「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

『お米のちから』誕生

c0289116_2132259.jpg

先日、試作段階でご紹介した、松川村の三軒の農家さんのお米の恵みを詰めた新作おやつ。

なんとかレシピも固まり、名前も決まりました。

その名も、『お米のちから』。

一粒にお米パワー(米粉、米ぬか、もちきび)がこれでもか、と詰め込まれています。

さらにココアや黒砂糖も入っているので、滋養の塊!

『和のちから』同様、携帯食としてエネルギー源にもなり、小麦アレルギーの方にもおすすめできる、なかなかの実力派です。

食感も、かりっというか、しゃりっというか、さくっというか、食物繊維のせいなのでしょうか、ちょっと不思議なのです。

珍しいものが好きなかたも、是非体験してみてくださいね。


さて、今週の営業は本日まででした。

次の営業日は、もう3月なんですね。
 
待ちに待った春の月です。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-26 21:25 | *新作じみじみ | Comments(0)

我が家の春一番

c0289116_1952080.jpg

昨日今日と、昼間のお天気は晴れ。

信州らしい陽光が、草木の新芽にも、旦那がじゅうたんに仕立てた枯れ葉の上にも、さんさんと照りつけていました。

日だまりの暖かさに誘われて、じみじみガーデンの地面をじっくり見てまわると、、、

あ、いたいた。

待ちわびたオオイヌフグリがちらほらと。

この、淡い水色の花びらが、我が家の春、一番です。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-25 20:30 | *花とみどり | Comments(0)

黄金色の、にんじんジャム

c0289116_2123025.jpg
今日誕生したジャムは、ひかり輝く黄金色。

度々登場している八幡農園さんの、黄にんじんの自然な色です。

正式な名前が『金美にんじん』だというのがわかります。

蒸しただけでも十分甘みがあったので、あとからアクセントに赤にんじん(『冬輝にんじん』) をスライスして混ぜ込みました。

蒸すときに水分として少しりんごを入れ、グローブで香りづけ。

にんじんの旨味をぎゅぎゅっと凝縮した、ちょっと珍しいジャムに仕上がりました。

この濃厚なしっとり感は、かぼちゃのような、焼き芋のような。

しかもこの黄金色。

きっと、食卓を華やかに彩ってくれるはずです。

八幡農園さんの雪中にんじんがおしまいになるまでの、期間限定の貴重な一品。

どうぞ、お試しください。



kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-24 21:36 | *新作じみじみ | Comments(0)

冬眠から覚めた魚たち

c0289116_18274170.jpg

どうやら、冬の間姿を見せなかったらしい、じみじみの魚たち。

そうです、魚の型でおなじみの『ひじきとおからのビスケット』、冬眠から覚めたのか、久しぶりの登場です。

じみじみには、焼いている間中、オーブンの香ばしいにおいが鼻をくすぐる焼き菓子がいくつもありますが、そのひとつがこちら。

ひじきとおしょう油の焦がしたにおいは、空腹のときにはたまりません。

食欲をそそる、という意味では、『玉ねぎみそぼー』に勝るとも劣らないほど。

まだ体験したことがない、という方、だまされたと思って、是非香ばしさを感じながら、かじってみてくださいね。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-23 18:34 | *いつものじみじみ | Comments(0)

