ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

カテゴリ:*花とみどり( 68 )

沈丁花、冬眠中

c0289116_18591148.jpg

今の季節、咲いている自生の花がほとんどない、じみじみガーデン。

これから数ヶ月続く霜と雪に覆われた厳しい冬を、花も草も、それぞれ知恵を絞って乗りきろうとしています。

沈丁花は、こんな感じ。

ぎゅっと詰まったつぼみをのぞくと、すでに先っぽの部分が、ほんのり赤紫色に染まっています。

このまま、雪の重さに耐えて、無事春先に花ひらきますように。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-12-19 20:16 | *花とみどり | Comments(0)

冬眠中

c0289116_1714263.jpg

出かけた先の軒先で、さざんかのつぼみを見つけました。

薄く花の色が透けて見えますが、まだ固そう。

この先、どれくらいこのままで眠っているのでしょうか。

寒風にさらされつつ、きっとつぼみの中では栄養を蓄え、じっとその時を待っているのでしょう。

冬は始まったばかりですから。


さて、じみじみは明日から今週の営業開始。

木曜、金曜、日曜はいつもの自宅店舗での営業ですが、土曜日は小諸市民交流センターでの『小諸まちなかマルシェ』に出店します。

今週もよろしくお願いいたします。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-11-30 20:51 | *花とみどり | Comments(0)

秋は紫。

c0289116_17442377.jpg

c0289116_17442368.jpg

月曜日は雨の日が多い気がします。

一週間の営業が終わって、ほっと一息つける月曜日の午後。

庭をゆっくり見て回ると、すっかり秋の草花に様変わり。

野菊とナギナタコウジュ。

紫色が雨露にぬれて、艶やかに秘めやかに光っていました。

本当に、今年は雨が多い年です。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-10-04 08:02 | *花とみどり | Comments(0)

支え合って

c0289116_19552211.jpg

9月連休まっただ中の日曜日。

本来ならば、稲刈り日和、行楽日和で、安曇野を出歩くひとたちでにぎわう週末なのですが。

昨日の夕方から、あいにくの冷たい雨。

農家のかたや、観光関係者のかたにとっては、泣きの雨空ですね。

しとしと雨にぬれた、静かな庭にちょっと出てみたら、こんな光景が。

フウセンカズラと西洋朝顔が何とか手を携えて、つるを伸ばしています。

頼りのグリーンカーテン用の網が、ちょっとばかり手の届かない場所にあるので、お互いに支柱の代わりになっているようです。

けなげな花たち。

うまく網まで届きますように。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-09-18 20:12 | *花とみどり | Comments(0)

秋のひとこま

c0289116_1852281.jpg
c0289116_1852218.jpg








流れる車窓から、黄金色の稲穂のじゅうたんや、すでに稲刈りのすんだ田んぼを眺めていたら、急に赤い色が目に飛び込んできました。

もう、こんな秋の花が咲く季節なんですね。

彼岸花。

一雨ごとに、夏が遠ざかっていきます。

9月のイベント出店は、昨日の『わとわまつり』が最後でしたが、10月もすでにいくつか決定しています。

企画展も予定があります。

徐々にご案内しますので、お楽しみに。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-09-12 20:09 | *花とみどり | Comments(0)

ラベンダー畑

c0289116_17354234.jpg

午前中の池田町への出張販売のあと、同じ池田町の夢農場に寄りました。

お目当ては、一面のラベンダー畑。

ちょうど山の斜面の半分くらいが紫色で覆われていました。

山肌を伝って下りてくる初夏の風に乗って、ラベンダーの香りが私の横を吹き抜けていきます。

ハーブの中でも特にラベンダーは、すっとした咲き姿も、甘いなかに爽やかさの交じった香りも、何より青紫の色も魅力を感じて、気に入っています。

以前、北海道の広い広いラベンダーの花園を訪れた時は、感動したなあ。


ちなみに、じみじみガーデンの入り口のラベンダーのつぼみは、ようやく薄紫に色づいてきたところ。

お楽しみは、これからです。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-06-20 17:57 | *花とみどり | Comments(0)

『更紗空木』でした

c0289116_16375815.jpg

6月7日のブログで紹介した、ある樹木の白い花。

カフェギャラリー縁縁さんに教えていただいて、名前が分かりました。

『更紗空木』(サラサウツギ)。

ウツギの一種だったのですね。

白い菊のような八重咲きの花の外側に、紅紫色の縁取りがしてあるので、きっとそれが更紗という名前の由来なのでしょうか。

染め上げた綿布の作品のタイトルみたいで、粋です。

ますます好きになりました。


縁縁さん、ありがとうございました。

kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-06-11 16:42 | *花とみどり | Comments(0)

もう朝顔の季節?

c0289116_10142923.jpg

今年は、草花も生き物たちも樹木も、例年より早く活動を始めています。

周囲のお宅よりスローペースのじみじみガーデンだって、例外ではなく。

なんと、西洋朝顔も、すでにいくつも開花しています。

まだ背丈は30センチほどにしか伸びてないのに。

何を急いでいるのかな。

育てる側がそのスピードについていけず、旦那は時間さえあれば、朝から日暮れまで庭しごとに勤しんでおります。


この春のイベントでは、こちらの西洋朝顔『ブラックライト』(旦那調べによる)の種を皆さんにお分けしました。

それぞれのお宅のお庭でも、ご縁の種が育っているといいな。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-06-10 10:19 | *花とみどり | Comments(0)

麦畑でつかまえて

c0289116_20535564.jpg

ライ麦、ではないと思うのですが、ぱっと見ただけでは、小麦か大麦かわかりません。

でも、安曇野のこの季節の風景と言えば、緑色と水をたたえた田んぼと、金色の麦畑とのパッチワーク。

車窓からも、交互に現れる緑と金のコントラストが美しく、ついため息がもれます。

すでに初夏の陽気が続く毎日、今日も昼間の雨の予報が外れ、そろそろ人も植物たちも田畑も、お湿りが欲しいところです。


さて、明日から4日間、じみじみ店舗、通常通り開店いたします。

朝は10時ごろから、夕方は5時過ぎまで。

田畑のパッチワークを楽しみながら、お出かけくださいね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-06-08 20:59 | *花とみどり | Comments(0)

この花は?

c0289116_22133110.jpg

まだまだ名前の知らない花はたくさんありまして。

ご近所さんのお庭からいただいた一枝。

一見花びらがこぼれるように咲いていて、なんだか重そうです。

小さな白い花に、まるでピンクの縁取りがされているように見えます。

顔を寄せるとかすかに漂う、甘い香り。

個々の花は小指の先より小さいので、なんとも愛らしい姿です。

きっと毎年咲いていたのでしょうけれど、昨年までは存在に気づきませんでした。

しかも、ちょいと調べただけでは正体がわからず。

分からないのも、また魅力のひとつかも。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-06-07 22:24 | *花とみどり | Comments(0)