ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

カテゴリ:*つかう( 37 )

あったかい。

c0289116_21183244.jpg

友人から、手編みの手袋が届きました。

「まだまだ続く寒い日を元気に乗りきってね」のメッセージ付き。

編み物も洋裁もお料理も、とにかく手先が器用で、魔法の手を持つ彼女。

何気ないタイミングで、ぽん、と封筒に入れて、手づくりのプレゼントを送り届けてくれます。

一見素っ気ないけど、さりげない優しさに、これまでどれだけ励まされてきたことか。

彼女自身がきつい状況にあっても、私が困っていると、遠くからふっと背中を押してくれて。

いつもありがとね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2015-01-06 21:27 | *つかう | Comments(0)

新しいポーチ

c0289116_2131465.jpg

大切な方にじみじみを贈りたい、とご注文をいただいて、先日クッキーの詰め合わせをお送りしました。

その送り先のお客様から、注文された方を通じて、お礼にとお手製のポーチをいただきました。

私の好きな色合いで、お客様の優しさがこめられたような、柔らかな肌触りのポーチです。

何を入れて持ち歩こうかな。

思いを巡らすだけで、気持ちまで暖かくなりました。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-12-05 21:08 | *つかう | Comments(0)

新しいマグカップ

c0289116_21445173.jpg

先日、迷って迷って、やっぱり欲しくて手に入れたマグカップ。

田中一光さんという陶芸家の作品です。

まず惹かれたのが、濃い焦げ茶のような、深いボルドーのような、なんとも言えない、暖かい色合い。

絶妙の位置にさりげなく付いている取っ手に指を入れ、すっと持ち上げると、

大きめの器からすると意外なほどに軽いのです。


あぁ、このカップに、最近はまっているカフェオレをたっぷり入れて、ゆったり味わいたい・・・

と想像したら最後、我慢できませんでした。

で、今は我が家の食卓の仲間入り。


購入したのは、穂高有明にあるペンギンハウスギャラリー。

24日まで秋の北欧スタイル手工芸展を開催しています。

ほかにも、目と心が喜ぶ作品が目白押し。

ちょっと山の方に入りますが、一見の価値おお有り、です。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-11-20 21:49 | *つかう | Comments(0)

木っ端のプレゼント

c0289116_20462778.jpg

木工職人のお客様から声をかけていただき、旦那が作業小屋を訪ねてきました。

旦那曰く、まさにお宝の山。

最終的には薪の材料になってしまうから好きなものをどうぞ、と言われ、たくさんの木っ端を持ち帰りました。

素人の私たちには何の木かはわからないのですが、しかるべきところで買ったら、さぞやお高いでしょうと思われる板や棒がたくさん。


ちなみに、一番大きな木っ端(?)は写真右の切り株。

別のお客様にいただいた姫りんごの枝を載せてみました。

旦那も制作意欲が湧いてきたようで、いただいた木っ端で何ができるか、これから楽しみです。

kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-09-05 20:58 | *つかう | Comments(0)

甥っ子からのプレゼント

c0289116_22333636.jpg
福岡に住む小学五年生の甥っ子から、こんなビッグプレゼントが届きました。

写真だとあまりにきれいなので、素材が何か分かりにくいと思いますが、アイロンビーズでできています。

専用の小さなビーズを並べてアイロンをかけると、熱でビーズが溶けてくっつくというアイロンビーズ。


このプレートは、なんと、横が27センチ、縦が13センチ!

こんな大作、今まで見たことがありません。

しかも、上のイラスト部分は、じみじみのショップカードのイラスト部分を再現してあるんです。

・・・包みを開けた時、全く予想していなかったプレゼントを目にして、つい感激で目頭が熱くなってしまいました。


かわいい甥っ子からこんな贈り物をされたら、伯母さんとしては、じみじみおやつ、頑張らないわけにはいきません。

大切に額縁が何かに入れて、じみじみ店舗の神棚?に飾ろうと思います。


kuniko

 
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-08-09 22:41 | *つかう | Comments(3)

ちいさいおうち

c0289116_21134746.jpg

子どもの頃から好きな絵本『ちいさいおうち』。

豊かな自然に囲まれて幸せだったちいさいおうちが、次第に近代化の波に飲まれて弱ってしまうけれど、新しい引っ越し先で、再び穏やかな暮らしを取り戻す、というお話です。

子ども心に、都会というのはいいことばかりじゃないんだなと感じました。

そして、花や緑に囲まれて、水や空気のきれいなところに住んでみたいなと、かすかな憧れを抱いたのを思い出します。

あれ?もしかして、その憧れは現実に?


だから、という訳ではないのですが、最近ちいさいおうちを2つ手にいれました。

左は、先日マルシェでご一緒した、カレンさんの羊毛フェルトのおうち。

右は、昨日白馬の『オーナメント工房』さんで出合った、木のおうち。

写真では分かりにくいのですが、穴のあいた煙突部分にペンを立てられます。

おうちの小物って、なぜか和みますよね。


さて。明日1日から6日まで、初めて6日間連続で店舗営業いたします。

ゴールデンウィークだから、と企画してみたのですが、大丈夫かな。

息切れしないように、ぼちぼちやりますので、よかったら遊びにいらしてください。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-04-30 21:49 | *つかう | Comments(0)

みつろう石鹸

c0289116_2113283.jpg

昨日出店した大町市の文化商店、SunRockさんでの36マーケットにて、みつろう石鹸のワークショップに参加しました。

みつろうとは、蜜蜂の巣を溶かして固体に戻したものだそうです。

石鹸は、それにパーム油や温泉の湯などを混ぜてこねて作ります。

その作業は、まるでお菓子の生地作りみたい。

なので、講師のみつろうメエさんのアドバイスを参考に、渦巻きクッキーの要領で、三色の生地をのり巻き状にしてみました。

一日たってしまいましたが、先ほど、包丁でのり巻きをカット。

いかがでしょう、ちゃんと渦巻きに見えるかな。

ちなみに、黄色はカレンデュラ、緑色は乾燥よもぎ、ピンクは湯の花で色付けしてあります。

1週間ほど乾燥させれば、無添加の、肌に優しい天然石鹸の出来上がり。

洗ったあとも、しっとりするそうなので、使うのが楽しみです。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2013-07-16 21:18 | *つかう | Comments(0)