ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

カテゴリ:未分類( 316 )

ハヤトウリ

c0289116_222632.jpg

最近直販所で手にすることが多い、地元産のハヤトウリ。

ちょうど片手に収まるくらいの大きさ。

新芽を思い起こさせる、薄緑色。

東京に住んでいた頃は見かけたことがなかったような。

今回調べてみたら、海外から大正時代に持ち込まれたのが鹿児島だったので、薩摩隼人の瓜という名前がついたらしい。

なんと。

薩摩おごじょである私が気に入るのは自然のことだったのですね。

お漬け物や生でサラダ、炒めものなど、様々な料理に使える優れものですが、スープの具にすると、煮込む時間によって、ほくほくしたりとろっとしたり。

はまっています。


明日は都合により、午後1時ごろより開店いたします。

ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-11-03 22:06 | Comments(0)

明日は小諸まちなかマルシェ

c0289116_20355613.jpg

開店前に、平林昇さんの『昇窯の器と野の花展』に伺いました。

落ち着いた趣のある古民家と、渋いけど優しくて、重厚なんだけどちょっと軽やかな、つくり手によく似た花器、野に咲いているままに生けられた草花。

とても居心地のいい空間にしつらえてあって、すーっと心が楽になりました。

明日日曜日の夕方4時まで、穂高有明の矢野口邸で開かれています。

c0289116_203711100.jpg


さて、明日は松川村の店舗はお休みし、『小諸まちなかマルシェ』に出店します。

場所は小諸市市民交流センター前。

信州小諸ふーどまつりも同時開催なので、様々な楽しみ方ができると思います。

なんとかお天気ももちそう。

どうぞ、皆さんご一緒にお出かけくださいね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-10-01 21:09 | Comments(0)

ひつじ屋さん、お盆休みバージョン

c0289116_10250922.jpg


本日、ひつじ屋さんへお届けしましたじみじみセットは、こちら。

写真下は、甘いのが苦手なかたにもぴったりの、まさに地味セット。

定番の『玉ねぎみそぼー』と、ごまの風味が口にひろがる『ごまうま』ビスケットです。

写真上は、夏バテで食欲が今一つのかたにおすすめ、バナナのビスケットと、松川村特産の黒豆きな粉のビスケットです。

こちらは滋味セット、とでも申しましょうか。

じみじみおやつらしいラインナップ、あなたはどちらがお好みですか。



kuniko

[PR]
by terukuni88w195 | 2016-08-12 10:27 | Comments(0)

小鳥のろうそく入荷しました

c0289116_1736270.jpg

hotori-yaさんが、納品がてら、久しぶりにじみじみに寄ってくださいました。

5月末の『クラフトフェアまつもと』から、昨日のアトリエ宇-sora-さんでのワークショップまで、怒涛の春のシーズンを駆け抜けたhotori-yaさん。

現在埼玉にお住まいで、なかなかお会いできないということもあり、お互いの近況報告や今後の展望まで、話が尽きず、あっという間に小一時間経ってしまいました。

3年前、私たち夫婦が安曇野へ移住してすぐに知り合い、お互い本格的に仕事を始めたばかりで、不安も大きかった頃からのお付き合い。

私にとっては、同期のような、分野は違えど同志のような、遠くに住む身内のような、もちろん大切な友人でもあり、じみじみを語る上で欠かせない、かけがいのない存在です。

そんなhotori-yaさんに届けていただいたのは、新しくこの春に誕生した小鳥シリーズ。

これまでの小鳥さんより、少しだけ大人びていて、hotori-yaさんの成長ぶりを表すかのような、凛としたたたずまいです。

すずらんやジャスミン、たんぽぽの花のモチーフをそれぞれ翼に持ち、色は白と藍色。

写真はhotori-yaさんの日めくりカレンダー『一日一灯』からお借りしたので、色合いもばっちりイメージしていただけると思います。

木曜日からのじみじみ店舗営業で、是非じっくりご覧くださいね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-06-06 17:45 | Comments(0)

『玉ねぎみそスコーン』誕生

c0289116_13204933.jpg

かねてから試してみたいと思っていた『玉ねぎみそ』シリーズの新機軸。

スコーンにしてみました!

材料も、ほぼ『玉ねぎみそぼー』と同じなので、まさしく兄弟のような存在。

兄のファンの方であれば、きっと弟分のスコーンも気に入ってくださると思います。

軽くトースターなどで焼き直すと、玉ねぎとみそとゴマの香ばしさが鼻をくすぐります。

朝食用に、ちょっとした腹ごしらえ用にいかがでしょう。

甘いのが苦手なかたは特に、お試しあれ。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-06-04 14:29 | Comments(0)

じみじみ生菓子フェア

c0289116_1317368.jpg
c0289116_13173692.jpg
いくつか生菓子のご注文をいただいたので、今週は自宅店舗でも、普段より多い種類の生菓子が並んでいます。

写真左、『ココアのバナナマフィン』は2種類の果物のシロップ煮を混ぜこみました。

定番の、といいつつ、なかなか気に入った材料が揃わなくて出番の少ない『まめまめ豆腐でスコーン』も焼き上がりました。

こちらは、松川村産の無農薬黒豆入りです。


ほかにも、『りんごのビスケットパイ』、柑橘類のじみマフィン、『ぽりぽりお豆さん』、『じみトリュフ』などなど。

店頭販売のみの『本日のかくし玉』も、いくつかご用意しました。


いつもながら、日によって内容が違う、日替わりメニューだらけの気まぐれ店主ですが、楽しみつつ選んでいただけたらうれしいです。

お待ちしています。

kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-06-03 13:27 | Comments(0)

