ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

カテゴリ:*じみじみガーデン( 108 )

このつぼみ、誰でしょう?

c0289116_2047843.jpg
c0289116_2047927.jpg
始まりは一年前頃だったでしょうか。

庭の片隅に、ひょろんとした緑色の棒が出現しました。

葉っぱもほとんど出てこないし、横にはびこる訳でもないし、背丈も50センチほど。

「あれは一体なんだろうね」と忘れた頃に話題にのぼる程度の存在。

きっと冬の間に、雪の重みで倒れてしまうだろうと思っていました。

ところが。

暖かくなって急激に背が伸び、たちまち2メートル以上に。

しかもよく見ると、ゆらゆらした枝のあちこちに、葉っぱと共に、小さなつぼみらしきものがくっついているのです。

どんな花が咲くのか、とっても楽しみなのですが、君はいったい誰なの?


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-04-18 21:25 | *じみじみガーデン | Comments(2)

白菜の菜の花

c0289116_21172567.jpg
c0289116_21172539.jpg
何回かブログに登場している、我が家の白菜。

先日、「白菜」としての旬を過ぎ、花が咲いたことを書きました。

このところの暖かさで、つぼみがどんどん増えてきて、気づいたらこんな姿になっていました。

もはや、白菜の面影はありません。

このまま全てのつぼみが開くまで待っていてもいいのですが、やはり、野菜としての役割を果たしてもらうのがいいかなと思い、思い切って摘んでみました。

一つの苗から、こんなにざるいっぱいの菜の花が!

しかも、売っている菜の花と変わらぬ、いえ、それ以上に、柔らかくて艶のいい「菜の花」です。

軽く火を通しておひたしのすると、すがすがしくて澄んだ味がしました。

ちなみに、白菜や小松菜、キャベツなどのアブラナ科の野菜の花は、それぞれ菜の花と言うらしいです。

こんな菜の花、東京の八百屋さんではお目にかからなかったなぁ。


今週の営業は今日までです。

来週の営業中に、桜も開花するかな。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-04-03 21:44 | *じみじみガーデン | Comments(0)

我が家のムスカリ

c0289116_20551216.jpg

安曇野辺りで現在、花壇や道端を彩っている花は、水仙やパンジー、ヒヤシンス、菜の花など。

黄色や紫色が多いせいでしょうか、どこへ行っても目を引き、春が来たことを強烈にアピールしているように見えます。

なのに、今年もじみじみガーデンはスローペース。

水仙やヒヤシンスは、葉っぱはかなり出てきましたが、つぼみらしき膨らみはまだ見えず。

沈丁花はようやく半分ほど開花。

最近購入したビオラだけがのびのびと色と香りを放っています。

そんななか、ウッドデッキ下に隠れるように青紫の姿を見せていた、2輪のムスカリを発見。

ちょっと栄養失調気味で背も低いひょろひょろさん、何だか子どものころの自分を見ているようです。

でも、ようやく咲いたお気に入りの花、嬉しくなりました。


それにしても、近所のお庭では、ムスカリだけで青紫の花束ができるくらい、群生しているのですけれど。

やっぱり、お楽しみはゆっくりと、ですかね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-03-31 21:20 | *じみじみガーデン | Comments(0)

白菜の花

c0289116_2211577.jpg

c0289116_2211561.jpg

昨年秋、野菜農家さんに2つだけいただいた白菜の苗。

旦那が、自家製コンポストの真ん前という特等席に植えたのですが、はっきりした育て方もわからないまま、虫の食料になり、雪に埋もれ、それでも体格だけは一人前に育ちました。

先日、味見だけはしたいと思い、元気な葉っぱを数枚収穫し、浅漬けみたいにして食べたら、柔らかくて甘味もあってなかなかの美味しさでした。


そのままにしておくと花が咲くよと聞いたので、楽しみにしていたところ、こんな花が顔を出しました。

菜の花みたい。

ちなみに、知り合いにごちそうになった白菜の花のお浸しは、苦味もなくて美味しかったです。

きちんと結球はしなかったけれど、これはこれで良かったような。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-03-30 00:02 | *じみじみガーデン | Comments(0)

沈丁花咲きました

c0289116_2130874.jpg

じみじみガーデンにたたずんでいると、風に乗ってかぐわしいあの香りが。

そう、沈丁花です。

今年の冬は出だしが暖かかったので、確か年末からずっと花芽をつけたまま年を越しました。

ようやくここのところの昼間の暖かさのおかげで、つぼみが開いたようです。

あの独特の上品で甘い香りだけじゃなく、白とピンクの星の形の小さな花が子どものときから好きでした。

しかもこの沈丁花は、その、幼少時から愛でてきた鹿児島の実家から挿し木で移住してきた大切な花。

先日も帰省しましたが、今はその実家はなくなり、両親もマンション暮らしなので、育った家の形見のようなものです。

今年も咲いて良かった。


さて、明日はソルンテさんの展示会最終日。

午後に会場の『R』さんに伺う予定です。

じみじみクッキーは明日も朝10時から販売していますので、良かったらお出かけください。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-03-21 21:40 | *じみじみガーデン | Comments(1)

