ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

安曇野スタイル初日

c0289116_21162262.jpg

ついに始まりました『安曇野スタイル2014』。

じみじみを開店して1年、イベント自体はだいぶ慣れてきたのですが、他店カフェ内での自らの販売は初めて。

自宅からお皿やカトラリーを運び入れるのに、意外と手間取りました。

でも、自分の焼いたおやつを間近で食べていただけるのを眺めるのは、やっぱり嬉しいものです。

しかも、普段は冷えたままの状態でお渡しすることの多いパイやマフィンを、自ら温めて、自分で選んだお皿に載せてお出しするのは、責任もあることだけど、楽しくもあります。

今回、ぶんがさんのおかげでそれが体感できて、ありがたいです、ほんとに。


スタイル初日、お馴染みのお客様が何人もいらしてくださって、なんだかほっとしました。

明日は、三連休の初日。

あいにくの雨の予報ですが、ぶんがご夫婦と私と、3人でお待ちしています。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-10-31 21:31 | *おでかけじみじみ | Comments(2)

いよいよ安曇野スタイル

c0289116_2136679.jpg

あと1つ寝ると、安曇野スタイル。

何とか初日のじみじみカフェのメニューも決まりました。

あとは、明朝、パイを焼いて出かけるだけです。


4日間、通勤する先は、池田町のパン屋bungaぶんがさん。

実は他にも2ヶ所、じみじみが展示販売される場所があります。

1ヶ所は、穂高神社近くの『クラフトショップ安曇野』、こちらは一年中置いています。

もう1ヶ所はスタイル期間限定、穂高有明にある『摘み草』です。
c0289116_21541358.jpg

旧旅館だった建物で、文化財と見紛うばかりの重厚な佇まいと、周囲の渓谷の紅葉が見事です。

いろいろな分野の作家の方々の作品の中に、ちょこっとじみじみが置かれています。


今年はお客様をお迎えする側なので、他の参加者の方々の会場は観ることはできませんが、安曇野スタイル10周年記念にふさわしい、充実したイベントになりそうです。

どうぞ、この機会に、秋の安曇野をゆったり堪能してください。

あ、松川村の自宅店舗はお休みですので、お気をつけくださいね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-10-30 22:01 | *おでかけじみじみ | Comments(0)

安曇野スタイルに向けて③

c0289116_21253327.jpg

じみじみにとっての安曇野スタイルの会場、池田町にあるパン屋のbungaさん。

昨日に引き続き、今日もbungaさんに行ってしまいました。

すでにbungaさんが、じみじみ用の販売スペースを用意してくださってます。

安曇野の一大イベント初参戦の私たちにとって、うちで一緒にやろうよと声をかけてくださったことが、どんなにありがたいか。

それに、個人的にもファンであるbungaさんに4日間も通って、毎日石窯でこんがり焼いたパンたちと一緒にいられるなんて、それだけで幸せです。

いろいろ心配もあるけど、わくわく感もいっぱい。

bungaさんの足を引っ張らないように、しっかり準備をしなくちゃ。


さて、今週は明日1日だけの、自宅店舗営業です。

ガーデン部分は、コスモスが残り少なくなりましたが、赤と緑と黄色の葉っぱが仲良く共存して、いい感じです。

ちいさな秋の庭と、2階の干し柿のカーテンもお楽しみください。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-10-29 21:43 | *限定じみじみ | Comments(0)

安曇野スタイルに向けて②

c0289116_21543636.jpg
c0289116_21543648.jpg
bungaさんでのじみじみカフェメニュー用に、かぼちゃのペーストをたくさん仕込みました。

そういえば、世の中はハロウィンシーズンですね。

このかぼちゃは、『かぼちゃ四人衆』(固めのビスケットです)や、多分、ようかんに変身する予定です。

ようかんは、もちろん、カフェにて召し上がれます。


そして、このタイミングで、『玉ねぎみそぼー』に続く定番商品になりそうなクラッカーが誕生しました。

先日こっそり販売してみたところ、何人かのお客様からまた食べたいとのリクエストをいただいたので、再登場させました。

じゃがいも生地に、たっぷりの胡椒が練り込んであります。

胡椒は、ご存知、島内にあるカンボジア料理のお店「こーさんのうち」で販売している、本場カンボジアの貴重なもの。

辛すぎず、風味が豊かで深い味わいのする胡椒で、このためにわざわざ胡椒用のミルを購入しました。

毎回、生地を作るときに直接ミルから挽き立てを入れています。

辛すぎが苦手な方でも大丈夫な、ぎりぎりの量にしてます。

こちらのクラッカーも、bungaで販売いたします。


安曇野スタイルまで、あと3日!


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-10-28 22:13 | *限定じみじみ | Comments(2)

安曇野スタイルに向けて①

c0289116_2203516.jpg

金曜日からの『安曇野スタイル』に向けて、一つひとつ、準備をしています。

4日間、bungaさんのカフェスペースで、いつものじみじみクッキーと生菓子を販売します。

さらに、じみじみカフェ(仮?)としてbungaさんのカフェメニューに、じみじみのおやつも加えていただくことになっています。


今日はせっせと『じみトリュフ』をつくりました。

夏場はお休みしていましたが、最近復活。

じみトリュフは、名指しでリピートしてくださる方が多いおやつです。

大人のチョコ風味、というところが好まれる理由なのかもしれません。

チョコレート自体は混ぜていないので、油や砂糖、添加物は入っていません。

bungaさんの深煎りコーヒーとも相性がいいのではないかと思っています。


手前の小さなトリュフは、残ったペーストをこそげて丸めた、作り手だけのお楽しみ。

もちろん、大切な試食という名目で、残してあるのです。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-10-27 22:10 | *限定じみじみ | Comments(0)

