ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

魔法の粉

c0289116_2172639.jpg

またまた、初めての食材を農家さんに分けていただきました。

前々から気になっていた、米ぬかです。

農家のおじいちゃまが、ご自分で育てたお米からとれるぬかを炒って、かれこれ20年以上毎日食べ続けていらっしゃるとのこと。

80歳近いおじいちゃまですが、足腰ぴんしゃん、今でも毎日農作業で20000歩とか、10キロとか歩いていらっしゃると話してくださいました。

「糠という字は、米へんに健康の康と書くんだよ」

なるほど。

いただいた米ぬかを、フライパンでじっくり炒っていくと、ぷーんと、麦こがしのような芳しい香りがたちのぼってきます。

見た目は、きな粉みたい。

調べてみると、食物繊維だけではなく、様々な栄養分を豊富に含んでいるようです。

これは、研究のしがいがありそう。

おじいちゃまは、スプーンでなめるだけではなく、飲み物に混ぜたり、ご飯にふりかけたり、料理に使ったり、と日々口にしていらっしゃるとのこと。

私も、じみじみレシピを考えるだけではなく、普段使いしてみたいと思います。


さて、明日から日曜日まで、店舗営業の4日間です。

いつも通り、朝10時ごろから夕方5時過ぎまで開けています。

そろそろ、バレンタインデー向けの商品もご用意しなくては。

それはまた改めてお知らせしますね。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2017-02-01 21:19 | *たべる | Comments(0)
<< はっさくマーマレードとバナナの... 我が家の特等席 >>