ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

カテゴリ:*じみじみガーデン( 102 )

ヒペリカム

c0289116_21351893.jpg

朝早くから、久しぶりのまとまった強い雨。

ようやく梅雨らしい一日となりました。

田んぼも畑も庭も、虫も鳥もひとも、ほっと一息。

ヒペリカムも、葉っぱに水玉をのせて、つやつや光っています。

昨秋、知人からいただいたヒペリカム、冬に息絶えてしまったかと心配しましたが、ちゃんと命をつないでくれました。

ヒペリカムは、黄色の花とピンクやオレンジ色が混ざった淡い赤色の実、そしてさわやかな黄緑色の葉っぱが同時に楽しめる、「一粒で三度おいしい」植物です。

ウッドデッキ下の、「ちいさいおにわ」コーナーの特等席にいますので、探してみてくださいね。


さて、明日あさっては、通常の店舗営業です。

土日はイベント出店のため、お店はお休みします。

お時間あるかたは、土曜日は小諸へ、日曜日は松本へ、遊びにいらしてくださいね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-06-21 21:41 | *じみじみガーデン | Comments(0)

双葉がいっぱい

c0289116_22165466.jpg
今年も、うようよ出てきました、西洋朝顔の赤ちゃんたち。

西洋朝顔は、じみじみガーデンに欠かせない植物仲間のひとりです。

毎年、庭のどこに、どれくらい育ってほしいかを旦那と相談しています。

ちなみに、今年は、昨年秋に旦那がある仕込みをしました。

仕込み、と言っても特別なことではなく、種を採らずに、自然に落ちたままにしたということでして。

なので、出てきた双葉たちが、こんなに密集しているのです。

実は、昨年は、じみじみ店舗正面のウッドデッキ前、2階のベランダまで昇るグリーンカーテンに仕立てるつもりだったのに、あまりに舞台が大きすぎたのか、うまく茂りませんでした。

どうやら、双葉がかなり大きくなってから、旦那が掘り返して引っ越しさせたのがいけなかったようです。

今年は、旦那も引っ越しはしない、と決めたみたい。

この混雑ぶりですが、さて、無事に育ってくれるでしょうか。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-05-23 22:28 | *じみじみガーデン | Comments(0)

鳥さん向けのレストラン

c0289116_20524592.jpg
じみじみ旦那の大事な日課のひとつ、庭に遊びに来る鳥さんのごはんを用意すること。

移住して以来、旦那なりにいろいろ試していたのですが、始めの1、2年は立ち寄ってくれる鳥さん自体、あまり多くありませんでした。

ところが、4年目の今年、急に訪問者が増えました。

じみじみガーデンが安全なところだと認識してくれたのか、それとも、好物を用意してくれる場所だという口コミが拡がったのでしょうか。

今の鳥さんたちの一番人気のメニューは、米ぬかを少し水で湿らせた、『米ぬかのしっとりおかゆ風』。

人気である証拠に?、ほら、こんなに食べ散らかしています。

最近では、意外と人見知りの強いすずめたちも、親子連れで来店してくれるようになりました。

来店時、よく見ていると、ママが食器からついばんだ米ぬかを、少し離れた場所で待つ子どもに口移しであげているんです。

それに気づいた旦那、かなり嬉しそうでした。

そして、昨年まではほとんど鳥さんに見向きもされなかったひまわりの種も、なぜか今年は人気メニューに格上げ。

不思議です。

旦那の粘り強さと、鳥さんへの愛情の深さ(もちろん、鳥だけではないのですけれど)に感心しきり、の毎日です。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-05-22 21:13 | *じみじみガーデン | Comments(0)

ナルコユリ、咲いてます

c0289116_19273862.jpg

4月25日のブログでご紹介した、ピンク色の怪しい芽。

おそらく、昨年苗をいただいた「ナルコユリ」かな、と予想したのですが、当たりでした。

これほど生長の早い植物もないのでは、と驚きの、約1週間でつぼみが出現しました。


ナルコユリ、見れば見るほど魅力的なんです。

葉っぱは白い斑入りで涼やか。

花はすずらんのように、ひとつひとつ可憐にぶら下がっているのですが、ベル型の花の先には、若草色の縁取りが。

背丈は30センチほどの清楚な姿ですが、意外と生命力が強い多年草なので、うまく増えていけばグランドカバーにもなるらしい。

昨年いただいたときは、確か2本だったのですが、今年は1本増えて、計3本。

うーん、相変わらずのじみじみペース。

でも、私としてはこれだけで満足感いっぱいなのです。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-05-15 19:48 | *じみじみガーデン | Comments(0)

