ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

人間ドックのあとで

c0289116_21163692.jpg

移住前は、毎年受けていた人間ドック。

今も、村の検診は毎年定期的に受けているのですが、最近の老化現象が気になってきたこともあり、本日、約4年ぶりに受けてきました。

もともと、胃にポリープがいくつかあるので(悪さはしないポリープらしい)、バリウム検査ではなく、胃カメラを勧められています。

が、実は胃カメラが大の苦手。

麻酔薬も、口からカメラを入れる時も、終わってから麻酔が切れるまでも、すべてがストレスでした。

今は鼻から入れる方法が割と一般的になってきたので、そのストレスが3分の1程度に減りました。

今回も、迷うことなく鼻からの胃カメラを選択。

多少、いえ、かなり、緊張しましたが、約1時間余りの諸検査を無事に終えました。

楽になったとはいえ、前の晩から飲食を制限したり、朝からトイレにこもったり、当日も次から次へと様々な検査を渡り歩いたり。

やはり相当な負荷がかかります。

夫婦二人とも、終わるとぐったり。

美味しいモーニングを食べようと楽しみにしていたのですが、すぐはそんな気にならず。

ちょうど車で近くを通りかかったので、久しぶりに大王わさび農場へ寄ることにしました。

こちらも、記憶をたどると移住前に訪れて以来、いやいや、まさかの17、8年ぶりくらい?

北アルプスからの雪解け水のおかげなのか、わさび田の周囲を散策していると、涼やかで凝り固まったからだがほぐされていきます。

人間ドックのおかげで、思わぬ贈り物をもらいました。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-07-24 21:33 | *暮らし | Comments(0)
<< 押し寄せる、かぼちゃの葉 塩を振ってみたら >>