ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

カテゴリ:*たべる( 89 )

柿がやって来た

c0289116_2113579.jpg

りんごやぶどうに続き、秋の味覚、柿もそろそろ旬に入ってきました。

松川村でも、あちこちで鈴なりの柿の木を見かけるようになりました。

「食べきれないから」と、ご近所さんにいただいた小粒の柿。

ちいさいけれど、皮ごとかじることができて、しかも甘柿です。

ついつい、おやつがわりにかじってしまうので、食べ過ぎ注意。

りんごにぶどう、柿に洋梨、梨、いちじく、栗も。

信州の秋は、本当に豊かです。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-10-13 21:16 | *たべる | Comments(0)

ぶどうといちじく

c0289116_2047938.jpg
c0289116_2047912.jpg
そろそろ旬も終わりを迎えるぶどう。

やはりもう一度、あの美味しさを味わいたくて、約1ヶ月ぶりに、生坂村のはるうた農園さんを訪れました。

夏の猛暑と、このところの長雨と強風でかなりのダメージを受けたとのお話。

ご苦労もいかばかりかと思いますが、味わいには全く問題なし!

むしろ、いい具合に熟成して、深みを増した気がします。

今回も、シャインマスカット、黄華、紅環、巨峰、ピオーネなど数種類の極上ぶどうたちを、たくさん連れて帰りました。

さらに、はるうたさんが庭に生っていてもあまり食べないから、と、お土産にくださった、箱いっぱいのいちじく。

見事にはじけていて、まるで芸術品のよう。

口に含むと、ぷちぷちと中で種(正確には花らしい)が踊って、甘さと共に食感まで楽しめます。

でも、この美味しさは長くは持ちそうにないので、帰宅してすぐに、シロップ煮にしました。

こんなぜいたく、めったにできないので、今回は他の果物は入れずに、いちじくの独り舞台に。

ぶどうもいちじくも、週末の『さんぽ市』で活躍してくれるはずです。

どうぞ、お楽しみに。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-10-11 21:43 | *たべる | Comments(0)

やぎミルクのチーズ

c0289116_2127915.jpg
知り合いから、珍しいヤギの乳を分けていただきました。

絞りたての牛さんの乳は飲んだことがありますが、やぎミルクは初めて。

少し大地の香りがするけれど、優しい甘味があとに残って、想像していたよりずっと飲みやすい。

分けてくださったかたが、カッテージチーズにすると美味しいですよ、と教えてくださったので、早速挑戦。

温めたミルクに黒酢を入れてしばらく置くと、もろもろと分離してきます。

こした後、軽く水洗いしたら、即席チーズの出来上がり。

味はモッツァレラよりミルキーですが、くせがないのでサラダや、じみじみの果物のシロップ煮と一緒にクラッカーにのせて、ちょっとおしゃれに美味しくいただきました。

こした後の黄色い液体(ホエー)は、そのままでも旨味が残っていて飲めましたが、出汁として活用できるとのことだったので、スープやドレッシングに混ぜてみると、これまた滋味深い味わいに。


松川村へ移り住んで約3年半。

まだまだ未知の味に出合えそうで、楽しみです。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-10-10 21:46 | *たべる | Comments(0)

大根の赤ちゃん

c0289116_21473971.jpg
外出から帰ったら、玄関先に大きな物体が。

薄暗かったので遠くからは何だか分からなかったのですが、近づいてみると、山盛りの葉っぱでした。

写真の真ん中にボールペンを置いたので、どれくらいの量かお分かりかと思います。

きっと、いつも畑の野菜や豆をわけてくださるご近所さんが留守中に置いてくださったのでしょう。

ありがたいことです。

葉っぱの根っこに白くて固いひげがあるので、大根の赤ちゃんかな。

全部ゆでるのにかなり時間はかかりましたが、おかげで美味しいおひたしをいただくことができました。


さて、明日から日曜日までの4日間、じみじみ開店します。

いつものように、10時ごろから夕方5時すぎまで、ゆるゆると開けています。

ちょっとひんやりしそうな週末、皆さんも風邪などお気をつけくださいね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-09-21 21:49 | *たべる | Comments(0)

梅シロップ、その後

c0289116_22414388.jpg

昨夕から降り続いた雨は、お昼過ぎにようやくやみました。

巨大な雨雲が、どうやら夏を一緒に連れ去ってしまったようです。

午後になると、強い日差しは戻ってきましたが、風が秋を運んできて、何となく空気もひんやり感じます。

夜、のどを潤したいと梅シロップのびんを出してきたのだけれど、さすがに冷たくして飲む気分にはなれず、お湯で割って、あったかドリンクにしました。

夏前に仕込んだ梅シロップも、こんなに水分が出て、濃厚なシロップとしてさらに熟成中。

酸っぱさも甘さもしっかり感じられるのは、黒砂糖と黒酢のおかげ。

自分で仕込んだものは、やっぱり一味違う気がします。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-08-30 22:42 | *たべる | Comments(0)