黄にんじん×赤にんじん×にんじんうさぎ

c0289116_20563489.jpg
最近、にんじんを購入させていただいている大町市の八幡農園さん。

年間を通して、農薬や化学肥料を使わずに、環境保全型の農業を目指し、様々な野菜を栽培されています。

全国にファンの方々がいらして、宅配で野菜セットを発送してらっしゃるとのこと。

どんな野菜が収穫されているかなどは、Facebookで情報を発信されています。

この度、八幡農園さんの野菜セット便に、じみじみのクッキーやクラッカーを同封していただけることになりました。

八幡農園さんで収穫された旬のお野菜をたっぷり練り込んだ、その季節だけの、旬のじみじみ。

どんなコラボになるか、私自身もとっても楽しみです。

今の季節の出荷野菜はにんじんがメインなので、2色のにんじんと一緒に、じみじみ定番の『にんじんのうさぎビスケット』がお客様のもとへ運ばれます。

詳しい注文方法などは、大町市の『アルプス八幡農園』さんのお問い合わせください。

Facebookをされている方は、そちらもご覧いただければと思います(じみじみはFacebookはやっておりません、、、)。

にんじんが苦手な方にこそ味わっていただきたい、まろやかな旨味を満喫できる、黄にんじん(金美にんじん)と赤にんじん(冬輝にんじん)。

是非とも皆さんに味わっていただきたいな。


さてさて、明日木曜日から日曜日まで、じみじみ自宅店舗、開店いたします。

時間は午前10時ごろから夕方5時ごろまで。

少しですが、『和のちから』も販売いたします。

どうぞ、お越しください。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-22 21:07 | *限定じみじみ | Comments(0)

懐かしの本

c0289116_21552688.jpg

カモシカスポーツさんに納品したあと、松本市内の古本喫茶『想雲堂』さんでふと目に留まった、見覚えある背表紙。

『大きい1年生と小さな2年生』。

わあ、なつかしい。

この本、子どもの頃、気に入ってよく読んでいたっけ。

ページをめくり始めると、あっという間に、通っていた小学校の図書室にタイムスリップ。

あの頃は、本当に本を読むことが好きで、学校の図書室にも県立図書館にもよく通っていました。

そういえば、デパートの中の本やさんでも、両親が買い物をしている間、座り込んで好きなシリーズの本を片っ端から読んでいたなぁ。

本当は妹や弟の面倒をみることを両親から頼まれていたのに、完全に本の世界に入り込んでいました。

『想雲堂』さんには、ほかにも、小学校の図書室に並んでいた江戸川乱歩シリーズや怪盗ルパンシリーズもありました。

もちろん、専門書や文学書も壁じゅうにびっしりと。

本に囲まれたいひとには、まさに天国のような場所でした。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-21 22:14 | *おでかけ | Comments(0)

カモシカスポーツさんへのお届けもの

c0289116_2022564.jpg
南松本のカモシカスポーツさんに、明日納品予定のじみじみは、こちら。

ひとつは、栄養価が高く、豊かな風味の食材をぎゅっと焼きかためた『和のちから』。

今の季節、スノーシューなどの雪山での携帯食にもおすすめです。

もうひとつは、山のお店であるカモシカスポーツさん限定の、山の形のクッキーセット。

今回は、お山の色にしては見かけない色合いですが、3種類のベリーを混ぜ合わせたものと、松川村産の黒豆きな粉味。

おかげ様で、不細工なシルエットながら、山シリーズは好評だとのお話をいただき、嬉しい限りです。

なかなか松川村の店舗までは遠くて行けないな、という方も、よろしければカモシカスポーツさんへお立ち寄りくださいね。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-20 20:33 | *限定じみじみ | Comments(0)

米粉を使った定番商品

c0289116_21542424.jpg

最近、新作のメニュー開発の方に気が行っていたので、たまには定番のものも。

「小麦粉の入ってないもの、ありますか?」に応える、米粉100%の二大看板。

お子さん向けの『にぎにぎビスケット』と、甘いのが苦手なひと向けの『せんべいさん』です。

『にぎにぎ』は、もともと、離乳食としても食べられるビスケット、としてのリクエストをいただいて誕生しました。

ちいさな指でも握りやすく、アレルギー源になりそうな食材を入れないレシピを考えました。

優しい味わいなので、大人で気に入ってくださる方が多いのも、嬉しいことです。


『せんべいさん』は、おしょう油や青のりが入っているので、お茶が似合う渋いおやつ。

どちらも、自分自身がふと食べたくなる、大切なじみじみの相棒です。



今週の営業は本日まででした。

久しぶりにお会いしたお客様もいらして、心までぽっと暖まった一週間でした。

ありがとうございました。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-19 22:07 | *いつものじみじみ | Comments(0)