次の週末は『安曇野スタイル』

c0289116_21505245.jpg

久しぶりの4日間営業最終日。

最近、じみじみガーデンを誉めてくださる方が増えて、専属庭師?の旦那もさらに気合いと気持ちを込めて手入れをしています。

庭のあちこちで小さな紅葉が見られて、散策もちょっとした楽しみ。

昨秋の初霜により、一晩で全滅したヒメツルソバも、無事に秋を迎えました。



さて、ついに5日後に迫った『安曇野スタイル』。

今日も1日、ひたすらクッキーを焼き、生菓子の仕込みを始めました。

スタイル期間中は、自宅店舗は休みにして、4日間とも池田町のパン屋『bunga』さんに出張します。

カフェスペースで、普通にじみじみを販売するだけでだけでなく、生菓子をその場で提供する予定です。

つまり、bungaさんのパンや飲み物と一緒に、じみじみのおやつも召し上がれるんです。

スコーンやじみマフィン、ビスケットパイも温めて、私のおすすめしたい状態でお出しできるかなと思ってます。

今は、スタイル期間限定のメニューを練っているところです。

さて、販売とカフェ、両方きちんとできるかな。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-10-26 22:10 | *おでかけじみじみ | Comments(0)

干し柿、途中経過

c0289116_19551874.jpg
c0289116_19551889.jpg
10日ほど前に、人生初の干し柿作りに夫婦で挑戦。

ベランダの軒下に大切に吊り下げ、朝な夕なにご機嫌を伺ってきました。

とにかくカビに注意をしなければならない、と皆さんからアドバイスを受けています。


熟しを促すのとカビ避けの効果もあると聞く、柿のもみほぐし。

そろそろやってもいい頃かな。

おそるおそる柿の側面を押してみると、かなり柔らかくなってます。

写真でもわかるように、指がぐっと入るくらいです。

すべての柿をもみもみし終わると、指と見上げていた首が痛くなりました。


・・・どうしても我慢できずに、一つ味見を。

外側はしわしわですが、中を割ってみると、温泉卵のようにどろっとしてます。

吊るし柿に仕立てたときは、口に入れてられないほどの渋みがあったのに、びっくりするくらいの甘みが口いっぱいに広がります。

初心者としては、これで十分満足なのですが、やはりしばらくはこのまま様子を見ていくべき、でしょうね。

完成までに果たして残っているかどうか。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-10-25 20:33 | *たべる | Comments(0)

芍薬堂さんとコラボ

c0289116_2114227.jpg

いつも、漢方薬局芍薬堂さんに納品している猫さんクッキー。

先日初めて、芍薬堂さんで大人気の『魔女チャイ』を混ぜこんでみたところ、おかげ様で魔女チャイファンの方々に喜んでいただいたようで、

正式に、芍薬堂さんとのコラボ商品として売り出すことになりました。

とは言え、二種類の味を詰めた猫さんのセットは、芍薬堂だけでの限定商品。

じみじみ店舗では、別の型での販売になります。

今回コラボ商品としてレシピを確定するために、芍薬堂さんに、魔女チャイを特別に細かく粉砕していただきました。

なので、より一層チャイのスパイスの味と香りが引き立つクッキーに仕上がっていると思います。

とにかく、焼く作業の前、材料を量るときから焼き上がったあと、さらには夜まで、チャイの残り香がしっかりと。

チャイ好きの私には、なんとも幸せな、役得を感じるクッキー。

是非お試しください。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-10-24 21:46 | *限定じみじみ | Comments(0)

庭も衣替え

c0289116_2151792.jpg
c0289116_2151742.jpg
天気予報がはずれたおかげで朝方に雨が上がり、日中は数日ぶりにお日さまが顔を出しました。

じみじみ旦那も、植物の世話をしていると必ず訪れる、季節の変わり目の儀式に取りかかりました。

つまり、まだつぼみや咲いている花があるにも関わらず、根元から抜いたり、枝を落としたりする、あの、ちょっとばかり勇気のいる作業のことです。

庭師一年目の旦那は、初めての別れの儀式に若干の罪の意識を感じているみたい。

今年の夏、ずっとじみじみガーデンを彩ってくれた夏の花、コスモスや朝顔、かぼちゃ、フウセンカズラ、トレニア等々。

でも、いつまでもそのままにしておく訳にはいきません。

旦那が新たに土をほぐし、枯れた枝や葉を混ぜたところに、昨日買ってきたビオラやパンジーを植えました。

新しいじみじみガーデンの住人たち、霜や雪が来るまでしっかり庭を飾ってね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-10-23 21:22 | *じみじみガーデン | Comments(0)

今年の綿花

c0289116_21131860.jpg
c0289116_21131832.jpg
昼間でも10度くらいまでしか気温が上がらず、ついに本日、灯油を買いました。

ヒーターも押し入れから出して、定位置にスタンバイ。

スイッチを入れるのは、明日か明後日か。

そんな初冬のような冷たい雨が降るじみじみガーデンでは、今頃になって綿花が密やかに花を咲かせています。

今年のクリスマスには、ウッドデッキ周りにツリーの如く綿ボールの木でいっぱいにする、という目標がありましたが、それは叶わず。

何とか一本だけ生き残って、いくつか開花しました。

ピンクの花は、先日、白い花が一晩たって変化したもの。

白もピンクも、今年は咲かなかった茶色も、綿の花はいずれもたたずまいが美しいのです。

うっとり見入ってしまいます。


さて、明日木曜日から日曜日までは、なんと1ヶ月ぶりの通常形態での4日営業です。

来週に迫った一大イベント、『安曇野スタイル』を視野に入れつつ、はやる気持ちを抑えて、ゆったりとお客様をお迎えしたいと思います。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-10-22 21:25 | *じみじみガーデン | Comments(0)