ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

ルバーブの季節

c0289116_21543310.jpg
c0289116_21543335.jpg
ルバーブを栽培されている方から、なんと、採れたてのルバーブを分けていただきました。

この方は、10年以上前にルバーブと出合い、その魅力にとりつかれて、遠くまで苗を分けてもらいに出かけたそう。

まだルバーブの名前がほとんど知られてなかった頃から、独自に研究されて、こつこつ栽培を続けてこられたそうです。

今では、道の駅などに卸すほどになられたとのこと。

そんな貴重な、しかも今季初取りのルバーブです。

袋を開けた途端に、あの甘酸っぱい香りがふわっと立ち上ぼりました。

いただいたルバーブは、緑色の種類だそうですが、まだ若いからか、下半分、染めたような赤い色。

これを活かしたいなと思い、緑色の部分は、りんごやスパイスと一緒に大人味のジャムに。

赤い部分は、ルバーブだけのシンプルなジャムに。

ルバーブの特徴は、気品のある酸味と甘味のバランスの良さ、かなと思います。

さて、どんなおやつにドレスアップさせようかしら。


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2015-05-07 22:03 | *つかう | Comments(2)
Commented by しずく at 2015-05-07 23:27 x
きれいなルバーブですね~
何を隠そう?30年前に軽井沢でルバーブを手に入れてジャムを作りました。あの酸味が、なんとも好き!ツルヤに寄れたときは、買って帰りますよ。赤だけのジャムはきれいですよね。昨年、ぶんがさんでパンに添えられていたルバーブのジャムも、美味しかったです。
Commented by terukuni88w195 at 2015-05-08 22:48
やはり、ルバーブは密かな人気だったのですね。
私は数年前に知ったのですが、ルバーブとか、さるなしとか、好みは分かれますが、あの独特の甘酸っぱさははまりますよね。私も酸味を消しすぎないように気を配っているのですが、ルバーブファンの方は気に入ってくださるかな。
<< 明日はルバーブマフィンと共にサ... 2年越しの開花 >>