ブログトップ

じみじみさんちの おやつな暮らし in あづみの

jimioya.exblog.jp

春の苦味

c0289116_19532651.jpg

カフェ風のいろさんから、春の恵みをいただきました。

風のいろさんの豊かな土壌で育まれたふきのとうと、右側は・・・何だろう。

独特の苦味が、春の訪れを実感させてくれます。

ちょっと花粉症気味のじみじみ夫婦には、ぴったりの、まさに良薬は口に苦し。

とは言うものの、お味噌と和えておいしくいただきました。



それにしても、自宅の庭で採れた山菜をいただけるなんて、なんてぜいたくなことでしょう。

じみじみ家でもいずれは!


kuniko
[PR]
by terukuni88w195 | 2014-04-07 20:14 | *たべる | Comments(3)
Commented by 上田のみっちゃん at 2014-04-08 06:49 x
久々の投稿です。信州の春の味覚を楽しんでますね。うちは、ふき味噌と、ふきの天ぷら 2回すでに楽しみました。若い頃は、この苦味がだめでしたが、主人も私も今では、やみつきです。ふきの天ぷら30個2人でペロリと平らげました。まだまだ、これからは、たらの芽、ウド、コシアブラなどたくさんの山菜が目白押し。楽しんでくださいませ。直売所にも並びますよ。
Commented by 風のいろ at 2014-04-08 07:50 x
ミニの葉っぱは、ご近所の方がわけて
下さったナズナです。この辺りの方の間では
人気の高い春の味わい。私たちもあえ物や
スープの具にと楽しんでいます。
Commented by terukuni88w195 at 2014-04-08 22:14
なずな、なんですね。小さなつぼみがペンペン草に似ていたので、そうかなと思ってはいたのですが。七草粥以外では初めて食した気がします。貴重な経験でした。ごちそうさまでした☆

直売所にも、名前を聞いたことのない山菜が並ぶのではないかと、楽しみです。自分で採るのもしてみたいなあと思ってます♪
<< 新種の鯛? 4月のイベント情報 >>