夏は、しそ

c0289116_20243444.jpg
この暑さでも、我が家のしそは夏バテ知らず。

数日様子を見ないと、あっという間に葉っぱが大きくなっています。

赤しそも生えているのですが、赤しそジュースにするほどの量はまだ収穫できず、でも、旦那曰く「来年はジュースができるくらい生えてくるはず」と、なぜか自信満々。

確かに、今年は新たに苗を買わなかったにも関わらず、3年間で一番、柔らかくて質のよいのが採れています。

生でも良し、刻んでちょっと塩もみしてふりかけにしても良し、そのまま酢じょうゆに漬けて、おにぎりに巻いても良し。

我が家の夏の食材、今年も大活躍です。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-07-30 20:43 | *たべる | Comments(0)

梅のその後

c0289116_22194352.jpg

今日の安曇野、穂高は県内今季初の猛暑日だったようです。

涼しいイメージの安曇野でも、真夏に数日は35度を越える日がありますが、梅雨時の猛暑日なんて。

おかしいなぁ。

こんなときは、梅の力を借りましょう。

約1ヶ月前に仕込んだ2種類の梅漬け。

こんなに水分が出てきました。

梅のエキスたっぷりのしょうゆ漬けとみそ漬け、両方ともいろいろ活用できます。

冷や奴にかけたり、きゅうりもみなどの野菜にドレッシングとしてかけたり、煮物に加えたり。

そうそう、先日漬けた梅のシロップも、順調に漬かっています。

明日から4日間の自宅店舗営業も、梅パワーを活かしたおもてなしを考え中。

開店時間は、10時ごろから夕方5時ごろまで、ゆるゆるとお待ちしています。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-07-06 22:29 | *たべる | Comments(0)

大きすぎる玉ねぎ

c0289116_218667.jpg
先日、巨大な玉ねぎをいただきました。

安曇野は玉ねぎの産地でもあり、毎年6月には各地で玉ねぎ祭りが行われています。

直売所でも、大きな網袋にたくさん詰め込まれた玉ねぎが、まるで肥料の袋のように横たわっているのを見かけます。

ですが、こちらの玉ねぎは最大級の大きさかも。

どれくらい大きいのか、比較したくて、輪ゴムで顔を描いてみたのですが、分かりにくいですね。

c0289116_21962.jpg

ちなみに、たくさん採れた玉ねぎは、軒先にひもで干し柿のようにぶら下げて保管します。

が、これだけの巨漢となると、両手で持つだけでも一苦労。

とても軒下になんて干せません。

手前の普通の大きさの玉ねぎが、小玉ねぎみたいです。

1個で『玉ねぎみそぼー』が何本できるかな。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-06-25 21:12 | *たべる | Comments(0)

アンパン、マン?

c0289116_20333672.jpg

池田町の『bunga(ぶんが)』さんは、敷地内の手作り石窯で焼いた、自家製酵母のパンが美味しいパン屋さんです。

あんパンやクリームパンなど、お子さんの好きなタイプのパンは、日替わりで表情がついているものがあります。

いつもは、なるべくお子さんたちのために、と顔が描かれてないパンを選ぶのですが、今日は、目が合ってしまったこの子を、つい、かごに入れてしまいました。

もちろん、このパンは、あんパン。

甘さ控えめで優しい小豆の味が、じんわり身体にしみてきて、平和な気持ちになります。



さて、明日から日曜日までの4日間、じみじみ店舗、通常営業いたします。

午前10時ごろから夕方5時すぎまで、いつものように、ゆるゆる開けてます。

お散歩ついでに、おやつを買いにいらしてください。

あ、おしゃべりだけでも、じみじみガーデンを歩くだけでもオーケーですよ。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-06-01 20:45 | *たべる | Comments(0)

ルバーブのシャーベット

c0289116_21212298.jpg

明日からの営業に備え、前日の水曜日は買い出しや生菓子づくりなど、バタバタと過ごします。

しかも、今週は週末の土日に『安曇野さんぽ市』出店を控えているので、何となくせわしない一日。

午後にちょっと一服、気分転換を兼ねて穂高の『ラトリエ・デ・サンス』へ。

外は27度、こんな日はジェラートが一番です。

たくさんの中から選んだのは、ルバーブと黒ゴマ。

こちらのルバーブ、実はじみじみでもお馴染み、松川村の美枝さんのルバーブなのです。

ルバーブのジェラート(正確にはシャーベットらしいのですが)は初めてでしたが、さわやかな甘酸っぱさがすぅっと身体に染み渡ったあとに、ルバーブの繊維が舌に残って、その存在感がまたいいのです。

しかも、この優しい桜色と言ったら!

すっかりはまってしまいました。

もちろん、下の黒ゴマも、さっぱりした甘さで美味しくいただきました。

珍しい「ジェラート」という形で、ルバーブの魅力と奥深さを改めて感じることができました。

何より、いつも使わせていただいている美枝さんのルバーブの活躍、自分のことのように嬉しいです。


明日木曜日、金曜日は自宅店舗での通常営業、土曜日、日曜日は穂高『みらい』にて『安曇野さんぽ市』に出店します。

たくさんのクラフト、飲食のお店が並び、ワークショップなども楽しめる2日間。

どうぞ、ご家族お友達とご一緒に遊びにいらしてくださいね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-05-18 21:43 | *たべる | Comments(2)