にんじんのムース

c0289116_1443176.jpg
大町市八幡農園さんの、2色のにんじん。

甘さが本当にじんわりと優しくて、にんじんの苦手な方がよく言うところの、「にんじんくささ」が全くありません。

これは、ピューレにしても美味しいに違いない、とムースに仕立ててみました。

黄色と赤、両方のにんじんを蒸し煮にして、豆乳と合わせました。

にんじんの甘さを活かしたくて、甘味はメープルをほんの少し。


スプーンですくうと、ほのかににんじんの香り。

にんじんらしい食感が舌に残るように、あえてなめらか過ぎない程度に仕上げました。

そしてそして、目にも優しい、淡い茜色。

胃腸の弱ったときにも、きっと穏やかにからだをいたわってくれると思います。

にんじんの違った一面を感じていただければ、嬉しいです。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-18 14:47 | *新作じみじみ | Comments(2)

仮の看板できました

c0289116_21525320.jpg

車道からじみじみの敷地に通じる入り口。

3年近くじみじみを影ながら支えてくれていた旦那作の看板が、先日強風で壊れてしまいました。

かなり老朽化していたので、寿命だったのかもしれません。

そのあとすぐに、この角の部分に積もった雪の山が出現したこともあり、看板自体が置けなくなっていました。

「お店閉めたのかと思った」との声もいただいて、何とかしなくちゃと気にしていたのですが、、

旦那が昨日、残っていた雪山を崩し終えてくれて、ようやく、新しい看板、お目見えです。

今回の旦那の一押しポイントは、使えなくなってしまったくわを再利用したところ。

今は、看板の板の部分などは古いものをぶら下げているだけなので、今後に期待しています。

皆さんも何かアイディアがありましたら、お聞かせくださいませ。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-17 22:05 | *おみせ | Comments(0)

黄にんじんと赤にんじんのじみパウンド

c0289116_1757538.jpg

すっかりファンになってしまった、大町市八幡農園さんの無農薬にんじん。

生のままかじる以外の美味しさをお伝えしたくて、パウンドケーキに変身させてみました。

黄にんじんは、生のまますって、たっぷり生地のベースに、赤にんじんは、細くスライスして生地に混ぜこみました。

食感素材として、うま味が増した自家製の干し柿と、かぼちゃの種。

味のアクセントに、少しだけスパイスを入れて、深みを出しました。

ほお張ると、ほんのりエスニック、でも何となく和菓子のような、もちっとしていて、不思議な感じ。

形容しがたい独特の風味は、まさしく『じみパウンド』。

本当は、もっとスパイスを効かせた、いわゆるアメリカ風のキャロットケーキみたいにしたいのですが、お子さんでもぱくぱく食べられる味にもしたいし。

まだ改良の余地はありそうですが、よかったらお味見してみてくださいね。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-16 18:01 | *新作じみじみ | Comments(0)

ごきげんよう

c0289116_2012014.jpg

池田町から大町市に抜ける大町明科線を走っていると、ちょっと得した気分になります。

一面田畑の、のどかな風景の中を走り抜けつつ、助手席側からは、この眺め。

思わず、北アルプスに向かって「ごきげんよう」と声をかけたくなります。

松川村の辺りでは、ひなたの雪はほとんど消えましたが、大町市内は、まだまだ1メートル以上の雪の山があちこちに残っていました。


さて、明日から木曜日まで、じみじみおやつ自宅店舗にて営業いたします。

いつものように、午前10時ごろから夕方5時ごろまでです。

明日は、久しぶりに日中の気温が9度と予想されています。

貴重な1日となりそう。

ぶらぶらと、お立ち寄りください。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-15 20:15 | *おでかけ | Comments(0)

