ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

カテゴリ:*おでかけ( 130 )

はるうた農園さんのぶどう

c0289116_17222120.jpg

台風による大雨予報が出ているなか、生坂村のはるうた農園さんのぶどう畑におじゃましました。

目的はもちろん、旬を迎えたぶどうたち。

昨年出合い、あまりの美味しさにすっかりファンになってしまった、はるうたさんちのぶどう。

実家の両親共々、一年間楽しみにしていました。

味見用に並んでいたのは、濃い紫色、まだら模様の赤紫色、若葉のような黄緑色など、摘みたてのぶどうが6、7種類。

ぶどう棚の下で頬張る一粒の味はまた、格別!

豊かで奥深い甘みで、皮までしっかりその味わいを楽しめます。
c0289116_17303252.jpg

迷いに迷った末に購入したのは、『ナガノパープル』『シャインマスカット』と、珍しい淡い色合いが美しい『紅環(ベニタマキ)』。

一年ぶりのぶどうたち、さてどのような仕かけで楽しみましょうか。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-09-20 17:32 | *おでかけ | Comments(0)

hotori-yaさんの個展始まります

c0289116_17172269.jpg

先日ご紹介しました、ろうそく作家hotori-yaさんの初めての個展が、明日から始まります。

これまで何回か、イベントでご一緒したことがありますが、毎回、hotori-yaさんの豊かな感性がひろがるセッティングで、思わずため息が出るほど。

いつも、hotori-yaさんが個展をされたら、きっと素敵だろうなぁと想像していました。

会場全体がろうそくたちと彼女自身の暖かくて優しい灯りに包まれて、足を踏み入れた方々のこころも、ゆったりとたゆたうことでしょう。

私も駆けつけたいところなのですが、会場は東京の浅草なので、それは叶わず。

お近くの方は、是非ともお出かけになって、hotori-yaさんの世界をご堪能くださいね。


⭐ろうそく作家 hotori-ya  初個展 『たゆたうとき』
  9月2日(金)〜4日(日) 12:00~18:00 最終日~17:00
  浅草、余白ギャラリーにて


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-09-01 17:22 | *おでかけ | Comments(0)

hotori-yaさん、初の個展@余白ギャラリー

c0289116_2013178.jpg

じみじみ関係者でも、私を含め、熱烈なファンの多いhotori-yaさんのろうそく。

そのhotori-yaさんの初めての個展が、9月2日から4日まで、東京で開かれます。

場所は浅草、以前イベントでご一緒したこともある、お洋服のお店、yohakuさんの2階ギャラリーです。


hotori-yaさんとのお付き合いは3年前、つくり手同志としてではない、全く偶然の出会いからでした。

お話をしてみると分野は違うけれど、どこか惹かれるものを感じて、埼玉県と松川村で遠距離恋愛?が始まりました。

当時はまだお互いに活動を始めたばかりで、ちいさなじみじみ店舗に、hotori-yaさんのろうそくを少しお預かりして、それだけでも感激でいっぱい、でした。

この3年間で、hotori-yaさんは、少しずつ活動範囲を拡げ、あふれる感性と確かな技術で、草木染めという手法で、唯一無二のろうそくたちを育ててきました。

そんなhotori-yaさんの世界観が余すところなく体現できる個展、素敵じゃないわけがありません。

是非とも、たくさんの方々に足を運んでいただきたいな。


個展のテーマは『たゆたうとき』。

詳しいことは、hotori-yaさんのホームページなどでお確かめくださいね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-08-22 21:36 | *おでかけ | Comments(2)

パステルの魔法

c0289116_22265083.jpg

カフェギャラリー縁縁さんで行われている、松下英友さんのパステル画展に伺いました。

これまでは大作を拝見することが多かったのですが、今回は『小窓の点景』というテーマに添って、ちいさな作品たちが展示されています。

まず、入室して一枚目で目を奪われました。

大木の桜と月が浮かぶ、その空の、なにとも表現しがたい、美しくちょっとさびしげな優しい色。

ため息が出るほどです。

ほかのどの作品も、丁寧に塗り重ねられた色がいろいろな表情を見せていて、ちいさな額縁のなかに、奥深い世界が拡がっています。

そして、今回の作品展では、縁縁さんのギャラリーでしか味わえない、特別の鑑賞体験ができるのですが、、、

それは、実際に会場に足を運んでみてのお楽しみ、ということで。


何はともあれ、会場全体に、松下さんの真骨頂とも言える、パステル画の持つ魔法がかかっていて、ぜいたくなひとときを過ごすことができました。

こちらのパステル画展は、24日(水)まで行われています。


kuniko

[PR]
by terukuni88w195 | 2016-08-16 22:47 | *おでかけ | Comments(0)

信州と新潟の違い、その2

c0289116_21174460.jpg
じみじみの夏旅を終え、無事に松川村へ帰ってきました。

全国的に猛暑日が続いていますが、新潟や長野も例外ではなく、日中は身の危険を感じながらの車の旅でした。

両県の違いは、昨日書いた海の有無と、緑の色、でしょうか。

平野の真ん中を走り抜けるとき、新潟はひたすら田んぼが続きますが、その稲の緑色が濃い気がします(写真は新潟の一面の田んぼ)。

山道もしかり。

木々が濃厚な緑色で覆われ、重みを感じます。

長野は田んぼだけではなく、畑も同じように広がっているからなのか、緑色にもグラデーションがあって、山々も黄緑色が混じり、優しい色合いのような気がします。

あくまでも、じみじみ夫婦の印象ですが。

たまに外に出てみると、普段見えてなかった景色が見えてきて、特徴を再認識できるので、旅も良いものですね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-08-07 21:36 | *おでかけ | Comments(0)

