ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

石油ストーブのある生活

c0289116_21504696.jpg

最近友人に譲ってもらった石油ストーブを点けてみました。

夫婦共に、石油ストーブへの点火は人生初!

どこを開けてマッチの火を寄せるのか、そんな基本的なことからスタート。

ようやく点火したら、あの独特の臭いが二階まで漂い、大丈夫なのか心配になりました。

それでも、見よう見まねでやかんを置いたところ、しゅんしゅんと湯気が踊るさまがなかなか乙なもので。

なぜだか「信州の冬」を実感しました。

ところで、昨日の藁のタワーは、三九郎という小正月の行事の準備ではないか、とのコメントをいただきました。

ありがとうございます!

まだまだ未知の世界が広がる、じみじみ夫婦の信州生活。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2013-12-17 21:52 | Comments(2)
Commented by 上田のみっちゃん at 2013-12-18 06:45 x
撮影用かもしれませんが、カーペットの上に置かず、直接床に置いたほうが安全です。新聞紙もだめ。やかんは、ふたを取って、ふきこぼれに注意。暖かい冬を過ごしてくださいませ。冬はこれからが本番です。
Commented by terukuni88w195 at 2013-12-18 20:50
さすが、みっちゃんさん、鋭いですね。あのあとちゃんと場所を移動しましたよ☆やかんは、いい感じでふきこぼれずに湯気だけでていました。でも、慣れないからこそ、気をつけなきゃいけないですね。ありがとうございます!
<< 年末年始の営業は。 イベント明けの青空 >>