『てくてく』の、ほとり屋さん

c0289116_21282248.jpg
長野県やその近辺で配布されている、自然暮らしゆとり情報誌『てくてく』。

昨年の12月号に、じみじみ店舗でもおなじみのろうそく作家、ho to ri - yaさんが紹介されました。

そのことを教えていただいて、年末からずっと、掲載号と出合うのを楽しみにしていました。

フリーの冊子なので、カフェや雑貨やさんに置かれているのですが、やはり人気号なのか、今回に限ってなかなかお目にかからず。

すでにあきらめて、ho to ri - yaさんに今度お会いしたときに、直接見せていただくお約束をしていました。

それが今日、ひつじ屋さんでようやくゲット。

表紙の、ぷっくりした雷鳥が目印です。

『てくてく』の淡い色合いと、ho to ri - yaさんのろうそくの写真の醸し出す、優しい灯りの世界がぴったりで、ほんとに素敵な一ページになっています。

昨年の12月号、見かけた幸運な方は、是非とも手に取ってご覧になってくださいね。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-14 21:48 | *ふれあい | Comments(0)

じみじみ風おかもち

c0289116_2191032.jpg

じみじみは、自宅店舗以外のいくつかのお店に、クッキーセットを置いていただいています。

先日、納品にまわるときにクッキーの袋を入れていたプラスチックの箱が壊れてしまったので、旦那に制作をお願いしました。

せっかくなので、昔ながらのおかもちのように、木でつくってほしいなと、リクエスト。

旦那が、我が家にストックしてある木材を再利用しながら、かなり長いこと考えてこしらえた、苦心の作品です。

取っ手の部分は、ひとまずひもを通して、使い勝手をみることにしました。

側面は、細切れの棒や板をパズルのように組み合わせて張り合わせてあります。

持ち運びするだけではなく、おやつを入れて展示するときのケースとしても使える優れもの?になるはず。

納品時に見かけたら、じっくり眺めてあげてくださいね。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-13 22:07 | *つかう | Comments(0)

ダブル主演

c0289116_21552641.jpg

今週の店舗営業は本日まででした。

日中はおひさまは出ているけれど、朝晩の冷え込みはなかなかの厳しさ。

営業中も、ヒーターをつけたり消したり、温度管理が難しい毎日です。

この時期、夜のお供にかかせないのは、この真っ赤な湯たんぽと電気あんか。

片方だけで何とかなることが多いのですが、朝方マイナス10度以下になるような時には、両方出動。

湯たんぽを足の方に置き、あんかは「抱っこ」して寝ます。

今夜も、ダブル主演かな。


そうそう、おかげ様で、旦那の出演した『サウンドオブミュージック』は、本人いわく、そこそこ満足のいく出来だったようです。


良かった、良かった。



kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-12 21:58 | *暮らし | Comments(0)

舞台とワイシャツと私

c0289116_21324999.jpg

移住前、サラリーマンだったじみじみ旦那は、毎日スーツで通勤していました。

週5日分、ワイシャツも5枚必要。

私は週に1回か2回、まとめてアイロンがけに勤しんでおりました。


今朝、久しぶりに当時のワイシャツを引っ張り出してきて、アイロンがけ。

実は、明日、じみじみ旦那が所属する地元の劇団の公演があり、旦那はスーツ一式が衣装となりました。

演じるのは、なんと、サウンドオブミュージックの大佐役。

今までで一番の大役です。

私は仕事があるので観に行けませんが、楽しい舞台になりますように。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-11 21:55 | *暮らし | Comments(0)

お米の恵み

c0289116_20392313.jpg

新しいビスケット、鋭意研究中です。

とことんお米の恵みを味わえる一枚にしたくて選んだ食材は、米粉とぬかと、もちきび。

松川村のお米農家さん三軒の、こだわりの食材ばかりです。

なかなかまとまりにくい生地なのですが、そこを何とかぎゅうっと固めて焼き上げました。

しゃくっ、ほろっ、今までにない食感。

形や厚さによっても、味わいが変わります。

松川村の特産であるお米の可能性、まだまだ試していきたいな。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-10 20:50 | *新作じみじみ | Comments(0)

