

旬が短いので、迷わずに購入。

私の人差し指と比べても、こんなに大きいの!

少しの塩で固めにゆでたら、ほくほくとして、ほんのり塩味、生落花生だからこその、土の豊かな風味。

ほら、立派なおやつの出来上がり。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-10-16 20:21 | *たべる | Comments(0)

フルーツ王国の証

c0289116_20115688.jpg

この時季の買い物は、時間もお金もかかります。

と言っても、私にとっては、嬉し楽しのひととき。

じみじみに使う食材に関わるものであれば、お仕事とも言えますが、旦那に言わせれば、「ほとんど趣味みたい」なもの。

悩みながらも、あー信州に移住して良かった、と改めて実感します。


今日も、知人に送るふるさと便の調達も兼ねて、直売所巡り。

ぶどうのはるうた農園さんでは、試食とおしゃべりに興じて、つい長居を。

『雄宝』『ナチュベアマリー』といった、珍しくて販売されていない品種を味見できるのも、畑の中にある直売コーナーならでは。

c0289116_20134395.jpg

ほかの直売所では、農家さんのお名前のついたレアな品種のりんごを手に入れることができました。

写真以外でも、りんごは『秋映』や『ピッコロ』などなど。

ちなみに、今週末の『安曇野さんぽ市』では、今年も、りんごのまるちゃん農園さんと、はるうた農園さんも一緒に出店予定。

どちらも、美味しい試食がたくさん出されると思います。

どうぞ、お楽しみに。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-10-10 20:28 | *たべる | Comments(0)

野菜っておもしろい

久しぶりに、大町市の八幡農園さんにおじゃまして、無農薬・無化学肥料の野菜を購入してきました。

今日の個性的な野菜は、こちら。
c0289116_20122440.jpg


下の小さく見えるモロッコいんげんは、実は普通のサイズ。

上に横たわる巨大いんげんも、モロッコいんげんの仲間らしいのですが、「味比べしてみてください」とのこと。

軽く蒸して、ほんの少し自家製の二年味噌をつけてかじったら、甘さが際立って、手でつかんでぽりぽり止まらない美味しさ。

c0289116_20163587.jpg

そして、紫大根の間引き菜は、菜っぱも美しい紫色。

試しに生で大根の赤ちゃんの部分をかじったら、すでにしっかり辛みがある!

涙が出ました。

でも、こちらも軽く湯がいてみたら、辛味が甘味と旨みに変身。

かつおぶしだけで、十分風味としゃきしゃき食感を楽しむことができました。

他に、じゃがいももたくさん持ち帰ったのですが、おやつにどう活かすか、考えを巡らすのもまた、楽しみのひとつ。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-10-02 20:22 | *たべる | Comments(0)