我が家のルピナス

c0289116_2203713.jpg

約1ヶ月前、小さな苗の状態で我が家の庭に引っ越してきたルピナス。

元気に育って、今はこんなに大きな株に生長しました。

すでに身長が1m2~30センチほどあります。

以前、北海道旅行のときだったか、広い畑いっぱいのルピナスの群生地を見たことがあるのですが、あまりに個性が強すぎて、それほど親近感を持てませんでした。

でも、一つだけ大切に持ってきて、丁寧に植え付けて、ちゃんと根づくかなと気をもみながら見守った末に、ここまで見事に花を咲かせてくれると、やっぱり嬉しいものです。

ルピナスの別名は、「昇り藤」。

名前にふさわしい、昇りっぷりです。

ただし、ルピナスの威力は来年以降に現れるとのこと。

どうしよう、狭いじみじみガーデンがルピナス畑になってしまったら。



さて、明日から日曜日までの4日間は、じみじみ店舗での通常営業です。

朝10時ごろから、夕方5時すぎまで開けています。

今週も「かくし玉」をご用意してお待ちしています。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-05-25 22:07 | Comments(0)

豊科のバラ園

c0289116_21353110.jpg

c0289116_21353157.jpg
c0289116_21353190.jpg
豊科の図書館へ向かっていたら、どこからか、風に乗って甘く高貴な花の香りが。

香りの方向を見ると、ちょうどばら祭りが開かれていました。

せっかくだから、ちょっと寄っていこうかと近づいてみると、予想以上のばらの種類と数。

約500種類、800本のばらが、端正で優雅な立ち姿で迎えてくれました。

園内の歩道の両側に間隔を開けて植えられたばらには、一つ一つ名前が表示されていて、観賞しやすくなっています。

お気に入りのばらの前で、写生をされていたり、横のベンチで仲良く談笑しながら観賞されている年配のご夫婦がいらしたり。

ばらというと、ちょっと敷居が高いイメージがありますが、気軽に異国の花園に迷いこんだような気分を味わえて、おすすめです。

ちなみに、入園無料です。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-05-24 21:42 | Comments(0)

安曇野さんぽ市一日目

c0289116_2228103.jpg

『安曇野さんぽ市』は、いつもと同じ、穏やかな空気感が漂うなか、ゆったりと行われました。

『みらい』の中と芝生公園とで約100店舗ですが、場所も事前に決めてあるので、皆さんスムーズに設営し、しかも自然とご近所さんで協力するのがさんぽ市のいいところ。

じみじみも、春秋含めて出店は6回目、、?

出店者としても、お客としても楽しく心地よい一日を過ごすことができました。


ただ今、明日の準備中。

今日早々に売り切れた『さつまいもとりんごのビスケットパイ』や、『まめまめ豆腐でスコーン』などの生菓子や、クッキー、クラッカー各種ご用意して、明日も『みらい』でお待ちしています。

明日は10時から3時までですので、お早めにお出かけくださいね。

ちなみに、その後は、松川村のりんりんパークで午前中から開催されている『五月の風音楽祭』に急行し、、旦那が合唱団のステージに立つ予定です。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-05-21 22:37 | Comments(0)

アスパラガスの味わい方

c0289116_17401134.jpg
c0289116_17401199.jpg

c0289116_17401126.jpg
昨年夏から秋にかけて、じみじみでも人気の高かった、生坂村はるうた農園さんのぶどう。

ゼリーにマフィン、シロップ煮、クッキーなどなど、大活躍していただきました。

そのはるうた農園さん、春から夏にかけては、アスパラガス農家さんに変身します。

昨日、お忙しいなか持ってきていただいた採れたてのアスパラガスは、みずみずしくて艶やか、まるで生きているみたいです。

一緒に分けていただいた、普段は販売されてない茎下の部分を生でかじってみたら、それだけでも衝撃の甘みと深い旨味!

「筋ばっているから、使いにくいかも」とのことでしたが、居ても立ってもいられず、はるうたさんが帰られてからすぐに、試作に取りかかりました。

写真2枚目、にょきにょき生えているのはクラッカーにしたもの。

写真3枚目のスコーンは、じゃがいも生地に筋ごと細かくしたアスパラガスを混ぜこんで焼いてみました。

どちらも焼いた直後は、あまり香りも味もしませんでした。

が、じみじみによくある現象で、一日たってみると、かすかに新緑のさわやかさが感じられて、妙にあとを引きます。

何より、スコーンの生地に見え隠れしているつぶつぶの淡い黄緑色が、なんとも魅力的。

まだ試作の段階ですが、チャンスがあれば店頭に並ぶかもしれません。


そうそう、軽く蒸しただけのアスパラガスの美味しさったら!

全くえぐみもなく、絶妙の歯応えと、これぞアスパラガスと言えるような、じわじわにじみ出るエキスがたまりません。

長いまま手でぽりぽりといただく醍醐味も、また楽しいのです。

なかなか市場に出回らない、貴重なはるうた農園さんのアスパラガス、気になるかたは是非、直接お問い合わせください。

ここだけのお話、春アスパラは、もうすぐおしまいのようですよ。



kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-05-16 18:53 | Comments(0)