赤にんじん、黄にんじん

c0289116_2235122.jpg
c0289116_223513.jpg
先日、大町市のレストランカフェHidamariさんで、にんじんのポタージュをいただきました。

まろやかな甘味と、かぼちゃのような黄色に惹かれ、どうしてもそのにんじんに会いたくなり、生産者さんを訪ねました。

大町市の八幡農園さんは、農薬や化学肥料を使わない育てかたで、たくさんの野菜を育てていらっしゃいます。

今の季節のメインは、にんじん。

勧めてくださった2色のにんじんが、今日我が家にやって来ました。

左が黄色にんじん、右が濃いオレンジ色の赤にんじん。

ちなみに、黄色の方が、カロチンも多く入っているそうです。


生でいただいたら、全くくさみがない!

甘さも風味も、とげとげした部分が全くなくて、まるくて優しい感じ。

早速赤にんじんのほうを、うさぎビスケットに練り込んでみました。

焼き上げると、いつもと何かが違う。

深みが増して、風味豊か、なのです。

このにんじんなら、ずっと焼いてみたかったケーキにも挑戦できそう。

とっても楽しみです。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-09 22:12 | *いつものじみじみ | Comments(0)

北アルプスを望む

c0289116_20474253.jpg

雄大な北アルプスに魅せられて、安曇野に移住する方は多いと思います。

じみじみ夫婦がこの地に移り住んだのは、それが一番の理由ではないのですが、そんな私たちでも、日々間近でこの景色を望むことができるのは、本当に幸せだと感じます。

私のつたない撮影技術では、景色の素晴らしさを十分にお伝えできないのが口惜しいですけれど。


さてさて、明日から日曜日まで、いつも通りの店舗営業です。

時間は午前10時ごろから、夕方5時過ぎまで。

バレンタインデー用のじみトリュフもご用意しています。

お取り置きもできますので、遠慮なくお知らせくださいね。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-08 22:38 | *暮らし | Comments(0)

芍薬堂さんへの道

c0289116_2234387.jpg

森の中にたたずむ、漢方薬局芍薬堂さん。

通常は、有明山通り沿いの2ヶ所から森の道に入っていけますが、しばらくは工事のために、西側の入り口からのみ、通れるようになっているようです。

今日は雪もほとんどなくて、森のなかも走りやすくなってました。


さて、本日お届けしたのは、こちら。

猫さんセットは、『魔女チャイ』味と、キウイの組み合わせ。

そして、定番の『玉ねぎみそぼー』。

ちなみに、一緒に写っている、芍薬堂さんの『魔女チャイ』は、じみじみでも販売しています。

芍薬堂さんでは、ほかにもいろいろな種類のオリジナルブレンド茶が並んでいますので、じみじみクッキーセットとご一緒に、楽しみながらお選びくださいね。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-07 22:40 | *限定じみじみ | Comments(0)

春の息吹

c0289116_1739594.jpg

雪のような、みぞれのような白い粉雪が、天からハラハラ舞いおりてきます。

積もるかどうか、旦那いわく「微妙なところだね」。

立春が過ぎても、信州の春はまだ少し先。

でも、じみじみガーデンのふかふかした落ち葉の辺りにしゃがみこんでみると、あちこちに春の息吹が。

ほら、よく見ると、水仙の芽。

あともう少し、寒さに耐えててね。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-06 17:43 | *じみじみガーデン | Comments(0)

