ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

灰焼きお焼き

c0289116_20524421.jpg
c0289116_20524459.jpg
お客様から、信州ならではのプレゼントをいただきました。

お焼きです。

しかも、灰の中に入れてこんがり焼き締める、灰焼きタイプです。

午前中、お焼きの講習会に出てつくってきたんですよ、とのこと。

新聞紙を開くと、ちょうど握りこぶし大のお焼きが、ごろんと顔を出しました。

まだほんのり温かくて、灰焼きの、何とも言えない香ばしいお焦げのにおいがたまりません。

「中は開けてみてのお楽しみ」というのも、更に食欲をそそります。

すぐにぱくつきたいのを夕ごはんまで我慢。

温め直して、わくわくしながら皮、というより塊を割ると中はかつおぶし入りの野沢菜でした。

灰焼きお焼きは堅くて、噛みきるのにあごが疲れますが、その分、地粉の素朴な味わいがして、食べ応え満点。

二人で、大満足の夕ごはんになりました。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2016-01-23 21:15 | *たべる | Comments(0)
<< パイ焼けてます バレンタインのご予約 >>