お車はこちらへ

c0289116_1493327.jpg

雪がなくなり、車を停める場所がはっきりしたこともあって、旦那が看板をつくり直しました。

とは言っても、Pの部分はまえのものを流用したのですが。

でも、はしご状の部分は、知り合いにいただいた木っ端の山の中から旦那が探し出して、いつか使おうとねらっていたみたい。

今朝、何気なく駐車スペースを見たら、以前からそこにあったかのように堂々と鎮座していました。

これで、少々の風や雪に倒れてしまうこともなさそうです。

お車でお越しのお客様、遠慮なくこちらの看板めがけて突進してきてくださいね。

kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-02-26 14:19 | *じみじみガーデン | Comments(0)

もぐらもびっくり

c0289116_1714752.jpg

この週末は、全国的に気温が上昇したようですが、安曇野辺りも昼間の気温が約15度!

外でも長袖を腕まくりして平気なんて。

雪がしんしんと、ではなく雨の音がザーザーと響くのも、なんだか久しぶり。

おかげで庭の隅に積まれていた雪の山もかなり小さくなり、ほぼ1ヶ月ぶりに土や地表の草たちが姿を現しました。

ふと見ると、あちこちに、例の不自然な穴が。

数えてみると15個も!

あまりの暖かさに、もぐらたちも散歩しているのかな。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-02-15 17:27 | *じみじみガーデン | Comments(2)

誰の足跡?

c0289116_20385320.jpg

心配していた昨夜からの大雪情報は外れて、今朝から久しぶりに快晴。

雪は増えなかったけれど、解けかかった雪がそのまま凍って、裏道はつるつるです。

車でも、歩いても、注意してそろそろと進まないと危険です。

でも、この足跡の持ち主は、きっと滑ることはないのでしょうね。

真っ白なじみじみガーデンの片隅に、ひっそりと歩いた跡がありました。


ちょっと調べてみたら、よく見かける鳥の足跡には二種類あるようです。

ホッピング(両足を揃えて跳ねる)は主にスズメ、ウォーキング(左右の足を交互に出す)は主にセキレイやムクドリ。

この足跡は、最近時々顔を見せるセキレイさんか、ぽっちゃりのムクドリくんか。

鳥たちは、寒くないのでしょうね。

うらやましいなぁ。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-01-25 20:53 | *じみじみガーデン | Comments(0)

一応、野菜です

c0289116_21111065.jpg

秋口に、野菜農家のかたから白菜の苗をいただきました。

始めは、小さな小さな苗でした。

何せ、白菜みたいな大物は初めてなので、旦那がVIP待遇で堆肥箱の真ん前に植えました。

大きくなるにつれて、葉っぱが美味しいのか、どんどん虫のかじった穴が増えてきました。

せっかくいただいた苗だから、ちょっと虫に引っ越ししてもらったら、と旦那に頼むのですが、「虫さんも大切な庭の仲間だ」という信念を持つ旦那にはできない注文らしく。

結球する前に、葉っぱはなくなっちゃうんじゃないかしら。

仕方ない。

ここまで来たら、このまま行く末を見守りたいと思う、今日この頃。

kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-01-05 21:15 | *じみじみガーデン | Comments(0)

たねのねた

c0289116_1827164.jpg

今年のじみじみガーデンをにぎやかに演出してくれた草や花たち。

役目を終えて、数えきれないくらいの種が、たくさんたくさん採れました。

越してきて1年目は、手入れをしている旦那が手当たり次第に集めた種が、何となく玄関で冬を越したという感じでした。

3年目を迎えた今年は、彼なりのルールで、自ら採取する種と、自然にこぼれ落ちるのを待つ種とに分けたようです。

晩秋の晴れた昼間、ウッドデッキに腰かけて、枯れた朝顔のつるや豆科のさやから、ただ黙々と、一粒一粒種を取り出していた旦那。

来年の春、そんな労力と愛情が実って、また新しい魅力的なじみじみガーデンとなりますように。


さて、明日木曜日から日曜日まで、月火はお休みして、23日(水)から25日(金)までが、今年の残りの店舗営業となります。

明日はどうやら、雪になる模様。

あまり積もりませんように。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2015-12-16 20:20 | *じみじみガーデン | Comments(0)