しいたけ入れてみました

c0289116_2219823.jpg

米粉を使ったじみじみの新作レシピ、開発中です。

すでに販売している『せんべいさん』は、小麦粉を入れずに米粉100%で焼き上げていますが、おしょうゆベースに青のりとごまをアクセントにしています。

今回新たな味付けのもととしてひらめいたのは、なんと、しいたけ。

だって、『地味だけど滋味ゆたか』な食材ですもの。

干ししいたけを粉末にして、生地にたっぷり混ぜこみ、甘くなくて、かりっと歯ごたえのあるクラッカーをイメージして、低温で焼き上げました。

ところが数日経つと食感が変わってしまったので、さらに低温で2度焼きに。

ガリゴリと固さを楽しんだあと、かみ砕いていると、鼻からキノコの独特の風味がふうっと抜けていきます。

かなり個性的だけど、じみじみらしい、異色のクラッカー。

興味があるかたは、まずは味見をしてみてくださいね。


今週の店舗営業は今日がラストでした。

次の開店は9日(木)です。


ちなみに。

こちらの写真、どこかで見たような、、と思ったかた。

そうです、Eテレの『ピタゴラスイッチ』に出てくる『10本アニメ』を真似してみたのですが、分かっていただけたかな。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-05 22:40 | *限定じみじみ | Comments(0)

ひつじ屋さんで、バレンタイン向けのじみじみを。

c0289116_18174993.jpg

本日、ひつじ屋さんへお届けしたじみじみセットは、こちら。

お子さんに人気の『にんじんのうさぎビスケット』と、バレンタインデーをちょこっと意識してビターチョコ味を合わせました。

甘すぎないチョコ味は、カカオマスと松川村の二年味噌のコラボで生まれた、変わり種。

女性のリピート率が高いビスケットです。

甘いものが苦手な男性にもおすすめ。

さりげないバレンタインのプレゼントにいかがですか。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-04 18:26 | *限定じみじみ | Comments(0)

バレンタインじみトリュフ

c0289116_22142181.jpg
もうすぐバレンタインデーですね。

今年もバレンタイン仕様のじみトリュフ、ご用意しました。

3粒入りと2粒入り。

普段のトリュフより一回り大きな粒で、満足感ちょっぴりアップ。

特別な贈り物には箱入りタイプがありますが、ちょこっとしたプレゼント用に、普段のパッケージのじみトリュフももちろんありますよ。

どなたに差し上げるか、もう決まってます、という方は、お早めにご予約くださいね。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-03 22:25 | *限定じみじみ | Comments(0)

はっさくマーマレードとバナナのマフィン

c0289116_1421016.jpg

晴れてはいるのですが、強烈な北風が吹き荒れる今日の松川村。

日だまりの恵みをそのまま詰め込んだような、おひさま色のマフィンを焼きました。

オレンジ色に光るのは、自家製のはっさくマーマレード。

生地にはバナナをたっくさん練り込んだので、もっちり食感を味わえます。

おすすめの飲み物は、温かいゆず茶。

そうだ、紅茶に、じみじみ特製のかんきつ系のシロップ煮を混ぜても、きっと合うだろうな。

皆さんもご一緒に、お茶の時間を楽しみませんか。

kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-02 14:24 | *いつものじみじみ | Comments(0)

魔法の粉

c0289116_2172639.jpg

またまた、初めての食材を農家さんに分けていただきました。

前々から気になっていた、米ぬかです。

農家のおじいちゃまが、ご自分で育てたお米からとれるぬかを炒って、かれこれ20年以上毎日食べ続けていらっしゃるとのこと。

80歳近いおじいちゃまですが、足腰ぴんしゃん、今でも毎日農作業で20000歩とか、10キロとか歩いていらっしゃると話してくださいました。

「糠という字は、米へんに健康の康と書くんだよ」

なるほど。

いただいた米ぬかを、フライパンでじっくり炒っていくと、ぷーんと、麦こがしのような芳しい香りがたちのぼってきます。

見た目は、きな粉みたい。

調べてみると、食物繊維だけではなく、様々な栄養分を豊富に含んでいるようです。

これは、研究のしがいがありそう。

おじいちゃまは、スプーンでなめるだけではなく、飲み物に混ぜたり、ご飯にふりかけたり、料理に使ったり、と日々口にしていらっしゃるとのこと。

私も、じみじみレシピを考えるだけではなく、普段使いしてみたいと思います。


さて、明日から日曜日まで、店舗営業の4日間です。

いつも通り、朝10時ごろから夕方5時過ぎまで開けています。

そろそろ、バレンタインデー向けの商品もご用意しなくては。

それはまた改めてお知らせしますね。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-02-01 21:19 | *たべる | Comments(0)