5月後半から6月のじみじみ予定

c0289116_21181084.jpg
c0289116_21181185.jpg
昨年から突如、黄色い花をつけ始めたエニシダ。

今年も気づけば、背丈3メートルは越えた大物に成長していました。

本来それだけ背高のっぽだと巨木だと思うのですが、幹?だって直径5センチほど、枝も細くてゆらゆらしているので、まるで柳みたい。

大きすぎて、携帯電話の画面には収まりません(撮影の腕もないのですが)。

でも、アップで見ると、花はちょうちょみたいでかわいく、ほんのり甘い香りがするのです。

毎年こうやって、春らんまんの季節をにぎやかに彩ってほしいな。


さて、今週の営業は本日まで、穏やかな4日間でした。

来週からはまたイベントが続きます。

20日(土)、21日(日)は穂高の「みらい」で行われる、恒例の『安曇野さんぽ市』。

27日(土)は、「私の部屋松本店」2階で『くつろぎマルシェ』。

28日(日)は、地元松川村りんりんパークで行われる「5月の風音楽祭」と同時開催のチャリティ古本市で出張販売します。

そして、怒涛のイベント月間が終わったあと、1週間ばかり(6月1日から4日まで)お休みをいただく予定です。

6月も24日(土)の『小諸まちなかマルシェ』など、イベント出店が決まりつつあります。

何よりスケジュールを間違えないようにしなくちゃ。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-05-14 21:47 | *じみじみガーデン | Comments(0)

ピンクのじゅうたん

c0289116_185337.jpg

安曇野でこの時季、ピンクのじゅうたんと言えば、芝桜。

水の入った田んぼや畑の畦道に、芝桜が一面にうねるように咲く様は、見ごたえがあります。

北アルプスをバックに、中央には水田の水鏡、手前が芝桜のじゅうたんという風景は、安曇野の代名詞とも言えます。

でも、じみじみガーデンのピンクのじゅうたんと言えば、タイム。

敷地内入って左側、一面に、といっても幅1メートルにも満たないくらいですけれど。

真冬には雪に覆われ、まさに凍りついたように冬眠しているのですが、春になると、ちゃんと目覚めてくれます。

ひとつの花は、1、2ミリほど。

それがまるく集まって、1センチくらいのふんわりしたボール状に咲きます。

ハーブとして使われる緑の部分と違って、香りはほのか。

でも、この愛らしいピンクの花のボールを眺めているだけで、優しい気持ちになるのです。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-05-08 20:18 | *じみじみガーデン | Comments(0)

サクラサク

c0289116_21412213.jpg
3年前に三郷の知人のお庭から引っ越してきた八重桜。

その頃は、身長1メートルちょっとくらいだったでしょうか。

旦那が懸命に根を切らないように掘り上げ、軽自動車の座席に座らせて、運んできました。

当時、背の高い植物が全くなかったじみじみガーデンに仲間入りした、唯一の木の子どもでした。

今では身長2メートルほど。

まだ花数は少ないし、ひょろひょろと細い幹を伸ばしているやせっぽちですが、毎年、ちいさなぼんぼりのような花を開かせる、けなげな娘?です。

明日で、じみじみ夫婦が松川村へ越してきて、ちょうど丸4年。

これからも、我が家の庭のシンボルとして、しなやかに育ってほしいな。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-05-01 21:58 | *じみじみガーデン | Comments(0)

ピンクの芽の正体は

昨日のピンク色の芽のお話の続き。

夜遅くに、ふと思い出したのは、昨年知人からいただいてきた『ナルコユリ』。

花が咲くころの姿とあまりに違うので、思い起こすのが難しかったなぁ(と、言い訳)。

大人になったナルコユリは、こんな感じ。
c0289116_1052407.jpg
(出典『ヤサシイエンゲイ』)

調べてみると、多年草で繁殖力が強いので、地下茎で増えていくようです。

なるほど。

育っていくのが楽しみです。


さて、明日から日曜日まで、今週は通常営業となります。

午前10時ごろから夕方5時ごろまでひらいています。

お散歩しながら、ゆったりお休みにいらしてくださいね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-04-26 10:55 | *じみじみガーデン | Comments(0)

ピンクの芽が出てる

お店が休日のときの楽しみのひとつ、狭い我が家の庭をじっくり見回ること。

一気に春モードに突入するこの季節、どこもかしこも一斉に芽吹いてきます。

昨日まで落ち葉しかなかったところに、突然芽が出ていたり、枯れたかと思っていた茶色の棒の先に、緑色の新芽がぽちっと顔をのぞかせていたり。

今日の発見は、こちらの薄いピンク色の芽。
c0289116_2204261.jpg


じみじみ専属庭師の旦那いわく、昨日までは気づかなかったとのこと。

二人で、あの辺りに昨年まで何が植えてあったっけ?と記憶を呼び起こしてみたりして、一時、話題に。

でも、推理してみるに、もしかしたら、みょうがかも?

あの色と形、そして1メートルほど離れたところに、昨年までみょうがが生えていた、という事実。

おそらく何日か経てば、正体はわかると思うので、後日、ご報告いたします。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-04-25 22:05 | *じみじみガーデン | Comments(0)

一本だけの、

c0289116_2137502.jpg

春の訪れを告げる植物の代表格、つくしんぼ。

今日まで気づかなかったけれど、昼間、我が家の庭に、たった一本だけ、伸びているのを見つけました。

つくしんぼは、群生しているより、ひとりですくっと立っているほうが、いいな。

地味だけど、芯はしっかり、春を告げるという自分の役割をこなして。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-04-20 21:49 | *じみじみガーデン | Comments(0)