ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

月に集う

c0289116_2215148.jpg

昨日、安曇野の高橋節郎記念美術館の南の蔵で開催されている『月に集う』展に行ってきました。

誘ってくださったのは、出展されている布絵作家の坂井真智子さん。

9人の作家の方々が、それぞれ違う方法で月を表現されています。

写真あり、陶芸あり、詩あり。

先日、ギャラリーカフェ縁縁さんで企画展をされていたパステル画の松下英友さんの作品もあります。

不思議なことに、手法は違うのに空間に統一感があり、けれど、月にもいくつもの表情があることを再認識させてくれます。

秋の夜長を想い興させる、優しく、時に寂しげで、時に妖しげな月。

今の季節にぴったりの、おすすめの企画展です。


そして、もうひとつ。

昨日在廊されていた坂井さんに教えていただいた、南の蔵のお隣の主屋で開催されていた、別の企画展。

安曇野市在住の表具師、岸野田(でん)さんの表装展です。

表具師とは、古い掛け軸や屏風を修復したり、新しく仕立てたりするお仕事。

初めて知る世界ですが、実際にご本人が、どのように手がけたのか、ひとつひとつ、丁寧に説明してくださったおかげで、このような世界があったのかと、とても興味深く観ることができました。

『月に集う』は10月10日まで、『表装展』は2日までの開催です。

どちらも無料ですが、ちょっとぜいたくな非日常をお気軽に味わえますよ。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-09-29 22:13 | *おでかけ | Comments(0)
<< 栗のつぶつぶぷりん じみじみの大恩人現わる >>