我が家の特等席

c0289116_20203344.jpg
住宅地の中にある、じみじみ家。

残念ながら、「我が家は、リビングから北アルプスを一望できるんですよ」なんて自慢はできません。

そんな我が家での特等席は、2階のベランダに出て、西側に寄ったこの角度。

それでも、今朝のように、朝日に照らされて、くっきりと稜線が青空に浮かび上がる様子が拝める瞬間は、テンションが上がります。

身を切るような寒さを忘れて、思わず見とれてしまう、私だけの特別な時間。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-01-31 20:30 | *暮らし | Comments(0)

嬉しい落としもの

c0289116_20352245.jpg

珍しく、昨夜から雪ではなく、しとしと雨。

耳をすますと、サーっと雨音が響いています。

今の季節、天から降ってくるのは雨ではなく、雪のことが多いので、なんだか懐かしく感じます。


でも、朝のゴミ出しに出かける旦那は、傘をささなきゃいけないので、ちょっとうらめしそうに空を見上げたあと、出かけていきました。

おや、今日はお土産が。

手にしていたのは、真っ赤な実がたくさんついた一枝。

聞けば、道に落ちていたとのこと。

葉っぱがついていないので、ちょっと判別しにくいのですが、南天のように見えます。

こんな落としものなら、落とし主を探さなくても許されるかな。

じみじみガーデンにはない、空間づくりのアクセントになる色鮮やかな実。

思いがけない、ちょっと嬉しい落としものでした。
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-01-30 20:57 | *花とみどり | Comments(0)

スコーン、こんがり焼けました

c0289116_11104685.jpg
ピーカンの冬の空。

お出かけ日和の日曜日。

こんがり焼けたスコーンはいかがですか?

かなりお久しぶりに、『まめまめ豆腐でスコーン』を焼きました。

今日の混ぜこみお豆は、地元産、無農薬の小豆。

ほんのり甘く、黒豆きな粉が香ばしい、じみじみらしいスコーンです。


今週の店頭営業は本日までです。

お散歩途中のおやつ目当てに、ふらっとお立ち寄りくださいね。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-01-29 11:11 | *いつものじみじみ | Comments(0)

新潟の笹団子

c0289116_21571986.jpg
c0289116_21571954.jpg
昨夏、新潟の友人宅を訪れた際、地元産の笹だんごをいただきました。

笹の葉の風味がしっかりお団子に移っていて、懐かしい味わい。

妙に心に残りました。

通販で取り寄せできると聞いていたのですが、最近急に食べたくなって、ついに取り寄せてしまいました。


冷蔵便の箱を開くと、中からこんな状態の笹だんごが釣れました。

昔のひとの知恵で、テープやホッチキスを使わず、イグサなどでうまく笹の葉をくるんで結んでいる様が民芸品のようで美しい。


今回は、粒あんと、新潟特産の茶豆あんの二種類を購入。

笹団子のおだんご生地には必ずよもぎが入っているというのも初めて知ったのですが、その、たっぷりのよもぎの香りと深い緑色がたまらないのです。

昔ながらの郷土のおやつって、地元以外のものでもなぜかいとおしく感じて、口にするとからだにじんわり染み込んでくる気がします。

離れた土地の郷土食を、自宅で堪能する。

ささやかなぜいたくです。


kuniko
[PR]
# by terukuni88w195 | 2017-01-28 22:17 | *たべる | Comments(0)