太陽と海

c0289116_2325376.jpg
じみじみの夏休み3日目。

ずっと会いたかった友人との感激の再会は、話が尽きずに、午前中の予定が3時ごろまで続きました。

実は、お仕事の相談も兼ねていたのですが、内容については後日のお楽しみとして。


そのあと、3日目の目的地目指し、新潟市から上越まで、一般道をひた走りました。

長野と新潟、お隣の県ですが、一番の違いはやはり、海があるかないか、でしょうか。

海の見える風景というのは、ふるさと鹿児島で慣れているはず。

でも、目がくらむほどの巨大な光の塊が、日本海の水平線のかなたに沈んでいく様子は、同じ国とは思えない、別世界の景色のようでした。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-08-06 23:18 | *おでかけ | Comments(0)

出迎えてくれたのは

c0289116_21401730.jpg
じみじみの夏休み2日目。

今日もあちこち寄りながら、ひたすら北上しました。

とにかく広い新潟県。

道路マップとタブレットのナビを膝に乗せながら、いくつもの市や町を通り抜けていきます。

本日の目的地は、村杉温泉。

全国的にも珍しい、薬効高いラジウム温泉です。

旅館のお部屋に案内していただいたら、テーブルの上に、こんなサプライズプレゼントが!


実は、今回の新潟旅、東京にいた頃からの永いお付き合いの友人を訪ねることが、一番の目的。

実際に会うのは明日なのですが、お宿のかたのご厚意もあって、友人のプレゼントをお部屋にセットしてくださったようです。

会うのが約5年ぶりということもあり、3年遅れのじみじみ開店祝と、ちょっと早い私の誕生日プレゼント!

・・・感激しました。

長いドライブの疲れがふっ飛びました。

遠くで応援してくれるひとへの感謝の気持ちを忘れずに、ひたむきにじみじみを続けていかなくては、、、と改めて感じました。



kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-08-05 21:59 | *おでかけ | Comments(0)

マクロビの夕ごはん

c0289116_22153499.jpg

c0289116_22163523.jpg

じみじみの夏休み初日。

いつものように、運転が少々苦手な旦那と、ナビが少々苦手な店主の珍道中。

目的地方向と逆に走ったり、景色のよい道を選んだら、実は片方崖すれすれの、遊園地のアトラクション気分を味わえる道だったり。

無事に、新潟の松之山温泉にたどり着けて、良かった。

今回のお宿は、とても楽しみにしていた、マクロビごはんがいただける温泉宿です。

前菜からデザートまで、完全マクロビのフルコース。

暑い中の車での長旅にはぴったりの、優しくて力強い、まさしくからだも心も喜ぶごはんでした。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-08-04 22:23 | *おでかけ | Comments(0)

鷹狩山で避暑?

c0289116_21421047.jpg
c0289116_21421012.jpg

c0289116_21421092.jpg
午後、納品のために大町市を訪れたのですが、強烈な日差しにノックアウト。

突然、旦那が「山の上に行けば少しは避暑できるはず」と言い出し、山岳博物館を通って鷹狩山へ車を走らせました。

駐車場で車を停め、うっそうと繁った散策道を歩いていると、ヒトじゃない生き物に出合いそうで、少しびくびくしました。

でも、木陰は下界とは違う風が吹き抜けて、清涼感が漂います。

山野草がかれんな花を咲かせていたり、道の真ん中に、明らかに怪しげなキノコが現れたり。

少し湿った土の上をゆっくり踏みしめながら、登ったり下ったり。


散策の途中、鷹狩山の頂上からは、先日の光城山とはまた違った北アルプスの山々を拝むことができました。

歩いたのは一時間くらいでしたが、少し汗をかくくらいの、ちょうど良い運動になりました。

肝心の避暑も、、下界にいるよりはできたかな。



kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-07-11 21:50 | *おでかけ | Comments(0)

動物王国展

c0289116_20142325.jpg

23日にトットちゃん広場がオープンする、最近話題のちひろ美術館に、久しぶりに行って来ました。

ちょうど企画展では、あべ弘士さんの動物王国展が開かれていました。

旭山動物園の飼育係から絵本画家となった、異色の経歴をもつあべさん。

まさに。

キャンバスからはみ出すくらいに生き生きと描かれた動物たち。

うっかり目を離したすきに、動き出してしまいそう。

あべさんがいかに動物のことが好きで、動物たちの気持ちに寄り添っているかが、絵とそえられた文章でよくわかります。

動物たちと仲良くなる方法を知っているあべさんのことが、なんだかうらやましくなりました。


企画展の建物の入り口で出迎えてくれた、おおかみたち。

あべさんのおかげで、帰り道では愛らしく感じました。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-07-04 21:29 | *おでかけ | Comments(0)